西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックスキッチン > バリアフリーリフォームのポイントとは

オープン対面キッチンへの変更にともない、カップボード ( 食器棚 ) の設置を行いました。 | 西宮市のキッチンリフォーム


西宮市のキッチンリフォームで、オープン対面キッチンへの変更にともない、カップボード ( 食器棚 ) の設置を行いました。

各メーカーにより呼び方が変わり、カップボード、ダイニングユニット、家電収納などと呼ばれますが、キッチン本体と同色、同柄で壁面に固定されるユニットの食器棚のことで、各メーカーから様々なカップボード ( ダイニングユニット、家電収納 ) が販売されています。

最近は、システムキッチンとカップボード ( 食器棚 ) を、色や柄をあわせてショールームなどで、同時に決めることが多くなっています。

今回の場合、ベースキャビネットとアッパーキャビネットの前面を、冷蔵庫の前面と合わすために、カップボードを20センチほど手前にふかして、そのふかしたスペースを利用してベースキャビネットとアッパーキャビネットの間に、奥行きが20センチで高さを調整できる2段分の可動棚を設けました。

カップボードには、家電蒸気処理ユニットを設置し、蒸気を排出する炊飯器やポットを収納できるようになりました。

ジャー炊飯器やジャーポットなどのキッチン家電から出る高温の蒸気は、キャビネットの面材を早く傷める原因ですが、この家電蒸気処理ユニットは、ジャー炊飯器やジャーポットから出る蒸気を吸い込む便利な機能です。

家電製品が動作すると電流を検知して、自動で運転を開始し強力なファンで蒸気を吸い込み、手前の排出口から蒸気を排出します。

ジャー炊飯器やジャーポットなどを、庫内に収納したまま使えるので、キッチンスペースをより広く活用でき、スライド棚を手前に引き出して使う事もできます。

カップボードの設置
ベースキャビネットとアッパーキャビネットの前面を、冷蔵庫の前面と合わすために、カップボードを20センチほど手前にふかして、そのふかし たスペースを利用してベースキャビネットとアッパーキャビネットの間に、奥行きが20センチで高さを調整できる2段分の可動棚を設けました。
また、家電蒸気処理ユニットを設置して、蒸気を排出する炊飯器やポットを収納できるようになりました。

一覧