西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス外構 ・ 車庫 > 玄関リフォームで抑えておくべきポイントについて

裏庭部分にコンクリートを流し土間打ちの工事を行いました。 | 尼崎市の外構のリフォーム


尼崎市の外構のリフォームで、裏庭部分にコンクリートを流し土間打ちの工事を行いました。

以前は、土のままだったので雑草がはえていまたが、今回、コンクリートを流し金コテ押さえで平らにならすことで綺麗に仕上がりました。

犬走り、裏庭の通路や車庫 ( ガレージ ) の車路の土間を、コンクリートで仕上げて、人や自転車、車がスムーズに通れるようにする事はよくあります。

地面が土の場合、雨水が地面に染み込みますが、コンクリートの場合は、床になだらかな勾配をとり、雨水が端々に作った溝に流れるようにして排水します。

コンクリートは、セメント、骨材 ( 砂 ・ 砂利 ・ 砂石 )、水を、均質に練り混ぜて作られたもので、モルタルは、セメントと骨材 ( 砂 )、水で練り混ぜて作られたものです。

コンクリートは、鉄筋コンクリート造の柱や壁、住宅の基礎などの強度が必要なハードな部分に使われ、モルタルは、住宅の外壁やブロック塀のつなぎ目、タイルの下地などのソフトな部分に使われます。

コンクリートで仕上げることにより、庭が広いため大変だった雑草の草むしりの必要もなくなって見た目もよくなり、境界部分もはっきり明確になりました。

今回は、コンクリートで仕上げましたが、インターロッキングブロックで仕上げることもあります。

インターロッキングブロックは、透水性 ・ 保水性に優れ、さまざまな機能を有した製品があり、カラーやデザインパターンも、ニーズに合わせて選ぶ事ができるので人気があります。

以前の裏庭部分
以前は、土のままだったので、雑草が生えて草むしりに手間がかかるのを改善されたいとのことでした。
また、境界線部分に古い石が積まれているので、境界線をはっきり明確にされたいとのご要望でした。

コンクリート金コテ押さえ仕上げ
今回の外構リフォームで、コンクリートを流し平らにならすことで綺麗に仕上がりました。
庭が広いため大変だった雑草の草むしりの必要もなくなり、境界部分もはっきり明確になりました。

一覧