西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックスリビングダイニング > システムキッチンであることのデメリットとは

ダイニングの壁面を利用して薄型液晶テレビの壁掛けを行いました。 | 西宮市のリフォーム


西宮市のリフォームで、ダイニングの壁面を利用して薄型液晶テレビの壁掛けを行いました。

以前は、ダイニングにテレビを置くスペースもなく、テレビ配線もなかったので、テレビを見れなかったですが、今回のリフォームでテレビ配線を新設し、建具と天井の間の壁を利用して薄型の液晶テレビを設置しました。

従来のブラウン管テレビでは出来ないことですが、薄型の液晶テレビは、壁に取り付けられるのも良い点で、壁に取り付けることで部屋が広く使えて省スペースですみます。

お部屋のインテリアを考える場合、まずはじめにテレビの場所が検討されますが、テレビを壁掛けにすることにより、効果的なインテリア対策になり、お洒落な雰囲気にできます。

各メーカーの液晶テレビには、壁面に取付けるための壁掛け用金具がオプションで用意されていて、市販品でも左右に首を振り角度を変えられたり、目立たない白色に塗装されたものなど、様々な壁掛け用金具が販売されています。

工事は、できるかぎり配線が隠れるように、壁の中や天井裏にテレビの電源とアンテナ線を配線し、コンセントとアンテナジャックをテレビの裏側に設置して、壁掛け用金具を取り付けるための下地材をいれて、壁掛け用金具を取り付けテレビをセットするという工事です。

また、ブルーレイレコーダーを少し離れたラックなどに設置する場合は、テレビとブルーレイレコーダー間を、アンテナケーブルとHDMIケーブルを配線して接続する必要があります。

あらかじめ壁内や天井裏に、アンテナケーブルとHDMIケーブルを配線しておくことで、配線が見えることなく、ブルーレイレコーダーでの再生や録画を楽しむ事ができます。

液晶テレビの壁面取付け
以前は、テレビ配線がなく、ダイニングでテレビを見る事ができなかったですが、今回のリフォームでテレビ配線を新設し、壁面に薄型の液晶テレビを設置しました。

一覧