西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス浴室 > 浴室リフォームの注意点とは

ユニットバスの浴室再生塗装工事を行いました。 | 西宮市の浴室リフォーム


西宮市の浴室リフォームで、ユニットバスの浴室再生塗装工事を行いました。

今回は、賃貸マンションのオーナー様からのご依頼で、住人が退去されたため、内装関係や水まわりリフォームのご要望でした。

ユニットバスの浴室再生塗装は、ユニットバスを入れ替えるよりも工事費用を抑えられ工期も短くすむので、賃貸マンションのオーナーの方にとくに人気があります。

賃貸住宅の場合は、配管や設備機器に異常がなければ、ユニットバスの入れ替え、交換までの費用はかけにくいものです。

ユニットバスの素材は、おもに、FRP、ラミネート鋼板、人工大理石などが使われています。

この素材は、10年から20年程度の経年劣化に伴い、つや引け、退色、変色、クラック、割れ、表面のざらざら、錆などの状態が起こり、そのまま放置すると水漏れなどの漏水や、表面材のカケやケバなどで怪我をする事もあります。

浴室再生塗装は、それらの状態に対して、その材質に適した補修方法 ( ガラス繊維ライニング、エポキシ樹脂充填など ) と、スプレーガンによる吹きつけ塗装で、原状回復させる事ができます。

ガラス繊維ライニングとは、劣化で強度の落ちたFRP、ラミネート鋼板などの強度向上のために行われる作業で、ガラスマット、不飽和ポリエステル樹脂、エポキシ樹脂を使い分けて、浴槽のひび割れ、穴あき、欠け、錆 ( さび ) などを直す方法です。

浴槽 ( バスタブ )、天井、壁、タイル、床、洗面などの水まわり全体の塗装に加えて、化粧パネルや床シート等でも再生する方法もあります。

ユニットバスの再生塗装
経年劣化にともない、つや引け、変色、クラック、割れ、さびなどの状態が起こり、水漏れなどの漏水や、表面材のカケやケバで怪我をする事もあります。
浴室再生塗装は、それらの状態に対して、その材質に適した補修とスプレーガンによる吹きつけ塗装で、原状回復させる事ができます。

一覧