西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 会社案内
  • 施工事例
  • スタッフ・職人紹介
  • トピックス
  • お客様の声
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス > 窓 ・ サッシ

窓 ・ サッシ

マンションの全面的なリフォームにともない、玄関の窓ガラスの取り替えを行いました。 | 西宮市の窓のリフォーム


西宮市の窓のリフォームで、マンションの全面的なリフォームにともない、玄関の窓ガラスの取り替えを行いました。

玄関部分ですが、玄関横の明かり窓のガラスが割れていたので交換して、あわせて縦型の面格子も古びた鉄製のものから、アルミ製の新しい面格子に取り替えました。

住宅リフォームにともない、窓ガラスが割れているのでガラスの交換をしたり、窓部分に面格子を新設したり取り替えたりすることは、よく行う工事になります。

玄関扉サイドということで、網入りガラスが設置されていたので、同じ網入りガラスに入れ替えました。

網入ガラス、線入板ガラスとは、熔融時のガラスの中に金網を挿入した板ガラスで、透明ガラスや普通ガラスと呼ばれる通常のフロート板ガラスに比べ、飛散防止性能を備えています。

型板ガラスに金網を挿入したものと、表面を研磨して透明ガラスにした磨きガラスがあり、見た目は金網が入っていてガラスが厚い分、強度があるように見えますが、ガラスに異物が入っている分、同厚程度のフロート板ガラスよりも強度が劣ります。

網入りガラスには、菱ワイヤーとクロスワイヤーがあり、ガラスが割れても金網に支えられ穴があいたり欠落しにくいので、火災の延焼をある程度防ぐ効果があり、建築基準法で定める開口部で、防火戸用のガラスとして用いられています。

快適な住まいをつくるには、ライフスタイルに合わせたサッシやガラス選びをすることも大切で、住まいの住み心地に大きく影響するガラスの性能に関しても、充分に検討したいものです。

リフォーム後の玄関・廊下
全面的なリフォームにともない、正面のリビングダイニングの出入口の建具 ・ 玄関収納 ・ 玄関框の取り替え、床のフロアタイル ・ 壁と天井のクロスの貼り替えを行い、綺麗に仕上がりました。

ガラスの交換 面格子の取り替え
玄関横の明かり窓の網入りガラスが割れていたので交換して、あわせて縦型の面格子も古びた鉄製のものから、アルミ製の新しい面格子に取り替えました。

戸建住宅の全面的なリフォームにともない、アルミサッシの取り替えを行いました。 | 宝塚市の窓のリフォーム


宝塚市の窓のリフォームで、戸建住宅の全面的なリフォームにともない、アルミサッシの取り替えを行いました。

戸建住宅の全面的なリフォームにともない、宅内からガレージへの出入口の引き戸を、リクシル製のアルミサッシでエアスライド引戸 「 ガゼリアN 」 に取り替えました。

リクシルのガゼリアN ・ エアスライド引戸は、スライドドアに網戸付の上げ下げ窓を内蔵した採風タイプで、ドアを閉めて鍵をかけたままで、本体に内蔵された上げ下げ窓から、新鮮な空気や優しい光を採り入れる事ができ採風量も自由に調節できます。

外観の格子デザインは、ヒシクロス格子、横格子、井桁格子、格子なしの4種類から選択できて、今回は一番人気の高いヒシクロス格子を採用しました。

ガゼリアNは、引き戸の特徴を生かした多くの長所があり、隣家の外壁が近接している勝手口の場合でも、扉が横にスライドして狭いスペースでも全開にできて出入りがしやすくなります。

開き戸のように扉の開閉スペースを気にする必要がないので、室外の扉まわりを有効に使え、荷物の出し入れもスムーズにしやすくなり、ビルトインガレージでも扉と車が干渉する心配もありません。

また、ガゼリアNは、ユニバーサルデザイン ( UD ) のコンセプトで開発された商品で、万人に使いやすいように様々な工夫がされています。

ユニバーサルデザイン ( UD ) とは、文化、言語、国籍、老若、男女、障害、能力の如何を問わずに、誰もが利用しやすい製品の設計 ( デザイン ) のことです。

ガゼリアNのユニバーサルデザインのポイントは、開口部分は出入りのしやすい全開口で、ケガをしにくい安全構造、開閉しやすい大型引手 ・ 大型把手で、操作しやすい大きなサムターン ( つまみ ) も標準装備になっています。

ガゼリアN エアスライド引戸
宅内からガレージへの出入口の引き戸は、リクシルのアルミサッシ、ガゼリアN ・ エアスライド引戸で、スライドドアに網戸付の上げ下げ窓を内蔵した採風タイプで、格子デザインは人気の高いヒシクロス格子を採用しました。

ペアガラス ( 複層ガラス ) を採用したアルミサッシへの取り替えを行いました。 | 西宮市の窓のリフォーム


西宮市の窓のリフォームで、ペアガラス ( 複層ガラス ) を採用したアルミサッシに取り替えました。

昔ながらの木製の窓から、断熱性や遮熱性、気密性、防音性、防犯性などに優れたアルミサッシへの入れ替えを行いました。

日本国内のサッシメーカーは、リクシル、YKKAP、三協立山アルミの大手3社になり、どこのメーカーも大きな差異はありません。

今回、採用したアルミサッシは、リクシルのデュオPG  ( ペアガラス ) ( 複層ガラス ) で、最近のアルミサッシは、性能が良くなり省エネルギーの面から複層ガラスのものに限られます。

少し前までは、リクシルのデュオSG  ( シングルガラス ) という商品も販売されていました。

シングルガラスは、単板ガラスのことで、透明ガラスの場合はガラスの厚みが3ミリ、すりガラスの場合はガラスの厚みが4ミリの設定になり、どこのメーカーも同じ規格になっています。

デュオPG  ( ペアガラス ) ( 複層ガラス ) は、ガラスが二重に組み合わせられ、ガラスとガラスの間に乾燥空気が注入された空気層のスペースが設けられ、この空気層が断熱効果などの向上になります。

ペアガラス ( 複層ガラス )の厚みは、透明ガラスの場合、透明ガラス3ミリ+空気層12ミリ+透明ガラス3ミリで、ガラスの厚みの合計が18ミリになります。

すりガラスの場合、透明ガラス3ミリ+空気層11ミリ+すりガラス4ミリで、ガラスの厚みの合計は同じ18ミリです。

ペアガラス ( 複層ガラス ) は、シングルガラス ( 単板ガラス )より、断熱性、気密性、遮音性、防音性、防犯性などの面で優れています。

リクシルのデュオPG( ペアガラス・複層ガラス )
昔ながらの木製の窓から、アルミサッシに入れ替えました。
アルミサッシは、リクシルのデュオPG  ( ペアガラス ) ( 複層ガラス ) です。
デュオPG は、ガラスが二重に組み合わせられ、ペアガラスの厚みは、透明ガラスの場合、透明ガラス3ミリ+空気層12ミリ+透明ガラス3ミリで合計18ミリになります。

木製の窓から複層ガラス入りアルミサッシへの取り替えを行いました。 | 西宮市の窓のリフォーム


西宮市の窓のリフォームで、木製の窓から複層ガラス入りアルミサッシへの取り替えを行いました。

今回、昔ながらの木製の窓から、断熱性に優れたアルミサッシに取り替えをされたいとのご要望でした。

今では当然のように使われているアルミサッシですが、一昔前のアルミサッシがない時代は、窓は木製で作られていて、木材に溝を掘りこみ敷居や鴨居、方立 ( 縦枠 ) を組み合わせ、建具も木製で枠組みをしてから薄いガラスがはめ込まれていました。

木製の窓は、アルミサッシに比べて、断熱性や遮熱性、気密性、防音性、防犯性などに劣るので、アルミサッシに取り替えるリフォームをよく行います。

この場合、アルミサッシは、それぞれの窓に合わせて、できるだけ広めの寸法に採寸してから、製作するオーダー商品になります。

工事としては、既存の窓の周囲の外壁を少し広めに切り欠ぎ、既存の敷居、鴨居、柱 ( 縦枠 ) に合わせて、垂直と水平を確認しながら、事前に採寸してオーダーで製作したアルミサッシ枠を外からはめ込みます。

外壁側の施工は、木下地を行ってから、防水シートのフェルトを貼り、針金の網目状のメタルラスやダブルラスを貼り、左官工事でモルタルを塗り込み、最後に塗装で仕上げます。

内壁側の施工は、既存の敷居、鴨居、柱 ( 縦枠 ) とアルミサッシの隙間を、できるだけ既存の木部分の色に合わせた窓枠材で仕上げます。

アルミサッシへの取り替えは、外壁の窓まわりを切って補修するので、家全体の外壁塗装を行うタイミングでされることが多いです。

木製の窓からアルミサッシへ入れ替え
昔ながらの木製の窓から、アルミサッシに入れ替えました。
アルミサッシは、リクシルのデュオPGで、複層ガラスのため断熱性に優れています。
外壁の窓まわりを切って補修するので、家全体の外壁塗装を行うタイミングでされることが多いです。

窓に内窓 ( インナーサッシ ) の取り付けを行いました。 | 西宮市の窓のリフォーム


西宮市の窓のリフォームで、窓に内窓 ( インナーサッシ ) の取り付けを行いました。

冬場に暖房しても部屋が暖まらない、窓の結露でお手入れが大変、夏場は外からの陽射しが強くて冷房が効きにくい、夜は外からの騒音で眠りにくい、ピアノなどの楽器の音が近所に漏れる、窓に鍵が一つなので防犯の面でも心配など、窓に関する不満は多くあるものです。

住まいの窓にありがちなこのような問題や悩みには、内窓 ( インナーサッシ ) を取り付けることにより解消、軽減する事ができます。

この内窓の取り付けは、断熱効果、結露軽減、遮熱効果、防音効果、防犯効果、インテリア性の向上などの多くのメリットがあり、デメリットといえば窓を2度開け閉めするので、手間がかかるという事ぐらいです。

今の窓はそのままで、内窓 ( インナーサッシ ) を部屋の内側に、もう一つプラスして取り付ける事により窓が二重になり、窓枠を取り替えたり、壁に穴を開けたりなどの大掛かりな工事にもならないので、気軽に取り付けができます。

内窓 ( インナーサッシ ) を取り扱うメーカーと呼び方、商品名は、リクシルなら防音 ・ 断熱内窓のインプラス、YKKAPならエコ内窓のプラマード、三協立山アルミなら後付樹脂内窓のプラメイク、AGC旭硝子ならインナーウインドのリグラスのまどまど です。

また、設置場所にあわせて、引き違い窓や、内開き窓、FIX窓 ( はめ殺し窓 ) 、テラスドアなど種類も豊富です。

内窓 ( インナーサッシ ) の取り付けは、リフォームの場合、既製品などはなく、すべて既存のサッシにあわせてオーダーで製作する事になるので、納期に少し時間がかかりますが人気の高いリフォームです。

インナーサッシ(内窓)の取り付け
暖房しても部屋が暖まらない、外からの陽射しが強くて冷房が効きにくい、窓の結露でお手入れが大変、夜は外の騒音で眠りにくいなどの住まいにありがちなこのような問題には、内窓 ( インナーサッシ ) を取り付けることにより解消、軽減できます。

大がかりな工事でなく気軽に取付け可能
今の窓はそのままで、内窓 ( インナーサッシ ) を部屋の内側に、もう一つプラスして取り付ける事により窓が二重になり、窓枠を取り替えたり、壁に穴を開けたりなどの大掛かりな工事にもならないので、気軽に取り付けができます。

リクシルのインプラス
内窓 ( インナーサッシ ) の取り付けは、リフォームの場合、既製品などはなく、すべて既存のサッシにあわせてオーダーで製作する事になるので、納期に少し時間がかかりますが人気の高いリフォームです。