西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス

リフォームトピックス

壁付け対面キッチンから、フラット対面 ・ 耐力壁タイプのキッチンに取り替えました。 | 芦屋市のキッチンリフォーム


芦屋市のキッチンリフォームで、壁付け対面キッチンから、フラット対面 ・ 耐力壁タイプのキッチンに取り替えました。

今回、レンジフードの真後ろが耐力壁なので、フラット対面 ・ 耐力壁タイプ ( ペニンシュラ ) のシステムキッチンを選定して、カウンター部分をフルフラットにしました。

レンジフードの真後ろが耐力壁 ( 家の構造を支える壁 ) になっていることは多く、この耐力壁は耐震のことを考慮し施工され構造上なくてはならない壁なので、基本的に取り外すことはお勧めできず、もし取り外すとしても大掛かりな工事になります。

フラット対面 ・ 耐力壁タイプのキッチンは、既存の耐力壁はそのままで、フルフラットなキッチンカウンターが、ダイニング側に拡がるように耐力壁の形に合わせた設計なので、大掛かりな工事になりません。

フラット対面 ・ 耐力壁タイプ ( ペニンシュラ ) は、オープンキッチンおよび、セミオープンキッチンに用いられるレイアウトで、作業台の一部または全部を壁から半島 ( ペニンシュラ ) 状に突き出させる形で、半島部分をダイニングと対面させるように設けます。

また、同時にキッチンと壁面が接する部分が少ないほど、収納キャビネットの設置スペースも少なくなるので注意が必要です。

配膳にも便利な奥行きのあるキッチンカウンターが、ダイニング側に拡がり、吊り戸棚を無くすことで一体的な開放的が得られ、綺麗で上品なファインレッド色が、お洒落なキッチンを演出しています。

以前のキッチン
以前のキッチンです。
吊戸棚をなくして上部をオープンにして、ダイニングと一体的な解放感のあるキッチンスペースにされたいとのご要望でした。

フラット対面の耐力壁タイプの採用
システムキッチンは、パナソニックのリビングステーションです。
耐力壁に対応したフラット対面の耐力壁タイプを採用して、フルフラットなキッチンカウンターが、ダイニング側に拡がるようになりました。

解放感のあるキッチンスペースへ
上部をオープンにすることにより、ダイニングと一体的な解放感のあるキッチンスペースになりました。
吊り戸棚を無くすことで、ダイニングから光が射し込み一体的な開放的が得られ、綺麗で上品なファインレッド色が、お洒落なキッチンを演出しています。

リビングダイニングの壁一面に、リクシルのエコカラットプラスを施工しました。 | 西宮市のリフォーム


西宮市のリフォームで、リビングダイニングの壁一面に、リクシルのエコカラットプラスを施工しました。

リクシルの 「 エコカラット 」 は、エアクリーニングウォールといわれるセラミックス内壁材のデザインタイルで、空気を美しく整えるインテリア壁材です。

「 エコカラット 」 は、快適な湿度を保ち、調湿、吸着機能に優れ、気になる匂いや有害な物質を低減して、結露、シックハウス、カビ、ダニなど、室内の悩みの解消に役立つ建材です。

空気を美しく整えるインテリア壁材 「 エコカラット 」 は、種類もデザインも豊富なので、室内をスタイリッシュに飾る空間コーディネートもしやすく、新築にもリフォームにもお勧めできます。

今回、採用した 「 エコカラットプラス 」 は、「 エコカラット 」 の性能をさらにアップして向上させたものになります。

暮らしの中で人が不快に感じる生活臭やトイレ臭、ペット臭、たばこ臭、生ごみの腐敗臭、洗濯物の部屋干しの臭い、介護のさいの気になる臭いなど、これらの原因になるアンモニアや硫化水素などを吸着、脱臭して軽減します。

また、シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドなどの有害な物質を、吸着し濃度を低減する効果もあり、シックハウス症候群の解消をサポートする内壁材です。

多孔質セラミックスを素材としている 「 エコカラットプラス 」 は、調湿力に優れているのが特徴で、表層と表層下の孔の大きさが異なる二層多孔質構造により、湿気のような小さな粒子は通し、水分や汚れのような大きな粒子は通しにくい構造になっています。

エコカラットプラスの設置
写真では分かりにくいですが、リビングダイニングの壁一面に、空気を美しく整えるインテリア壁材のリクシルのエコカラットプラス、グラナスプラン ・ ハイブリッドを施工しました。

空気を美しく整えるインテリア壁材
カタログからの抜粋の写真です。
リクシルのエコカラットプラス、グラナスプラン ・ ハイブリッドは、エコカラットの吸放湿機能によって、快適な湿度を保ち気になる匂いも低減して空気を清浄にできます。

あく洗い、畳の入れ替え、壁のクロス ・ 障子紙 ・ 襖紙の貼り替えを行いました。 | 西宮市の和室のリフォーム


西宮市の和室のリフォームで、あく洗い、畳の入れ替え、壁のクロス ・ 障子紙 ・ 襖紙の貼り替えを行いました。

和室の柱、敷居、鴨居、長押などの古い木部は、専門業者による灰汁 ( あく ) 洗いで白く漂泊しました。

洋室の場合、一般的に天井や壁は、クロスで覆ってしまうので下地用の材木を使いますが、和室は木部を化粧材として表に出して見せるので、木肌の美しい化粧用の材料が使われます。

和室などの木部が露出している部分は、木の表面が年月が経つにつれ、日焼けや手垢の付着、たばこのヤニ、お線香の煙の吸着などで黒っぽく変色してきます。

和室に露出している木の柱は、家の構造材としての役割も担っていることも多いので、取り替えるのは現実的ではありませんが、灰汁 ( あく ) 洗いを行うことにより、黒っぽく変色している部分を元の白木のようにする事ができます。

木部の灰汁 ( あく ) 洗いは、あく洗い ( 汚れ落とし )、しみ抜き、漂白、薬品拭き取り、保護塗料仕上げという順序で、汚れの質に応じて特殊な薬品を使ってそれぞれの工程を順々に行い、この工程を総称して灰汁 ( あく ) 洗いといいます。

窓ぎわの木部で、雨や結露でシミになってしまった部分も、あく洗いを行うことにより綺麗な木目が復活します。

とくに外部に使われている木部の場合は、木肌がそのまま外気に接している状態なので、灰汁 ( あく ) 洗い後、木の美しさをできるだけ長く保つように、キシラデコールなどの防腐 ・ 防カビ ・ 防虫効果を発揮する木材保護塗料を塗布し、日光や雨風、雪から木材を保護することになります。

和室部分のリフォーム
リフォーム後の和室です。
柱、敷居、鴨居、長押などの古い木部は、専門業者によるあく洗いで白く漂泊し、畳の入れ替えや壁のクロス ・ 障子紙 ・ 襖紙の貼り替えを行い綺麗に仕上がりました。

リビングダイニングに、オーダーインテリアカウンターの設置を行いました。 | 西宮市のリフォーム


西宮市のリフォームで、リビングダイニングに、オーダーインテリアカウンターの設置を行いました。

パナソニックの耐水インテリアカウンターは、天然木のアカシア集成材を耐水 ・ 耐候塗装で仕上げて、照りや艶 ( つや ) を美しく表現したインテリアカウンターです。

基材に表情豊かなアカシア材を使用することで、力強い木目の表情がインテリアを引き立て、木の自然な風合いを生かした仕上げになっています。

天然木を使っているので、1枚1枚に異なる木目の味わいがあり、節や色のバラツキも自然ならではの個性です。

カウンター表面は、耐水、耐侯塗装で仕上げていて、汚れもサッと簡単に拭き取れるので手入れも簡単です。

耐侯試験は、サンシャインウェザーメーター ( 促進耐侯試験機 ) にて、太陽光、温度、湿度などの条件を人工的に再現し、劣化を促進させて結果を比較する試験で、この耐侯試験により耐水インテリアカウンターの耐侯性が証明されています。

耐水インテリアカウンターは、寸法が決まっている規格品だけでなく、オーダーで製作することも可能で、様々なサイズや形状に製作することや特殊な加工もできて、色は5色から選択できます。

様々なサイズや形状に製作する事ができるので、キッチン、洗面所、トイレ、ニッチのカウンター、出窓の窓台、リビングの飾り棚など、さまざまな部分に使用できます。

その他にも、耐水になっているので、カウンターをくりぬき洗面ボールと組み合わせて、お洒落な洗面カウンターにしたり、書斎や勉強部屋のデスクカウンターにするなど、多目的なオーダーが可能です。

インテリアカウンターの設置
リビングダイニング部分です。
写真や小物をディスプレイできるように、あいている壁のスペースを有効に利用して、飾り棚のインテリアカウンターを長さを変えて設置しました。

階段の上貼り ( 重ね貼り ) および、階段手すりの取り替えを行いました。 | 西宮市の階段のリフォーム


西宮市の階段のリフォームで、階段の上貼り ( 重ね貼り ) および、階段手すりの取り替えを行いました。

今まで階段のリフォームといえば、踏板 ( 段板 ) の取り替えをすれば大掛かりな工事になり、塗装だけではなかなか綺麗にならないなど、他のリフォームに比べて手間が掛かるので後まわしになりがちでした。

最近は、今の階段材の上から上貼りを行うリフォーム専用の階段部材のバリエーションが増え、階段のリフォームが容易にできるようになり綺麗に仕上がります。

階段のつま先の当たる蹴込み ( けこみ ) 部分の蹴込み ( けこみ ) 板を、床や建具に合わせて白の木目柄にする事もできるので、暗くなりがちな階段を明るく仕上げる事もできます。

今回は、階段の上貼り ( 重ね貼り ) にともない、階段の手すりも取り替えました。

従来の手すりは、廻り階段の部分で一旦途切れてしまい、手すりが連続して繋がらないケースが一般的でした。

最近は、フレキシブルジョイントという自由に角度を調整できて、柔軟性のあるジョイント金具を使うことが多く、このフレキシブルジョイント金具を使うことで、階段の上り口から下り口まで、連続した手摺りを設置する事ができるので、より上り下りのしやすい安全な階段にできます。

また、従来の手すりは、手すりの直径が45ミリで少し太くて使いにくかったのですが、最近の手すりは、直径が35ミリの太さになり握りやすくて使いやすいものになっています。

今回、上貼り階段と手すりを同じ色柄にすることにより、統一感がありすっきりした印象にする事ができました。

以前の階段
以前の階段です。
階段をかけ替えることなく新しく綺麗にされたいとのご要望でした。
また、階段手すりも使いやすい手すりに、取り替えてほしいとのことでした。

明るい階段へ 連続した手摺りを設置
階段自体は、しっかりしていて傷んでいなかったので、パナソニックのベリティス ・ リフォーム上貼りタイプを採用して、上から貼るだけのシンプルな施工で明るくなりました。
階段手すりは、階段の上り口から下り口まで、連続した手摺りを設置して上り下りのしやすい階段になりました。