西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス内装全般 > ウォークインクローゼットのメリット、デメリットについて

事務所の床部分にクッションフロアーの施工を行いました。 | 西宮市の内装リフォーム


西宮市の内装リフォームで、事務所の床部分にクッションフロアーの施工を行いました。

今回は、事務所の内装リフォームで、床材に表面強化仕様のクッションフロアーを施工しました。

クッションフロアーは、塩化ビニル樹脂製で、やわらかくクッション性があるロールシート ( 長尺シート ) 状タイプの床材で、デザイン性も豊富で、定番の木目や石目、テラコッタタイル、パターン柄などをリアルに表現した模様や色柄の種類が多数あります。

表面がビニールなので耐水性に優れ、汚れに強くメンテナンスも容易で、表面の細かい凹凸 ( おうとつ ) により滑りにくくなっていて、水まわりの床によく使用されます。

また、発泡層により遮音性、衝撃吸収性などにも優れていて、様々な生活シーンで幅広く使われ、施工もしやすくリフォームにも最適な床材です。

通常、よく使われている住宅用のクッションフロアーは、厚みが1.8ミリで表面もある程度の柔らかさがありますが、この表面強化クッションフロアーは、少し厚めの2.3ミリで表面も少しだけ固めになっています。

表面強化クッションフロアーは、土足で使用することも想定されて作られているので、通常のクッションフロアーより丈夫で傷にも強いことが特徴です。

また、少し厚くて固めなので、仕上がった後に下地の凹凸 ( おうとつ ) や不陸が表面に出にくいため、事務所や店舗以外にも、下地の凹凸 ( おうとつ ) や不陸の多いリフォームでもよく使われます。

色や柄のバリエーションも豊富で、今回は、フローリング調の柄を採用し高級感がでました。

表面強化クッションフロアー
この表面強化クッションフロアーは、少し厚めの2.3ミリで表面も少しだけ固めになっています。
少し厚くて固めなので、仕上がった後に下地の凹凸 ( おうとつ ) や不陸が表面に出にくいため、事務所や店舗以外にも、下地の凹凸 ( おうとつ ) や不陸の多いリフォームでもよく使われます。

一覧