西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス住宅設備機器の新設 ・ 取替え > 塗装のチラシは怖い理由

水まわりの洗面所の床に、床下収納庫の設置を行いました。 | 宝塚市のサニタリーリフォーム


宝塚市のサニタリーリフォームで、水まわりの洗面所の床に、床下収納庫の設置を行いました。

床下収納庫の設置は、いろいろなメリットがあり、普段あまり使わない物を床下の空間に収納する事ができます。

具体的には、梅酒や梅干しなどの保存食や、未開封の食品、お酒、ビール、缶詰、頻繁に使わない掃除道具、万が一の防災用グッズ、非常食、非常用のペットボトルの飲料水などの収納に向いています。

また、戸建住宅の場合、設備関係のトラブルがあったさいに、床下から内部調査を行いますが、床下収納庫は、収納内部の収納ボックスを外すと、メンテナンスのための床下点検口にもなります。

人が十分に通れる床開口寸法なので、床下の配管や水漏れなどの点検、修理のさいも便利です。

そのようなことから点検だけの床下点検口を設けるより、収納も可能な床下収納庫の設置をお勧めします。

通常の床下収納庫は、60センチ×60センチで、深さが45センチほどの110リットルタイプがよく設置されますが、空間さえあれば、スライドタイプのような大容量型を設置する事もできます。

深さが45センチほどの深型は、一升瓶を立てて入れる事ができる深さでゆったり収納できて、収納ボックスには、2カ所の通気口が設けられ換気ができるので、匂いや湿気がこもりにくくなります。

2階部分に設置するさいは、深さが45センチほどの深型の床下収納庫は、1階の天井高さとのからみで寸法的に無理なことが多いので、深さ30センチほどの浅型タイプを設置することが多くなります。

また、収納ボックスの材質には、防カビ剤が添加されているので、カビの発生や生育、繁殖を抑制できます。

床下収納庫の設置
床下収納庫の設置は、いろいろなメリットがあり、普段あまり使わない物を床下の空間に収納する事ができます。
また、戸建住宅の場合、設備関係のトラブルがあったさいに、床下から内部調査を行いますが、床下収納庫は、収納内部の収納ボックスを外すと、メンテナンスのための床下点検口にもなります。

一覧