西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス屋根 ・ 陸屋根 > 外壁塗装のカバー工法って?

既存の屋根材の上から新しい屋根材を重ねて貼るカバー工法を行いました。 | 尼崎市の屋根のリフォーム


尼崎市の屋根のリフォームで、既存の屋根材の上から新しい屋根材を重ねて貼るカバー工法を行いました。

屋根のカラーベストですが、雨風にさらされる傷みやすい部分で、直射日光に当たるので外壁よりも経年劣化がはげしい部分です。

あまり放っておくと、屋根材の素地が見えてくるので、見栄えが悪いだけでなく雨漏りの原因になります。

和瓦や洋瓦の場合はできませんが、カラーベスト屋根の場合は、既存の屋根材をめくらずに上から新しい屋根材を重ねて貼る事ができます。

カバー工法といわれるもので、古い屋根材を解体、撤去しないので、人件費や処分費がかからず工事費用を抑える事ができます。

古い屋根材が新しい屋根材の下にあっても、特別、悪く影響する事はないため、理にかなった工法といえます。

採用した屋根材は、耐久性と遮音性に優れている遮熱鋼板を使用した、ニチハという大手メーカーの横暖ルーフシリーズのスタンダードモデル ・ きわみという屋根材です。

横暖ルーフのきわみの表面材は、厚み0.35ミリの塗装高耐食GL ( ガルバリウム ) めっき鋼板で、芯材には断熱性のある硬質ウレタンフォームが使われていて、平らな形状で下地の多少の凹凸 ( おうとつ ) になじむので、古いカラーベストの上から重ねて貼る事ができます。

金属製屋根材の横暖ルーフシリーズには、きわみ以外にもアルファ、デラックス、プレミアム、ハイブリットなどの遮熱鋼板を使用した耐久性と遮音性に優れた商品があります。

以前の大屋根
屋根のカラーベストですが、雨風にさらされる傷みやすい部分で、直射日光に当たるので外壁よりも経年劣化がはげしい部分です。
あまり放っておくと、屋根材の素地が見えてくるので、見栄えが悪いだけでなく雨漏りの原因になります。

新しい屋根材を上貼りするカバー工法
カラーベスト屋根の場合、今の屋根材をめくって撤去せずに、上から新しい屋根材を貼る事が可能です。
カバー工法といわれるもので、古い屋根材を解体、撤去しないため、工事費用を抑える事ができます。
屋根材は、遮熱鋼板を使用した横暖ルーフシリーズのスタンダードモデル ・ きわみという商品です。

一覧