西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 会社案内
  • 施工事例
  • スタッフ・職人紹介
  • トピックス
  • お客様の声
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス > ウッドデッキ

ウッドデッキ

ハードウッドのウリン材によるウッドデッキの新設を行いました。 | 芦屋市のエクステリアリフォーム


芦屋市のエクステリアリフォームで、ハードウッドのウリン材によるウッドデッキの新設を行いました。

ウッドデッキには、ハードウッドという種別で、日本ではケヤキ、栗などの堅木が知られていますが、日本の堅木よりも密度が高く長持ちして、高い耐久性と強さを持つ海外の堅木が使われます。

ウッドデッキに使われるハードウッドは、マレーシア、インドネシア原産のウリン材やセランガンバツ材、ブラジル産のイタウバ材、南米アマゾン川流域のイペ材、オーストラリア産のサイプレス材などが有名です。

その中でも、床組みや床板にウリン材を使ったウッドデッキは、丈夫で長持ちして手入れもしなくてよいため、非常に人気があります。

ウリン材は、通常の木材より高価ですが、耐久性や耐候性に優れていて、後々の塗装などのメンテナンスもほぼ不要なので、ランニングコスト ( 維持や管理に必要な費用 ) を考えれば、費用対効果の高い木材です。

ウリン材は、マレーシア、インドネシアの東南アジア原産の木材で、非常に堅く重い木材なので、「 アイアンウッド( 鉄の木 ) 」 とも呼ばれ、健康食品でも有名な 「 ポリフェノール 」 が大量に含まれ、強力な抗菌、防腐作用を持っているため、白ありなどの防虫の面でも安心です。

ウリン材は、木材の中で最も重硬で耐久性のある超硬質木材として、世界の各地で長く使用され、水中で百年の耐久性があると言われています。
 
年限が経つほど使い込むほど、綺麗な飴色から徐々に深い銀灰色に変化して、年月と共にエイジング ( 経年劣化 ) していき、この色の変化も天然木ならではの醍醐味です。

以前のテラス部分
以前のテラス部分です。
洗濯物を雨の日でも干せることや、ペットのお部屋としても使うことができるサンルームをテラス部分に設置して、庭部分にウッドデッキを作りたいとのご要望でした。

ウリン材を使ったウッドデッキを新設
エクステリアのサンルームは、リクシルの干せるんですⅡです。
室内からつながる空間に、洗濯物が楽に干せるテラス囲いで人気のある商品です。
テラスルームの周囲には、床組みや床板にウリン材を使ったウッドデッキを設けました。

耐久性や耐候性に優れたウリン材
ハードウッドのウリン材は、通常の木材より高価ですが、耐久性や耐候性に優れています。
後々の塗装などのメンテナンスもほぼ不要なので、ランニングコスト ( 維持や管理に必要な費用 ) を考えれば、費用対効果の高い木材です。

白ありなどの防虫の面でも安心
ウリン材は、マレーシア、インドネシアの東南アジア原産の木材で、非常に堅く重い木材なので、「 アイアンウッド( 鉄の木 ) 」 とも呼ばれ、健康食品でも有名な 「 ポリフェノール 」 が大量に含まれ、強力な抗菌、防腐作用を持っているため、白ありなどの防虫の面でも安心です。

ウリン材によるウッドデッキの改修工事を行いました。 | 尼崎市の外構のリフォーム


尼崎市の外構のリフォームで、ウリン材によるウッドデッキの改修工事を行いました。

以前に設置していたウッドデッキが傷んできたため、今回、新たにウリン材で土台からすべてを作り替えました。

以前の裏庭のウッドデッキは、桧 ( ひのき ) が使われていましたが、雨に直接あたる部分なので10年持たずに傷んでしまいました。

最近の木製ウッドデッキの主流は、ハードウッドという種別で、ウリン材やセランガンバツ材、イタウバ材、イペ材、サイプレス材などが有名で、なかでもウリン材は、高価ですが耐久性、耐候性に優れています。

ウリン材は、東南アジア原産の木材で、非常に堅く重い木材なので 「 アイアンウッド ( 鉄の木 ) 」 とも呼ばれます。

抗菌作用があるポリフェノールが大量に含まれていて、強力な抗菌、防腐作用を持っているので、白ありなどの防虫の面でも安心です。

ウリン材は、木材の中で最も重硬かつ耐久性のある超硬質木材として、世界の各地で長く使用されていて、塗装をしなくてもほとんど腐らず、メンテナンスの必要もないため様々な場所で広く使われています。

天然木にありがちな狂いや伸縮性が少なく、非常に安定しているため、ウッドデッキや桟橋、公園などの公共事業等にも多様されています。

硬くて重いウリン材は、通常の木材に比べて加工に手間がかかりますが、 仕上がりの肌触りもよく外部に使う木材として非常に適しています。

以前のウッドデッキ
以前の裏庭のウッドデッキは、桧 ( ひのき ) が使われていましたが、雨に直接あたる部分なので10年持たずに傷んでしまいました。
そのため、丈夫で長持ちするウッドデッキを設置されたいとのご要望でした。

ウリン材を使ったウッドデッキ
最近の木製ウッドデッキの主流は、ハードウッドという種別で、ウリン材やセランガンバツ材、イタウバ材、イペ材、サイプレス材などが有名で、なかでもウリン材は、高価ですが耐久性、耐候性に優れています。

耐久性や耐候性に優れたウッドデッキ
ウリン材は、東南アジア原産の木材で、非常に堅く重い木材なので 「 アイアンウッド ( 鉄の木 ) 」 とも呼ばれます。
抗菌作用があるポリフェノールが大量に含まれていて、強力な抗菌、防腐作用を持っているので、白ありなどの防虫の面でも安心です。

白ありによる被害の防虫面でも安心
ウリン材は、塗装をしなくてもほとんど腐らず、メンテナンスの必要もないため、様々な場所で広く使われています。
硬くて重いため通常の木材に比べて加工に手間がかかりますが、 仕上がりの肌触りもよく外部に使う木材として非常に適しています。