西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックスキッチン > キッチンの取り替えにともない、マルチフードを採用しました。 | 西宮市のキッチンリフォーム

キッチンの取り替えにともない、マルチフードを採用しました。 | 西宮市のキッチンリフォーム


西宮市のキッチンリフォームで、キッチンの取り替えにともない、マルチフードを採用しました。

換気扇は、調理中の煙や湯気を効率よく排気して、快適な空間を保つために必要不可欠な設備機器で、各メーカーから機能、性能、デザイン、清掃性を高めた様々な商品が開発されています。

換気方法のファン ・ システムのおもな方式には、直接排気式 ( プロペラファンタイプ ) と、ダクト排気式 ( シロッコファンタイプ ) があります。

プロペラファンタイプは、屋外へ直接排気する ( 外壁の内壁に直接設置する ) 場合に設けるもので、従来の一戸建て住宅を中心によくみられるタイプで、羽が大きいほど換気量が多くなりますが騒音も増します。

シロッコファンタイプは、天井裏や壁などに施工されたダクトを通って、煙や湯気を排気口まで排出する方式で、最近ではシロッコファンが主流になっています。

シロッコファンは、羽根車に幅の狭い羽根が数多く付いているもので、フードに煙をためて拡散し、ダクトを利用するため4方向に自由に排気することが可能で、キッチンの様々なレイアウトに対応できます。

また、最近のスリム型レンジフードは、フード本体やフィルターなどの形や加工に工夫を施したものが多く、シンプルな形状で不必要な溝や凹凸を少なくし、汚れが溜まりにくくお掃除もしやすくなっています。

レンジフードのなかには、フィルターレスでグリスフィルターがないタイプもあり、水平方向に回転するファンの遠心力で、分離された油がオイルパックに回収される仕組みで、お手入れをさらに楽にしたものもあります。

以前のキッチン
以前のキッチンです。
収納の開き扉やガスコンロ、レンジフードなどの仕様が古いこともあり、取り替えをされたいとのご要望でした。

レンジフードはマルチフードを採用
レンジフードには、換気効率の良いマルチフードを採用しました。
フードの内側も外側も、凹凸をなくしたシンプルな形状で、スムーズに汚れが拭き取れます。
また、ガスコンロとマルチフードが連動して作動するので便利です。

スリム型レンジフードが主流
一昔前は、ブーツ型が多かったですが、最近はスリム型レンジフードが主流です。
従来のプロペラファンからシロッコファンに変更するさいは、専用のアタッチメントを用いることで、大掛かりな工事をせずにシロッコファンに取り替える事ができます。

一覧