西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス洋室 > オープンキッチンのデメリット

洋室の床をカーペットからフローリングに貼り替える工事を行いました。 | 西宮市の床のリフォーム


西宮市の床のリフォームで、洋室の床をカーペットからフローリングに貼り替える工事を行いました。

マンションのリフォームで、床のカーペットを高級感のあるフローリングに貼り替える工事をよく行います。

カーペットの場合、表面仕上げ材の下に、厚みが約10ミリのニードルフェルトが敷きこまれていて、吸音 ・ 防音 ・ 緩衝効果を保っています。

フローリングに変更する場合は、それと同等の吸音 ・ 防音 ・ 緩衝効果にするため、フローリングの裏面にクッション材が貼られている防音フローリングを貼る必要があり、歩行するとクッション性があり、フワッとした踏み心地を感じるフローリングです。

一般的にマンションの場合、管理規約での決まりがあり、カーペットからフローリングに貼り替える場合は、遮音等級 L-45もしくはL-40のフローリングを貼る必要があります。

今回、採用した防音フローリングは、長年の実績のある永大産業のダイレクトエクセルシリーズで、遮音等級 L-45とL-40の両方の遮音性能に対応しています。

床の遮音性能の場合、数字が小さいほど遮音性能が高くなるので、L-45よりL-40の商品の方が、遮音性能が高くなり価格も高価になります。

マンションのフローリング工事をお考えの方は、管理組合の管理規約を、お調べになってみて下さい。

管理規約は、区分所有された建物 ( マンション等 ) の管理組合の根本規約をいい、マンションの管理や使用に関する事項を定めることにより、区分所有者の共同の利益と、良好な住環境を確保することを目的とされています。

マンションのフローリング工事
採用した防音フローリングは、長年の実績のある永大産業のダイレクトエクセルシリーズで、遮音等級 L-45とL-40の両方の遮音性能に対応しています。

カーペットからフローリングへ
床の遮音性能の場合、数字が小さいほど遮音性能が高くなるので、L-45よりL-40の商品の方が、遮音性能が高くなり価格も高価になります。
マンションのフローリング工事をお考えの方は、管理組合の管理規約を、お調べになってみて下さい。

一覧