西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックスエクステリア > 部屋を広く見せる方法について

外構の裏庭部分にアルミフェンスの設置を行いました。 | 尼崎市のエクステリアリフォーム


尼崎市のエクステリアリフォームで、外構の裏庭部分にアルミフェンスの設置を行いました。

裏庭部分ですが以前は土のままでしたが、今回、土間をコンクリートで仕上げて、隣地との境界の目隠し部分にアルミフェンスを設置しました。

エクステリアのフェンスやスクリーンは、敷地と敷地の隣地境界線や道路と敷地の道路境界線に設置して、敷地を明らかにする事ができます。

また、目隠しの機能を持たせて視線をさえぎりプライバシーを守ることや、外部からの悪質な侵入者を防ぎ防犯の面でも役立ちます。

設置するさいは、玄関や窓のアルミサッシ、門扉、車庫のカーポートなどのエクステリア商品とコーディネートして、色あいを合わせると綺麗です。

アルミフェンスにも、いろいろな種類があり、視線を完全にシャットアウトしてしまう完全目隠しタイプや、視線は重視せずに網目があらい採風タイプ、採光タイプのインテリア重視のものなど様々です。

格子の形状は、縦格子、横格子、ひし形の斜め格子などの種類があります。

高さは、大きく分けて60センチ、80センチ、1メートル、1.2メートル、1.4メートルの5種類の設定になります。

フェンスの高さは、場所ごとにあわせて設定することが大切で、今回の場合は、高めの設定にして下部分をコンクリートで立ち上げ、高さ1.4メートルのフェンスを設置しました。

アルミフェンスの設置
アルミフェンスは、目隠しの機能を持たせてプライバシーを守り、外部からの侵入者を防ぐ事ができます。
アルミフェンスの高さは、大きく分けて60センチ、80センチ、1メートル、1.2メートル、1.4メートルという設定になります。

一覧