西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックスバルコニー・ベランダ > トイレリフォームを成功させるポイント〜壁・床選び編〜

マンションのバルコニーにウレタン防水を施工しました。 | 西宮市の外装リフォーム


西宮市の外装リフォームで、マンションのバルコニーにウレタン防水を施工しました。

今回、採用したウレタン防水 ( ウレタン塗膜防水工法 ) は、ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、ポリオールを主成分とする硬化剤を、撹拌して塗膜する防水工法です。

ウレタン防水 ( ウレタン塗膜防水工法 ) は、液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が化学反応により硬化すると、ゴム状で弾性があり一体性のある防水膜が出来あがります。

液体状の材料を使って現場で仕上げる工法で、複雑な形状をした場所でも下地に馴染みやすく、水密性が高く継ぎ目のない連続皮膜が得られます。

また、ウレタン防水 ( ウレタン塗膜防水工法 )は、密着工法と通気緩衝工法があります。

密着工法は、ウレタン防水材を塗布して補強布を張り付け、さらにウレタン防水材を塗布して所定の厚さに仕上げる工法です。

通気緩衝工法は、通気性能を有する通気緩衝シートを張り付け、その上にウレタン防水材を塗布することで形成される工法になります。

ウレタン防水は、屋上、陸屋根、ベランダ、ルーフバルコニーなど、あらゆる場所に施工され、数ある防水工法のなかでも価格的に安価な点もメリットで、寿命は10年~15年ほどです。

ウレタン防水の膜厚が薄い部分は、紫外線により早期劣化が生じやすく、気温の変化により下地の挙動に追従できずに亀裂の原因になるので、所定の使用量を守り、ある程度の厚みの防水層を形成して均等に塗布することが大切です。

バルコニーのウレタン防水
以前の防水層が傷んでいたので、経年劣化に強く丈夫なウレタン防水 ( ウレタン塗膜防水工法 ) を施工しました。
丁寧な施工により綺麗に仕上りました。

経年劣化にも強く丈夫なウレタン防水
ウレタン防水 ( ウレタン塗膜防水工法 ) は、液体状の材料を使って現場で仕上げる工法で、複雑な形状をした場所でも下地に馴染みやすく、水密性が高く継ぎ目のない連続皮膜が得られます。

一覧