西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ

洗面所

洗面所の床部分に、床下収納庫の新設を行いました。 | 西宮市のサニタリーリフォーム


西宮市のサニタリーリフォームで、洗面所の床部分に床下収納庫の新設を行いました。

今回、洗面所の床部分に、60センチ×60センチのサイズで、深さが45センチほどの110リットルタイプの床下収納庫 ( 深型 ) を新設しました。

床下収納庫は、建物の床下につくる貯蔵場所のことで、床下の空間を上手に利用して物品が収納できて、キッチンや洗面所などの水まわりの床によく設置されます。

2階部分に設置するさいは、深さ45センチほどの深型の床下収納庫は、階高のからみで寸法的に無理なことが多いため、深さ30センチほどの浅型タイプを設置することになります。

床下の空間は、室内よりも比較的低温であることから、食品などの貯蔵にも多く使用されます。

キッチンなどの作業動線では、目線から腰までの高さが一番動きやすい場所になります。

一方、床下収納庫は、しゃがんで膝をつき蓋を開けて中の物を取り出すという収納や取り出しまでのアクションが多いため、よく使う物の収納には不向きですが、年に数回取り出すような使用頻度の低い物の収納先には適しています。

具体的には、手づくり味噌、梅酒、梅干しなどの保存食、万が一の非常食、非常用の飲料水 ( ペットボトル ) などの収納に向いています。

床下収納庫は、中の収納ユニットを外せば床下点検口にもなるので大変便利です。

床下点検口は、床鳴りの修繕や床下の状態を確認する調査、万が一の水漏れなどの水道管の修繕、白蟻の発生を防止するための防蟻工事、ガス管、電気配線の点検やメンテナンスなどにも活用できます。

洗面所に床下収納庫を設置
お客様のご要望により、洗面所に深型の床下収納庫を新設しました。
床下収納庫は、建物の床下につくる貯蔵場所のことで、床下の空間を上手に利用して物品が収納できて、キッチンや洗面所などの水まわりの床によく設置されます。

使わなくなったデッキスペースに、水まわり設備を移設する工事を行いました。 | 西宮市の水まわりリフォーム


西宮市の水まわりリフォームで、使わなくなったデッキスペースに、水まわり設備を移設する工事を行いました。

使っていないデッキスペースを有効に利用して、浴室や洗面所の水まわり設備を、移設されたいとのご要望でした。

水まわりの設備が元々ある場所を工事する場合には、とくに問題ありませんが、水まわりの設備がない場所に水まわりを新設する場合には、排水種別や排水経路を考慮する必要があります。

下水道の排水方式は、地域により異なりますが、汚水と雨水を別々の下水道管で流す分流式と、汚水と雨水を同じ下水道管で流す合流式があります。

その下水道の排水方式に適応させて、人体から排出された屎尿 ( しにょう ) の汚水、台所や洗面所や浴室からの雑排水、雨水 ( あまみず ) の雨水 ( うすい ) に分別して、施工する必要があります。

また、上水の給水や給湯の配管に水勾配は一切関係ありませんが、排水の経路 ・ 勾配が重要になってきます。

排水管は、所要の下水量を支障なく流すために、適切な水勾配 ( 角度 )、管径 ( 太さ )  にする必要があります。

排水管を配管する場合、水勾配について 1/100 ~ 2/100 ( 1% ~ 2% ) が一般的で、1メートルあたり、1センチ ~ 2センチの勾配、落差がつくことになります。

下水道の宅内配管の規定では、1メートルあたり、2% ( 2センチ ) の水勾配の基準が推奨されています。

このような基準を満たす排水種別や排水経路を考慮して、配管の取り回しを行わないと、スムーズに排水できなくなり、漏水したり逆流したり臭いが上がってくる事があるので注意が必要です。

使わなくなっていたデッキ部分
以前の使わなくなっていたデッキ部分です。
このデッキ部分のスペースを有効に利用して、洗面所と浴室の水まわり設備を、移設されたいとのご要望でした。

洗面所の水まわり設備を移設
使わなくなったデッキスペースに、洗面所の水まわり設備を移設する事ができました。
水まわりの設備が元々ある場所を工事する場合には、とくに問題ありませんが、水まわりの設備がない場所に水まわりを新設する場合には、排水種別や排水経路を考慮する必要があります。

使わなくなっていたデッキ部分
以前の使わなくなっていたデッキ部分です。
このデッキ部分のスペースを有効に利用して、洗面所と浴室の水まわり設備を、移設されたいとのご要望でした。

浴室の水まわり設備を移設
使わなくなったデッキスペースに、浴室の水まわり設備を移設する事ができました。
排水管を配管する場合、水勾配について 1/100 ~ 2/100 ( 1% ~ 2% ) が一般的で、1メートルあたり、1センチ ~ 2センチの勾配、落差がつくことになります。

賃貸住宅の全面的なリフォームにともない、洗濯機置き場を室内に新設しました。 | 神戸市のサニタリーリフォーム


神戸市のサニタリーリフォームで、賃貸住宅の全面的なリフォームにともない、洗濯機置き場を室内に新設しました。

以前は、昔ながらの単身者用の賃貸住宅ということもあり、洗濯機置き場がなくて不便だったため、間取りを変更して冷蔵庫と横並びに洗濯機置き場を確保しました。

一昔前の賃貸住宅の場合、洗濯機スペースが部屋内に、元々はじめから無いこともありました。

その場合、1階や地下に設けてある洗濯機と乾燥機を、住人で共同で使用する場合もあれば、個々にコインランドリーを利用することになります。

最近の賃貸住宅は、単身者用のワンルームタイプでも、洗濯機を室内に置くことが一般的になっています。

また、一般的な住宅の場合、洗面所に洗面化粧台と洗濯機を、並べて置くことが当然になっていますが、一昔前の住宅の場合、洗濯をベランダや庭で行う事もよくありました。

外部に洗濯機を設置する問題として、洗濯機に雨風が直接あたるため早く傷んでしまい、夜遅い時間帯に洗濯を行うと近所へ迷惑がかかります。

今回は、賃貸住宅用のお部屋のリフォームで、間取りの変更を行い洗濯機置き場を室内に新設して、快適に使う事ができるようになりました。

限りある1DKという間取り、面積でしたが、コンパクトキッチン、冷蔵庫、洗濯機、下足収納と横並びに無駄なくスマートに収める事ができました。

冷蔵庫と横並びに洗濯機置き場を新設
以前は、昔ながらの単身者用の賃貸住宅ということもあり、洗濯機置き場がなくて不便だったため、今回の全面的なリフォームにともない、間取りを変更して洗濯機置き場を確保しました。
限りある1DKという間取り、面積でしたが、コンパクトキッチン、冷蔵庫、洗濯機、下足収納と横並びに無駄なくスマートに収める事ができました。

西宮市の人生80年いきいき住宅改造助成工事を行い、車いす対応の洗面化粧台への取り替えを行いました。 | 西宮市の介護リフォーム


西宮市の介護リフォームで、西宮市の人生80年いきいき住宅改造助成工事を行い、手洗い器から車いす対応の洗面化粧台への取り替えを行いました。

今回、設置した洗面化粧台 ( 洗面ドレッシング ) は、車いす対応の 「 パナソニック アクアハート洗面シリーズ 」 という住宅とパブリック施設向けの洗面化粧台です。

車いすに座ったままでも、ひざ上にゆとりのある薄型カウンターで、奥行きは使いやすい50センチです。

洗面カウンターは、洗面ボールと一体型で、直線主体のすっきり洗練されたフォルムで、両サイドにはタオルやメイクの小物を並べる事ができます。

カウンター手前の厚みは、わずか26ミリで手で握りやすい形状で、車いす使用時の引き寄せのしやすさに配慮され扱いやすくなっています。

また、フロアキャビネットは、車いすでも足元がゆったり入る設計で、カウンターの高さは、車いすでも立ち姿勢でも使いやすい75センチに設定しています。

車いすだけではなく、普通の椅子に座りながらでも使えるので、家族みんなに優しい設計になっています。

さらに、フロアキャビネットは、収納 ・ オープン両用プランもあり、ドライバー1本で簡単に扉を外せて、車いすや腰を掛けたまま使えるようにできるので、今すぐ車いすに対応していなくても将来的に考えている方にもお勧めです。

収納もできるだけほしいとのご要望のため、同じパナソニックのシーラインやエムラインのサイドキャビネットとアッパーキャビネットを組み合わせることにより、収納スペースも多めに確保できました。

以前の洗面所
以前の洗面所には、手洗い器しかなく不便な状態でした。
介護リフォームにともない、車いすでも使いやすい洗面化粧台を設置されたいとのご要望でした。

洗面化粧台の取り替え
今回、設置した洗面ドレッシングは、パナソニックの車いす対応、アクアハート洗面です。
カウンター手前の厚みは、わずか26ミリで手で握りやすい形状で、車いす使用時の引き寄せのしやすさに配慮され扱いやすくなっています。

パナソニック 車いす対応アクアハート洗面
車いすだけではなく、普通の椅子に座りながらでも使えるので、家族みんなに優しい設計になっています。
同じパナソニックのシーラインやエムラインのサイドキャビネットとアッパーキャビネットを組み合わせることにより、収納スペースも多めに確保できました。

イケア製のオリジナル洗面化粧台の設置を行いました。 | 西宮市のサニタリーリフォーム


西宮市のサニタリーリフォームで、イケア製のオリジナル洗面化粧台の設置を行いました。

今回の間取り変更にともなうリフォームで、設置する洗面化粧台は、お客様の方で購入し施主支給をされるイケア製のオリジナルの洗面化粧台です。

イケアは、スウェーデン発祥の企業で、2006年に日本に出店してきた来店型の大型店舗で、ヨーロッパや北米、アジアなど世界各国に出店している世界最大の家具販売店です。

日本で国内200店舗以上のインテリア ( 家具 ) 小売業の大手、ニトリと同じで、インテリア商品や大型の家具類を、製造、販売しています。

このイケア製のオリジナル洗面化粧台を、お客様の方で購入し施主支給をしてもらい、弊社の方で取り付けさせていただきました。

今回の洗面所の拡張にともなう間取り変更のリフォームで、以前の洗面所とトイレの窓は、洗面所に2列に並ぶ事になりました。

また、洗面化粧台のトールキャビネットの取り付く左側の壁の厚みを調整して、洗面化粧台の水栓金具が窓と窓の間になるように工夫しました。

間口が2メートルほどに拡がり広くなった洗面所スペースに、洗面化粧台と横並びに洗濯パンも設置して、きれいに収まりました。

以前の狭い洗面化粧台
以前の洗面所スペースは狭く、幅の狭い洗面化粧台が設置されていました。
間取りの変更を行い、広めの洗面所スペースにして、イケア製のオリジナル洗面化粧台を設置されたいとのご要望でした。

イケア製のオリジナル洗面化粧台
間取り変更にともなうリフォームで、洗面所のスペースアップを行いました。
洗面化粧台は、お客様のご希望のイケア製のオリジナル商品で、洗面化粧台と洗濯パンも横並びにして綺麗に収まりました。

洗面所の拡張リフォーム
洗面所を拡張する間取り変更のリフォームで、以前の洗面所とトイレの窓は、洗面所に2列に並ぶ事になりました。
洗面化粧台のトールキャビネットの取り付く左側の壁の厚みを調整して、洗面化粧台の水栓金具が窓と窓の間になるように工夫しました。