西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス > リビングダイニング

リビングダイニング

リビングダイニングの床に床暖房を設置して、床暖房対応の磁器質タイルで仕上げました。 | 芦屋市のリフォーム


芦屋市のリフォームで、リビングダイニングの床に床暖房を設置して、床暖房対応の磁器質タイルで仕上げました。

リビングダイニングの床部分ですが、大阪ガス製のスラブ直貼り温水マットの取り替えを行い、フローリングから床暖房対応の磁器質タイルに貼り替えました。

リビングダイニングの床タイルは、リクシルの床暖房対応の磁器質タイル ・ チェルナで、大理石調で60センチ×60センチの大形タイルで、コンクリート、大理石、砂岩の3つのテイストを持つ大形内床シリーズです。

リビングダイニングの床を全面タイル貼りにした場合、夏は涼しくて快適ですが、 冬は冷たいので床暖房を設置されたいという声が多く、磁器質タイルは床暖房に適した素材です。

タイルの 「 熱伝導率 」 は、フローリングの約10倍になり、断熱材の場合、「 熱伝導率 」 はできるだけ低い方が良いですが、床暖房の仕上げ材と考えると、熱を伝えやすい ( 熱伝導率が高い ) 方が適しています。

また 「 蓄熱性 」 も、フローリングの約2倍になり、熱を伝えやすい性質のタイルですが蓄熱性も高く、一度暖まるとコンクリートのように、じわじわと熱を放出して冷めにくい性質をもっています。
 
デメリットは、施工上のタイルの下地の関係で、フローリングより暖まるのが遅く倍以上の時間がかかり、フローリングで床表面の温度が27℃になるまでの時間は30分~40分ですが、 タイルの場合は90分近くかかります。

フローリングの場合、床暖房パネルの上に直にフローリングを敷設できるのに対して、タイルの場合は、床暖房パネルの上に厚み12ミリの下地合板を敷いてから、 タイルを敷設するという納まりのためです。

約90分経ってから本来の温もりを発揮するタイルと、30分~40分程度で本来の温もりを発揮して結果を残すフローリングでは、どちらが良いかは生活スタイルにより異なり、一日の大半を暖房をした部屋で過ごすことが多いのであれば、タイルで床暖房を設置するのが良い選択になります。

以前のリビングダイニング
以前のリビングダイニングです。
住宅を購入され入居する前の全面的なリフォームにともない、フローリングから床暖房対応のタイルに、貼り替えをされたいとのご要望でした。

床暖房対応の磁器質タイル ・ チェルナ
大阪ガス製のスラブ直貼り温水マットの取り替えを行い、床暖房対応の磁器質タイルに貼り替えました。
タイルは、リクシルの床暖房対応の磁器質タイル ・ チェルナで、大理石調で60センチ角の大形タイルです。

以前のダイニングキッチン
以前のダイニングキッチンです。
リビングダイニングと同じように、キッチン部分もフローリングから床暖房対応のタイルに、貼り替えをされたいとのご要望でした。

床暖房に適した磁器質タイル
磁器質タイルは床暖房に適した素材で、 「 熱伝導率 」 は、熱の伝えやすさを示しフローリングの約10倍になり、 「 蓄熱性 」 は、熱の蓄えやすさを示しフローリングの約2倍の特徴があります。

戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、LEDダウンライトを設置しました。 | 宝塚市のリフォーム


宝塚市のリフォームで、戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、LEDダウンライトを設置しました。

リビングダイニングの中心にメインの照明 ( シーリングライト ) を設置することなく、LEDダウンライトを多数、バランスよく配置しました。

ダウンライトは、天井に埋め込み式で床を直接照らすタイプの照明で、性質はスポットライトに共通し、照らされた対象物を浮かび上がらせるため、高い演出効果を発揮するメリットがあり、シーリングライトよりも対象物を明るく美しく照らす事ができます。

近年では、生活シーンに合わせて照明器具を変えたり、光の色、種類、明るさ、方向などを工夫して、インテリア同様、光のコーディネートが注目されていています。

少し前までは1室1灯が当然でしたが、最近はリビングダイニングやインテリア性の高い部屋などで、ダウンライトの多灯照明が多く見られます。

従来のダウンライトでは、トイレや洗面所などのような狭い空間での使用には適していましたが、リビングダイニングなどの広さのある部屋では、光源として不足しがちでした。

近年、主流となるLED仕様のダウンライトの消費電力は、省エネルギーの10W ( ワット ) 前後で、光源寿命が40,000時間と驚くべき長寿命で、電球交換の手間が大幅に省け、白熱電球100W ( ワット ) 形相当のパワフルな明るさなので、リビングのような広さのある空間でも十分な光源として活用する事ができます。

ダウンライトの配灯を考えるさい、上からまっすぐ落ちてくる光だけではなく、その光の広がりや角度も考慮して、光によってアクセントを作り演出する事ができると、その空間の質をグレードアップさせる事ができます。

LEDダウンライトの設置
リビングダイニングの中心にメインの照明 ( シーリングライト ) を設置することなく、省エネルギーで驚くべき長寿命なLEDダウンライトを多数、バランスよく配置しました。

高い演出効果を発揮
ダウンライトは、天井に埋め込み式で床を直接照らすタイプの照明で、照らされた対象物を浮かび上がらせるため、高い演出効果を発揮するメリットがあり、シーリングライトよりも対象物を明るく美しく照らす事ができます。

省エネルギーで長寿命
LED仕様のダウンライトの消費電力は、省エネルギーの10W ( ワット ) 前後で、光源寿命が40,000時間と驚くべき長寿命になり、パワフルな明るさなので、リビングのような広い空間でも十分な光源として活用できます。

リビングダイニングと洋室の床を、カーペットからフローリングに貼り替える工事をしました。 | 西宮市のリフォーム


西宮市のリフォームで、リビングダイニングと洋室の床を、カーペットからフローリングに貼り替える工事をしました。

リビングダイニングと洋室を、カーペットから防音フローリングに貼り替えるにあたり、マンションの管理規約による遮音等級L-45をクリアしているアネックスNT直貼りフロアーを採用しました。

今回、使用した床材は、朝日ウッドテックのアネックスNT直貼りシートフロアーで、フローリングの表面がオレフィンシート貼りで、傷がつきにくく日焼けにも強く、お手入れが楽な人気のあるフローリングです。

フローリング材の裏に特殊クッションシートが貼られ、防音性能は、分譲マンションで最も多い基準になる遮音等級 L-45をクリアしています。

表面の化粧材には、EBコーティング+オレフィンシートのEBオレフィンシート加工が施され、日常生活の様々な場面でできる細かい擦り傷が起こりにくく、陽 ( 日 ) が当たっても艶 ( つや ) 退けや変色をしにくい性能をもっています。

表面の化粧材と合板の間に、機能材として硬質パワーシートを貼り合わせているので、キャスター付きの椅子やワゴンを使用したり、キャスター付き家具を移動させた場合でも、傷が付きにくい仕組みです。

お手入れのしやすいフリーワックス品で、頑固な汚れも拭き取りやすくお掃除が簡単になり、とくにワックスでのお手入れは必要なく、から拭き、もしくはよく絞った雑巾で拭くことになります。

食器や調理器具、容器類などの硬くて少し重いものを、うっかり落とした場合でも、衝撃落下傷が付きにくく凹みも目立ちにくくなっています。

静圧荷重傷も付きにくく、子供が椅子をガタガタさせたり、椅子に座って後ろに傾いた場合でも、凹み傷が目立ちにくくなっています。

以前のリビングダイニング
以前のリビングダイニングですが、カーペットがかなり古びて傷んでいました。
築後20年以上が経ったこともあり、カーペットから防音フローリングに貼り替えをされたいとのご要望でした。

カーペットから防音フローリングへ
リビングダイニングのカーペットから、防音フローリングに貼り替えるにあたり、マンションの管理規約による遮音等級L-45をクリアしている朝日ウッドテックのアネックスNT直貼りフロアーを採用しました。

アネックスNT直貼りフロアー
表面の化粧材には、EBコーティング+オレフィンシートのEBオレフィンシート加工が施され、日常生活の様々な場面でできる細かい擦り傷が起こりにくく、陽 ( 日 ) が当たっても艶 ( つや ) 退けや変色をしにくい性能をもっています。

以前の洋室
以前の洋室ですが、カーペットがかなり古びて傷んでいました。
築後20年以上が経ったこともあり、カーペットから防音フローリングに貼り替えをされたいとのご要望でした。

遮音等級 L-45をクリア
このアネックスNT直貼りフロアーは、遮音等級 L-45をクリアして、人気の高い木目柄を採用し8色柄を選択できて、傷がつきにくく日焼けにも強く、お手入れの楽な優れたフローリングです。

二部屋を一部屋にして明るい雰囲気のお部屋に変更しました。 | 西宮市の間取り変更リフォーム


西宮市の間取り変更リフォームで、二部屋を一部屋にして明るい雰囲気のお部屋に変更しました。

全面的なリフォームにともない、ダイニングキッチンとリビングの間仕切り壁や建具を取りのぞき、二部屋を一部屋にまとめ、広々としたリビングダイニングキッチンに間取り変更をされたいとのご要望でした。

最近は、このようなご要望が多く、狭く間仕切られた部屋をなくして、リビングダイニングキッチンなどの広くて開放感のある部屋に、レイアウトを変更するリフォームが多くなっています。

今回、昔ながらの暖炉風に装飾されたマントルピースも撤去して、二部屋を一部屋にまとめ、明るい雰囲気の広々したリビングダイニングキッチンに変更しました。

マントルピースとは、一昔前に流行ったもので、暖炉の焚き口の周辺部分の前飾りや飾り枠などを示し、洋室に設置する和室の 「 床の間 」 のような存在、空間です。

昔ながらの住宅で、実際に薪や焚き木で火を焚くことができない住宅でも、装飾や雰囲気作り、写真のディスプレイなどとしての意味合いで、設置されることが多くありました。

最近の主流としては、新たに設置することは少なく、部屋を広く活用したいとの要望から撤去して、壁や床の補修工事を行うことになります。

昔ながらの暖炉風に装飾されたマントルピースですが、撤去することでお部屋をすっきり広々使うことができて、新たにお洒落な家具などを設置すれば、お部屋の印象も大きく変わります。

以前のダイニングキッチンとリビング
全面的なリフォームにともない、ダイニングキッチンとリビングの間仕切り壁や建具を取りのぞき、二部屋を一部屋にまとめ、広々としたリビングダイニングキッチンに間取り変更をされたいとのご要望でした。

広々したリビングダイニングキッチン
今回のリフォームで、間仕切られた部屋をなくして、二部屋を一部屋にまとめ、明るい雰囲気の広々したリビングダイニングキッチンにレイアウトを変更する事ができました。

スリーエステクノの電気式床暖房システム 「 床暖だん 」 の設置を行いました。 | 西宮市のリフォーム


西宮市のリフォームで、スリーエステクノの電気式床暖房システム 「 床暖だん 」 の設置を行いました。

リビングダイニングとキッチンが、ひとつながりのリビングダイニングキッチンだったので、床暖房システムをリビングダイニングの床に1箇所と、キッチンとカップボードの間の床に1箇所で、2箇所に分けて設置しました。

また、リビングダイニングの床は広いので、2回路に分けることにより、部屋の半分ずつを暖められるようにしました。

床暖房は、ストーブなどのように室内に燃焼させるものがなく、火傷などの事故の心配が少ないので、お子様やお年寄りのいるお部屋でも安心です。

ストーブや温風ヒーターなどの本体や配線コードが、室内に露出することが無いので、空間がすっきり保て部屋のスペースを有効に使え、燃焼音や送風音などの音もなく静かで、空気の汚れも少なく臭いの心配もありません。

電気式床暖房システム 「 床暖だん 」 は、繊維状面発熱体という薄いシート状のヒーターを、床下地材の上に均等に敷き並べ、その上からフローリングを貼るという施工で、床暖房を主暖房として使用する場合、部屋面積の60%以上の敷設率が目安です。

基本操作は、壁に設置されたコントローラーの 「 入 」 「 切 」 「 温度調節 」 のみで行い、複雑な操作などの必要がなく気軽に簡単に使うことができて、スイッチを入れた直後からヒーターが暖まり始め、約40分程度で標準温度まで上がります。

床暖房は、ストーブや温風ヒーター、エアコンにはない頭部を冷やして足部を暖かくする 「 頭寒足熱 」 という理想的な環境を作り出し、下半身の血液循環が改善され、自律神経の安定や心身を体の芯からリラックスできる  「 足湯 」 と同じような原理で、健康に良いとされています。

床暖房を2箇所に分けて設置
床暖房システムを、リビングダイニングの床に1箇所と、キッチンとカップボードの間の床に1箇所で、2箇所に分けて設置しました。
また、リビングダイニングの床は広いので、2回路に分けることにより、部屋の半分ずつを暖めることができます。

キッチンとカップボードの間にも床暖房の設置
キッチン本体とカップボードの間の幅85センチの床部分にも床暖房システムの設置を行い、冬でも足元が暖かく快適にキッチンでの作業ができます。
床暖房は、頭部を冷やして足部を暖かくする 「 頭寒足熱 」 という理想的な環境を作り出します。