西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックスキッチン > 壁付け I 型キッチンから、ペニンシュラ I 型対面キッチンに取り替えました。 | 西宮市のキッチンリフォーム

壁付け I 型キッチンから、ペニンシュラ I 型対面キッチンに取り替えました。 | 西宮市のキッチンリフォーム


西宮市のキッチンリフォームで、壁付け I 型キッチンから、ペニンシュラ I 型対面キッチンに取り替えました。

ペニンシュラとは、 「 半島 」 という意味で、オープンキッチンもしくはセミオープンキッチンに用いられ、キッチンの左右のどちらかが壁に接して、その壁から半島 ( ペニンシュラ ) 状に突き出させる形の対面キッチンのことです。

「 壁付け I 型キッチン 」 よりもカウンターの奥行きが広くフルフラットの形状で、ダイニングと対面させるレイアウトになり、ダイニング側にも収納を設ける事ができます。

また、テーブルカウンター仕様にして椅子を用意すれば、バーカウンターのように使うこともできて、カウンターの上で軽食をとったり、家事をしながら軽いデスクワーク作業もできます。

アイランド型 ・ ペニンシュラ型は、壁付け I 型キッチンに比べて価格が高くなるので、低予算で対面型キッチンを実現したい場合には、カウンターまでの高さの 「 造作壁 」 を作り、この壁に I 型キッチンを設置して 「 対面キッチン 」 という方法もあります。

ペニンシュラ型のメリットは、オープンなのでキッチンが広く感じられ、キッチンで調理をしながら、ダイニングやリビングを見渡せて会話をする事もできるので、暖かい家族団らんの雰囲気を感じられたり、小さなお子様がいるご家庭でも安心して調理ができます。

奥行きが97センチもあるキッチンカウンターは配膳にも便利で、吊り戸棚が無いため一体的な開放的が得られ、キッチンスペースにも窓から光が入ってくるため明るい雰囲気になりました。

以前のキッチン
以前のキッチンです。
壁付け I 型キッチンから、開放感のある対面キッチンに変更されたいとのご要望でした。

ペニンシュラ I 型対面キッチンへ
従来の壁付け I 型キッチンから、 ペニンシュラ I 型対面キッチンに変更しました。
白色を基調にしたホワイトテイスト感に、清潔感を感じます。

使い勝手の良いオープンキッチン
キッチン本体は、幅が273センチ、奥行きが97センチあり、使い勝手の良いキッチンになりました。
背面のカップボードも、幅が273センチ、奥行きが45センチあるので、かなりの収納ができます。

キッチンとカップボードの間に床暖房の設置
キッチン本体とカップボードの間の幅85センチの床部分にも、床暖房が設置されています。
床暖房の設置により、冬でも足元が暖かく快適にキッチンでの作業ができます。

一覧