西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックストイレ > 和式トイレから洋式トイレに入れ替える工事を行いました。 | 西宮市のトイレリフォーム

和式トイレから洋式トイレに入れ替える工事を行いました。 | 西宮市のトイレリフォーム


西宮市のトイレリフォームで、和式トイレから洋式トイレに入れ替える工事を行いました。

最近は、あまり見なくなった和式トイレですが、一昔前の建物の場合、和式トイレもまだ使われています。

和式トイレは、使い勝手が悪いため、和式トイレから洋式トイレに入れ替えるリフォームも多くあります。

和式トイレから洋式トイレに変えるメリットは、ゆっくり楽に座れるのが一番のメリットで、無理のない姿勢でゆっくり排泄できて、健常者はもちろん、小さな子供から高齢者や介護が必要な方まで安心して利用できます。

また、和式トイレには当然のことながら、温かい便座に座ることができる暖房便座 ( ウォームレット ) や、デリケート部分の清潔さを保つ便利で快適な、温水洗浄便座 ( ウォシュレット ) ( シャワートイレ ) の取り付けはできません。

楽な姿勢で温かい暖房便座に座れて、温水洗浄便座で快適に洗浄できるのも、洋式トイレの優れた点になります。

洗浄水の使用量からみると、平均して和式トイレは8リットル、洋式トイレは5リットルなので、洋式トイレには節水のメリットもあります。

デメリットとしては、公共の洋式トイレなどで、他の人が座った便座に座るのが気になるという方もおられるので、そのような方の場合は、利用しずらいかもしれません。

今回は、洋式便器に変えた上で、床部分のタイルの補修が必要だったので、昔風の黒い丸モザイクタイルで補修しました。

今でも 同じ黒い丸モザイクタイルの商品があったので、綺麗に仕上げる事ができました。

以前の和式トイレ
最近は、あまり見なくなった和式トイレですが、一昔前の建物の場合、和式トイレもまだ使われています。
和式トイレは、使い勝手が悪いため、和式トイレから洋式トイレに入れ替えるリフォームも多くあります。

和式便器から洋式便器への取り替え
和式便器から洋式便器に変えた上で、床のタイルの補修も必要だったので、黒い丸モザイクタイルで補修しました。
洋式便器に変えたことで、建具の開き勝手を内開きから外開きに変更しました。

一覧