西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ

介護保険制度の居宅介護 ( 介護予防 ) 住宅改修工事を行い、建具のレバーハンドルへの変更を行いました。 | 西宮市の介護リフォーム


西宮市の介護リフォームで、介護保険制度の居宅介護 ( 介護予防 ) 住宅改修工事を行い、建具のレバーハンドルへの変更を行いました。

介護保険制度とは、近年、高齢化の進行や高齢者を取り巻く社会環境の変化にともない、介護を必要とする方が増加していく中で、介護を社会全体で支えていく制度です。

居宅介護 ( 介護予防 ) 住宅改修工事は、介護や支援を必要とする状態になっても、安心して住み慣れた住宅で生活できるように、住宅に手すりを取り付けたり、段差を解消したりする工事を行うことです。

今回、手すりの取り付けや段差の解消を行った中で、介護保険制度の居宅介護 ( 介護予防 ) 住宅改修工事の 「 引き戸等への扉の取り替え 」 という項目で、対象範囲であるドアノブの変更を行いました。

一昔前の家に多かったのが、握り玉という丸い取っ手で、高齢になると握力が低下して握る動作が難しくなるため、ドアの開け閉めが困難になります。

握り玉からレバーハンドルに取り替えることにより、レバーハンドルを上下に動かすだけでドアを容易に開閉できるので、握力が低下して握る動作が難しくなった高齢者やお子様も、扉の開け閉めが楽になり使いやすくなります。

握り玉を取り外すと建具に大きめの丸い穴があいていますが、その大きめの丸い穴を隠す事ができるように、大きな受け座がついた取り替え用 ( リフォーム用 ) のレバーハンドルも用意されているので、建具はそのままで取り替えずに使う事ができます。

レバーハンドルへの取替え
一昔前の家に多かったのが、握り玉という丸い取っ手で、高齢になると握力が低下して握る動作が難しくなるため、ドアの開け閉めが困難になってきます。
そのような場合、レバーハンドルに取り替えることにより、上下に動かすだけでドアを容易に開閉できるので、握力が低下して握る動作が難しくなった高齢者にも使いやすくなります。

一覧