西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックストイレ > リフォームにオーダーキッチンってどうなの?

和式トイレから洋式トイレへの取り替えを行いました。 | 西宮市のトイレリフォーム


西宮市のトイレリフォームで、和式トイレから洋式トイレに取り替えました。

今では、ほとんどの住宅で洋式トイレになっていますが、一昔前のトイレでは和式トイレも残っています。

昔ながらの和式トイレは、しゃがみこんで無理な姿勢で排泄するため使いにくいので、和式トイレから洋式トイレに取り替えるリフォームもよく行います。

洋式トイレに変えることにより、ゆっくり無理のない楽な姿勢で排泄できるので、若い方からお年寄りの方まで安心して利用できます。

今回の工事では、床は昔ながらのタイルからクッションフロアーに変更して、壁面は腰部分まで水に強いサニタリーパネルを施工して、お掃除がしやすくなりました。

電源が必要な暖房便座、温水洗浄機能のある洋式便器のため、電気工事も行いトイレ内にコンセントを新設して、快適なトイレ空間になりました。

最近のトイレリフォームでは、ほぼ節水トイレを設置しますが、戸建住宅の場合でトイレを従来型から節水トイレに取り替えたさい、まれに不具合が生じることがあります。

便器からの排水は、新築時に排水勾配をとり、排水した水や汚物が流れるようになっていますが、経年や地震の影響により排水勾配が微妙に変わってしまい、節水型で流す水量が少ないため、最終汚水枡まで汚物が流れずに、配管内に残りつまってしまう事があります。

このような場合は、3 ~ 4回に1回、水だけの状態で流すようにすることで、つまりにくくなります。

以前の和式トイレ
今では、ほとんどの住宅で洋式トイレになっていますが、一昔前のトイレでは和式トイレも残っています。
昔ながらの和式トイレは、しゃがみこんで無理な姿勢で排泄するため使いにくいので、和式トイレから洋式トイレに取り替えるリフォームもよく行います。

和式トイレから洋式トイレへ
床は昔ながらのタイルからクッションフロアーに変更して、壁面は腰部分まで水に強いサニタリーパネルを施工して、お掃除がしやすくなりました。
電源が必要な暖房便座、温水洗浄機能のある洋式便器のため、電気工事も行いトイレ内にコンセントを新設して、快適なトイレ空間になりました。

一覧