西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックスキッチン > 天窓を作るメリットって?

壁付け I 型キッチンから、オープン対面キッチンに変更しました。 | 西宮市のキッチンリフォーム


西宮市のキッチンリフォームで、壁付け I 型キッチンから、オープン対面キッチンに変更しました。

以前は、 I 型キッチンで壁付けタイプでしたが、今回、オープン対面キッチン ( ペニンシュラ I 型対面キッチン ) に変更しました。

ペニンシュラとは、 「 半島 」 という意味で、オープンもしくはセミオープンキッチンに用いられ、キッチンの左右どちらかが壁に接していて、その壁から半島 ( ペニンシュラ ) 状に、突き出させる形の対面キッチンのことです。

今回、キッチンの大きな移動もなかったので、配管の移設も問題なくできました。

新築時、排水の勾配を考慮して施工されているので、水まわりの場所を大きく変えることは難しい場合があります。

排水勾配は、給水管や給湯管には関係ありませんが、排水管には必ず水を流す勾配が必要になるので、基本的に水まわりの大きな移設は避けたほうが賢明です。

排水管を配管する場合、水勾配について 1/100 ~ 2/100 ( 1% ~ 2% ) が一般的で、1メートルあたり最低1センチ ~ 2センチの勾配をつける必要があります。

今回、設置したキッチンは、奥行きが97センチもあるカウンタータイプなので、広く使えて家事がしやすくなります。

通常、冷蔵庫の奥行きは65センチほどで、カップボードの奥行きが45センチほどなので、20センチほど冷蔵庫が手前にでますが、カップボードを20センチほど手前にふかすことで、冷蔵庫の前面と合わせることができました。

2人で家事ができるように、キッチン本体と食器棚を収納するカップボード、冷蔵庫との間を、通常より少し広めのスペースで90センチに設定しました。

以前の壁付けI 型キッチン
以前は、 I 型キッチンで壁付けタイプのキッチンが設置されていて、対面型のオープン対面キッチンに変更されたいとのご要望でした。

オープン対面キッチンの採用
今回のリフォームで、オープン対面キッチン ( ペニンシュラ I 型対面キッチン ) に変更しました。
キッチンの大きな移動もなかったので、配管の移設も問題なくできました。

対面キッチンのカウンター部分
対面キッチンのカウンター部分です。
奥行きが97センチもあるカウンタータイプなので、広く使えて家事がしやすくなります。

キッチンとキャビネットの間のスペース
キッチン本体と食器棚を収納するカップボード、冷蔵庫との間のスペースを、少し広めの90センチにして、2人で家事ができるように動線に配慮しました。

一覧