西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス

リフォームトピックス

テラスハウスのリフォームにともない、和モダンな雰囲気の和室に仕上げました。 | 芦屋市の和室のリフォーム


芦屋市の和室のリフォームで、テラスハウスのリフォームにともない、和モダンな雰囲気の和室に仕上げました。

和室部分ですが、出入口の建具の取り替え、半畳縁なし畳の新調、 壁や天井のクロス ・ 襖紙 ・ 障子紙の貼り替えを行い、和モダンな雰囲気に仕上がりました。

通常の畳の場合、畳一帖の長方形のもので、周囲に模様の入った縁 ( へり ) がありますが、今回のリフォームで採用した 「 半畳縁なし畳 」 は、半畳の正方形のもので、その名前のとおりで周囲に縁 ( へり ) が無い畳です。

「 半畳縁なし畳 」 は、近年、徐々に普及している人気の高い畳で、畳の大きさを半分にした半畳で仕上げ、縦と横を交互にして市松模様になるように敷き並べます。

こうすることで通常のありふれた畳と差別化がはかれ、和室のお部屋の雰囲気が変わり、お洒落で和モダンな見栄えになり、普通の畳では物足りないという方にも好評です。

和モダン ( 和風×モダン ) は、日本らしさと欧米などのスタイルを併せ持つ古き良き日本の伝統美と、現代の建築技術をコラボレーションさせた住まいの形やデザインのことです。

古き良き日本を感じさせる和風と現代的なスタイルで、真逆に思われる2つのテイストを、センスよく織り交ぜる事によりできた空間で、落ち着いていながら刺激的で飽きのこない雰囲気は魅力的です。

構造部分の壁一面のコンクリートの打ち放し仕上げが、コンクリート構造の独特の力強さ、清潔感、素材感、無機質感などの印象を与えます。

出入口の建具を透明感のある白い建具に取り替え、半畳縁なし畳を敷設することにより、生活観を抑えた和モダンな雰囲気をつくりあげる事ができました。

和モダンな雰囲気へ
和室部分ですが、出入口の建具の取り替え、半畳縁なし畳の新調、 壁や天井のクロス ・ 襖紙 ・ 障子紙の貼り替えを行い、生活観を抑えた和モダンな雰囲気をつくりあげる事ができました。

テラスハウスのリフォームにともない、壁の一面にアクセントクロスを採用しました。 | 芦屋市の内装のリフォーム


芦屋市の内装のリフォームで、テラスハウスのリフォームにともない、壁の一面にアクセントクロスを採用しました。

洋室部分の壁の一面に、ライトブルー調の千番代のアクセントクロスを採用して、綺麗に仕上がりました。

一昔前は、住宅で壁の一面だけのクロスを変えることは、あまりなかったですが、今ではよく行われる手法で、部屋が普通すぎるので何か変化が欲しい場合、予算をかけずにお部屋にアクセントを付ける事ができます。

クロスは、一般的に大きく分けて千番代クロスと量産クロスがあり、アクセントに使われるクロスは、種類が豊富で様々な模様やカラフルな色柄のある千番代クロスになります。

クロスメーカーは、国内メーカーの場合、サンゲツ、東リ、シンコール、リリカラ、トキワ、ルノン になり、各メーカーともに多くのクロスの種類があり、その組み合わせになると、かなりのパターンが考えられます。

アクセントクロスを上手に使うことで、お部屋にアクセントを付けると同時に、狭い空間を広く見せることもできて、狭い空間を広く見せるには、明るい色 ( 膨張色 ) を選ぶ、部屋の左右で違う色にする、部屋の長手方向にアクセントクロスを貼るなどがポイントです。

アクセントクロスは、個人の好みによるものなので、正解がないともいえますが、お部屋の4面のうち、3面は通常の白っぽいクロスで仕上げて、変化をつけたい1面のみを、彩度 ( 色の鮮やかさ、強さ ) の高いクロスを選ぶことが多くなります。

色を左右する3つの属性は、「 色相 」 「 明度 」 「 彩度 」 によって表され、「 色相 」 は色の方向を表す属性、「 明度 」 は色の明るさを表す属性、「 彩度 」 は色の鮮やかさを表す属性です。

クロスに限らず色を左右する 「 色相 」 「 明度 」 「 彩度 」 の3つの属性は、床や建具などの建材、水まわりの住宅設備、照明、インテリアなど、全てに共通することなので大切な要素になります。

アクセントクロスの採用
洋室部分の壁の一面に、ライトブルー調の千番代のアクセントクロスを採用して、綺麗に仕上がりました。
アクセントクロスは、お部屋の4面のうち、3面は通常の白っぽいクロスで仕上げて、変化をつけたい1面を彩度の高いクロスで仕上げることが多くなります。

テラスハウスのリフォームに伴い、白色の木目柄を基調にしたクローゼット収納の取り替えを行いました。 | 芦屋市の収納のリフォーム


芦屋市の収納のリフォームで、テラスハウスのリフォームにともない、白色の木目柄を基調にしたクローゼット収納の取り替えを行いました。

クローゼットやウォークインクローゼット部分ですが、白色を基調にしたフローリングやクローゼット収納の取り替えを行い、クローゼット収納の扉の一部に姿見の鏡を設置しました。

クローゼット収納の枠や建具は、パナソニックのベリティスシリ-ズで、折れ戸、3枚連動引戸、開き扉から選ぶことができて、今回は、2枚折れ戸をスライドさせて開閉して、フルオープンで収納物の出し入れも容易にできる折れ戸を採用しました。

3枚連動引戸は、扉の開閉時に手前にスペースを取らず広い開口を確保できて、開き扉は、2枚の扉を手前に開いて全開口になり、階段下や壁面のデッドスペースを有効活用できます。

今回、採用したクローゼットの折れ戸の建具は、シンプルなフラットタイプ、取っ手を付けない取っ手レスタイプ、小さなお子様を指はさみ事故から守る指はさみ防止機構付きのハサマナイズ扉タイプの3種類があります。

また、折れ戸の場合は、オーダーすることにより、1スパン ( 蝶番で結合されたパネル2枚分 ) の左右いずれかのパネルを、ミラー付き扉に変更する事ができます。

ミラー付き扉を設置することにより、クローゼットの洋服を試着することができて、姿見のスタンドミラー ( スタイルミラー ) が不要になるので、お部屋を広く使うことができます。

また、玄関収納でも、ミラー付き扉に変更することができて、玄関収納の扉の一面に姿見の鏡を設けることにより、出かける前に玄関先で鏡を見る事ができるので便利です。

クローゼット収納の取り替え
クローゼットやウォークインクローゼット部分ですが、白色を基調にしたフローリングやクローゼット収納の取り替えを行い、クローゼット収納の扉の一部に姿見の鏡を設置しました。

折れ戸のミラー付き扉の設置
折れ戸の場合は、オーダーすることにより、1スパンの左右いずれかのパネルを、ミラー付き扉に変更できます。
ミラー付き扉を設置することにより、クローゼットの洋服を試着することができて、姿見のスタンドミラーが不要になり、お部屋を広く使う事ができます。

テラスハウスのリフォームに伴い、白色の木目柄を基調にしたフローリングに貼り替えました。 | 芦屋市の廊下のリフォーム 


芦屋市の廊下のリフォームで、テラスハウスのリフォームにともない、白色の木目柄を基調にしたフローリングに貼り替えました。

廊下部分ですが、白色の木目柄を基調にしたフローリングの貼り替えを行い、窓枠部分は、床や建具と合わせ、白色の木目柄のリアテックシートという化粧シートで仕上げました。

構造部分である壁全面のコンクリートの打ち放し仕上げが、コンクリート構造の独特の力強さ、清潔感、素材感、無機質感などの印象を与え、生活観を抑えたクールな雰囲気をつくりあげて斬新で印象的です。

打ち放しコンクリート ( うちはなしコンクリート ・ うちっぱなしコンクリート ) は、建築物の仕上げの一種で、現場打ちコンクリートの上に、塗装 ・ タイル ・ 石張りなどの仕上げ工程を省き、型枠を外した直後のむき出しのままのコンクリートをもって仕上げとする手法です。

打ち放しコンクリートは、やわらかな生コンクリートを木材で組み立てられた型枠内に流し込み作るもので、固まったことを確認して型枠を外すとコンクリート面が現れ、この固まったコンクリート面に手を加えず、打ち上がったそのままの状態の仕上げが、打ち放しコンクリートの素地仕上げになります。

打ち放しコンクリートは、日本の気候上、結露の問題で課題が残りますが、建築造形的には、コンクリート構造の独特の力強さ、清潔感、素材感、無機質感などの美学表現に優れ、人気のある仕上げです。

内装材の場合、打ち放しコンクリートの柄をリアルに表現している壁紙 ( 千番代クロス ) があり、あこがれの打ち放し模様を身近に再現する事もできます。

外装材の場合、打ち放しコンクリートの柄をリアルに表現しているサイディングがあり、大手外装メーカーのニチハ、ケイミュー、旭トステムから販売されています。

以前の廊下
以前の廊下部分です。
住宅を購入され入居する前の全面的なリフォームで、フローリングの貼り替えなどをされたいとのご要望でした。

打ち放しコンクリート仕上げ
全面的なリフォームで、フローリングの貼り替えや窓枠の化粧シート貼りを行いました。
打ち放しコンクリートは、日本の気候上、結露の問題で課題が残りますが、建築造形的には、コンクリート構造の独特の力強さ、清潔感、素材感、無機質感などの美学表現に優れ、人気のある仕上げです。

テラスハウスのリフォームに伴い、白色の木目柄を基調にした階段材や階段手すりに取り替えました。 | 芦屋市の階段のリフォーム


芦屋市の階段のリフォームで、テラスハウスのリフォームにともない、白色の木目柄を基調にした階段材や階段手すりに取り替えました。

階段材は、リクシルのウッディーラインの階段ユニット、ベーシックタイプ ・ イタリアンウォルナット柄で、本物の天然木の質感を再現した高意匠シートの階段材で傷や汚れに強い素材です。

リクシルのウッディーラインの階段ユニットは、ボックスタイプ、オープンタイプ ( ひな段 )、オープンタイプ ( ストリップ ) に対応していて、ホルムアルデヒドやバリアフリーにも配慮されています。

階段の連続手すりは、パナソニックのベリティス、連続手すり ・ らくレールで、省施工でリフォームにもお勧めで、木軸工法やLGS ( エルジーエス ) ( ライト ゲージ スタッド ) 工法にも対応しています。

LGS ( エルジーエス ) ( ライト ゲージ スタッド ) 工法とは、厚さ1.6ミリ~4ミリ程度の軽量鉄骨下地 ( 軽量形鋼 ) により、鉄骨造や鉄筋コンクリート造などの建物で、壁や天井の下地材として使われます。

連続手すり ・ らくレールは、手すりの天面が平らで広い形状なので、手を置いて滑らせながら伝い歩きもできて、握力が弱くても身体を支える事ができるので高齢の方にもお勧めです。

らくレールの握り部は、指の角度などを考慮した掴みやすくて握りやすい形状で、握力が弱い方でも握りやすく、金具レスなので手にひっかかりを感じる事がありません。

様々な空間にすっきり納まる美しいデザインで、洋風 ・ 和風のどちらのインテリアにもよく合う凹凸の少ないシンプルな形状で、仕上がりも美しく空間にすっきりなじみます。

以前の階段
以前の階段部分です。
住宅を購入され入居する前の全面的なリフォームに伴い、階段材や階段手すりを取り替えたいとのご要望でした。

階段の踏板と手摺りの取替え
階段材は、リクシルのウッディーラインの階段ユニットで、天然木を再現した高意匠シートで傷に強い素材です。
階段の連続手すりは、パナソニックのベリティス ・ らくレールで、握力が弱い方でも握りやすく、金具レスなので手にひっかかりを感じる事がありません。