西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス給湯器 ・ 温水器 > ガスコンロのデメリットとは

リフォームにともない、室内のパイプシャフト内に屋内型給湯器を設置しました。 | 西宮市の給湯器の取り替え工事


西宮市の給湯器の取り替え工事で、リフォームにともない、室内のパイプシャフト内に屋内型給湯器を設置しました。

築年数の経ったマンションで、室内のパイプシャフト内に設置する給湯器で、「 強制給排気方式 」 というタイプのFF式の給湯器が適合しました。

強制給排気方式 ( FF式 ) は、屋外から燃焼用の空気を強制的に取り入れ、燃焼後の排気も強制的に屋外に排出する燃焼方式です。

給湯器は、10号、16号、20号、24号、28号などの号数があり、戸建住宅用やマンションの集合住宅用など、様々な種類があります。

給湯器の号数は、給湯量の違いで分類されていて、1リットルの水を1分間に25℃上昇させる能力を示します。

これは、「 水温+25 ℃ 」 のお湯を、1分間に何リットル出せるかということを示すもので、例えば水温+25 ℃のお湯を1分間に24リットル出せれば24号になります。

号数が大きいほど一度に大量のお湯を使う事ができて、家族の人数やお湯の使い方などから快適な号数を選ぶ必要があり、一般的な4人家族のご家庭の場合で24号が標準です。

10号はスポット給湯に最適で、16号は年間を通してシャワーが使え、20号はシャワーと給湯の同時使用が可能で、24号は余裕のパワーで冬場でもシャワーと給湯が同時に使え、28号はお湯はり9分、シャワーと2カ所の給湯が同時に使用できるパワフル給湯になります。

給湯器が古い場合は、リフォームのさいに同時に取り替えをされると、他の工事との兼ね合いで割安に取り替えができます。

屋内型給湯器の設置
給湯器の号数は、給湯量の違いで分類されていて、1リットルの水を1分間に25℃上昇させる能力を示します。
一般的な4人家族のご家庭の場合で24号が標準です。
給湯器が古い場合は、リフォームのさいに同時に取り替えをされると、他の工事との兼ね合いで割安に取り替えができます。

一覧