西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス洋室 > テラスハウスのリフォームにともない、壁の一面にアクセントクロスを採用しました。 | 芦屋市の内装のリフォーム

テラスハウスのリフォームにともない、壁の一面にアクセントクロスを採用しました。 | 芦屋市の内装のリフォーム


芦屋市の内装のリフォームで、テラスハウスのリフォームにともない、壁の一面にアクセントクロスを採用しました。

洋室部分の壁の一面に、ライトブルー調の千番代のアクセントクロスを採用して、綺麗に仕上がりました。

一昔前は、住宅で壁の一面だけのクロスを変えることは、あまりなかったですが、今ではよく行われる手法で、部屋が普通すぎるので何か変化が欲しい場合、予算をかけずにお部屋にアクセントを付ける事ができます。

クロスは、一般的に大きく分けて千番代クロスと量産クロスがあり、アクセントに使われるクロスは、種類が豊富で様々な模様やカラフルな色柄のある千番代クロスになります。

クロスメーカーは、国内メーカーの場合、サンゲツ、東リ、シンコール、リリカラ、トキワ、ルノン になり、各メーカーともに多くのクロスの種類があり、その組み合わせになると、かなりのパターンが考えられます。

アクセントクロスを上手に使うことで、お部屋にアクセントを付けると同時に、狭い空間を広く見せることもできて、狭い空間を広く見せるには、明るい色 ( 膨張色 ) を選ぶ、部屋の左右で違う色にする、部屋の長手方向にアクセントクロスを貼るなどがポイントです。

アクセントクロスは、個人の好みによるものなので、正解がないともいえますが、お部屋の4面のうち、3面は通常の白っぽいクロスで仕上げて、変化をつけたい1面のみを、彩度 ( 色の鮮やかさ、強さ ) の高いクロスを選ぶことが多くなります。

色を左右する3つの属性は、「 色相 」 「 明度 」 「 彩度 」 によって表され、「 色相 」 は色の方向を表す属性、「 明度 」 は色の明るさを表す属性、「 彩度 」 は色の鮮やかさを表す属性です。

クロスに限らず色を左右する 「 色相 」 「 明度 」 「 彩度 」 の3つの属性は、床や建具などの建材、水まわりの住宅設備、照明、インテリアなど、全てに共通することなので大切な要素になります。

アクセントクロスの採用
洋室部分の壁の一面に、ライトブルー調の千番代のアクセントクロスを採用して、綺麗に仕上がりました。
アクセントクロスは、お部屋の4面のうち、3面は通常の白っぽいクロスで仕上げて、変化をつけたい1面を彩度の高いクロスで仕上げることが多くなります。

一覧