西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックススケルトンリフォーム ・ 全面リフォーム > 2世帯住宅になるときに注意したいこと

間取りの変更工事を行い広々とした部屋ができました。 | 神戸市の全面リフォーム ( リノベーション )


神戸市の全面リフォーム ( リノベーション ) で、間取りの変更工事を行い広々とした部屋ができました。

家族が少なくなったこともあり、狭いそれぞれの部屋を、1室のリビングダイニングキッチンにまとめ、開放感のある部屋にされたいとのご要望でした。

以前の1階部分は、居間、ダイニングキッチン、和室と3つの部屋に分かれていて、和室部分に敷居による3センチの段差がありました。

今回のリノベーションにより、ライフスタイルに合わせ、和室をなくして1室にまとめ、リビングダイニングキッチン ( LDK ) に変更することで、床面に段差のないバリアフリーのすっきり広々とした空間ができました。

細かく仕切られた1階部分を、すべてリビングダイニングキッチンに変更して、寝室を2階に上げることで、1階部分を広く使う事ができます。

不意な来客のさいも、1階部分だけで対応することができて、寝室を2階にすることでプライバシーも守られます。

最近のリフォームでは、せまい部屋を数多くとらないで、壁や建具などで細かく仕切られた部屋を、リビングダイニングキッチン ( LDK ) などの広くて開放感があり、段差の無い1室にすることはよく行います。

また、従来は、昔ながらの伝統工法の名残りで、和室といえば敷居で3センチの段差を設けて、1段上げることが一般的でしたが、最近は、和室を設ける場合でも、出入口部分に段差を設けずフルフラットにして、バリアフリーに設計されることが多くなっています。

以前の居間、ダイニングキッチン
以前は、居間、ダイニングキッチン、和室と3つの部屋に分かれていました。
家族が少なくなったこともあり、狭いそれぞれの部屋を、1室のリビングダイニングキッチンにまとめ、開放感のある部屋にされたいとのご要望でした。

1室にまとめリビングダイニングキッチンへ
今回の全面リフォーム ( リノベーション ) により、ライフスタイルに合わせ、和室をなくして1室にまとめ、リビングダイニングキッチン ( LDK ) に変更することで、床面にフルフラットで段差のない、バリアフリーのすっきり広々とした空間ができました。

リビングダイニングキッチンへの変更
細かく仕切られた1階部分を、すべてリビングダイニングキッチンに変更して、寝室を2階に上げることで、1階部分を広く使う事ができます。
壁や建具などで細かく仕切られた部屋を、リビングダイニングキッチンなどの広くて開放感があり、段差の無い1室にすることはよく行う工事です。

一覧