西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックストイレ > 防犯ガラスとは?

西宮市の人生80年いきいき住宅改造助成工事にともない、トイレの改修工事を行いました。 | 西宮市の介護リフォーム


西宮市の介護リフォームで、西宮市の人生80年いきいき住宅改造助成工事にともない、トイレの改修工事を行いました。

トイレの出入口ですが、車いすでも使いやすいように、側面からの開き戸を正面からの引き戸に変更して、便座に座って右側の壁面に L 型の手すりを、左側の壁面に I 型の手すりを設置しました。

便器には補高便座をセットして、かさ上げを行い車いすの座面部分と高さが揃うようにしています。

補高便座は、足腰が弱い方や立ち座りに不安を感じる方、膝関節に可動制限のある方、リウマチや関節痛等により関節を曲げにくい方などが、使うことが多い器具になります。

補高便座の利点は、便座を高くすることで膝や股関節にかかる負担を軽減できて、座るときに膝を深く曲げなくてもいいので立ち座りが楽になります。

また、便器はそのままで便座を交換するだけなので大掛かりな工事は不要で、補高寸法が3センチアップと5センチアップの2種類になります。

長時間使用時の痛みや座った時の衝撃や痛みを緩和する、柔らかい素材でできた柔らか便座もあります。

介護では便利な補高便座ですが、欠点として便座が高くなりすぎて健常者には少し使いにくく、家族と共有できなくなる場合もあり、とくに小さなお子様だと一人で便器に座れなくなる可能性もあります。

他の欠点としては、便座内側が汚れやすく掃除の手間が多めにかかり、便器の種類によっては、補高便座を置くと便ふたを閉じられなくなる事などが挙げられます。

介護リフォームに伴うトイレの改装
トイレの出入口ですが、車いすでも使いやすいように、側面からの開き戸を正面からの引き戸に変更して、便座に座って右側の壁面に L 型の手すりを、左側の壁面に I 型の手すりを設置しました。
便器には補高便座をセットして、かさ上げを行い車いすの座面部分と高さが揃うようにしています。

一覧