西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームお役立ち情報コラム > 外壁塗料の油性と水性ってどんな違いがあるの? 〜油性塗料解説編〜

外壁塗料の油性と水性ってどんな違いがあるの? 〜油性塗料解説編〜


「外壁塗料の種類が、多すぎてよくわからない!」

こう思っている方は、多いのではないでしょうか?

こう思う要因の一つとして、塗料の種類の多さや外壁の種類の多さが挙げられます。

塗料だけでも、シリコンやアクリル、ウレタンなど種類が豊富です。

細かく見れば、水性や油性、遮熱など、もっと種類が増えます。

こんなにあると、選ぶのも一苦労ですよね。

そこで、みなさんの負担を少しでも減らすために、油性と水性の違いについて、今回と次回に分けて紹介します。

今回は、油性についてです。

・油性塗料の特徴って?

塗料のイメージとして、油性だというイメージを持っている方が多いと思います。

昔は、ほとんど油性塗料が一般的でした。

その油性塗料の特徴として、塗り上げた表面を汚れや傷から守る耐久性の高さ、雨水から守る耐候性の高さ、塗料と壁面との密着度の高さが挙げられます。

そのため、一度塗ると長持ちすると言われています。

その分、デメリットもあり、その一つが臭いです。

油性特有の鼻を刺激するような臭いがデメリットです。

この臭いは、その住まいの人だけの問題でなく、近隣に住む人たちにとっても問題になります。

そのため、この臭いによってトラブルが起こることも多いのです。

また、塗料の費用も水性に比べて高くなります。

長持ちする良さを取るか、ある程度の塗り替えの頻度を覚悟して、塗料の価格を抑えるかが悩むポイントです。

・油性には2種類ある?

油性には、1液型と2液型というものがあります。

1液型は、そのまま塗料を希釈せずに使えるものです。

2液型は、主剤と硬化剤を混ぜて使う必要があります。

2液型は、一手間ふえて面倒くさそうですが、耐久力が格段に上がり、プロが使う一級品だとも言われています。

以上が油性塗料の特徴です。

油性の中にも2種類あって、性能と価格が異なりますが、外壁塗料にどこまで求めるかによって決めると良いと思います。

一覧

~ 住まいのリフォーム ~
株式会社 西宮リフォーム

西宮市越水町3-25
TEL:0120-2438-46
FAX:0120-2438-48

Mail:info@nishinomiya.com

(株)西宮リフォームでは
西宮市、芦屋市、宝塚市、
神戸市、尼崎市、阪神間
のリフォームに取り組ん
でいます。