西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックスキッチン > トイレに寿命ってあるの?

システムキッチンの取り替えにともない、給湯器の新設を行いました。 | 西宮市のキッチンリフォーム


西宮市のキッチンリフォームで、システムキッチンの取り替えにともない、給湯器の新設を行いました。

今回、流し台からシステムキッチンへの取り替えにともない、以前は、ガス小型瞬間湯沸かし器からお湯を出していたのを、キッチン水栓からお水とお湯が出るようにするため、新たに給湯器を設置しました。

一昔前によく使われていたガス小型瞬間湯沸かし器とは、スイッチを押したり給湯栓を開いたりすることで、ガスバーナーが点火され水を連続的に加熱して、ガス小型瞬間湯沸かし器の蛇口から湯を出す機器のことです。

ガス小型瞬間湯沸かし器の短所は、室内に燃焼排気を放出するため、能力が低いものに限定され湯量が少ないこと、使用時には室内に二酸化炭素の燃焼排気ガスが放出されるため、換気不足が続くと不完全燃焼が起こり、一酸化炭素中毒を起こす可能性があり、十分な換気を必要とするなどです。

近年のガス配管工事ですが、ガス用ステンレス鋼フレキシブル管を用いて、建物内を自在に配管するフレキシブル配管工法で、従来の鋼管より軽量かつ柔軟性に富んでいるため、ガス配管を容易に施工することが可能になり、見た目も悪く安全性にかけるガス小型瞬間湯沸かし器を、新たに採用する事はありません。

ガス小型瞬間湯沸かし器は、流し台のシンクの上部の壁面に固定するので邪魔になり、お水を出すさいはキッチンの蛇口から、お湯を出すさいは瞬間湯沸かし器からと、煩わしく手間がかかります。

今回は、全面的なリフォームにともない、ガス小型瞬間湯沸かし器をなくして、給湯器からキッチンまでお湯の配管を新設して、新たに給湯器を設置することで、キッチンの一つの水栓でお水とお湯を切り替えられて使いやすくなり、キッチンの壁面もすっきりシンプルにする事ができました。

以前の瞬間湯沸かし器の流し台
以前の流し台ですが、ガス小型瞬間湯沸かし器が設置されていました。
ガス小型瞬間湯沸かし器は、流し台のシンクの上部の壁面に固定するので邪魔になり、お水を出すさいはキッチンの蛇口から、お湯を出すさいは瞬間湯沸かし器からと、煩わしく手間がかかります。

瞬間湯沸かし器をなくして給湯器を設置
今回は、全面的なリフォームにともない、ガス小型瞬間湯沸かし器をなくして、給湯器からキッチンまでお湯の配管を新設して、新たに給湯器を設置することで、 キッチンの一つの水栓でお水とお湯を切り替えられて使いやすくなり、キッチンの壁面もすっきりシンプルにする事ができました。

一覧