西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス洋室 > 独立型キッチンのメリットとは

半地下の車庫を洋室に変更する工事を行いました。 | 神戸市の間取り変更リフォーム


神戸市の間取り変更リフォームで、半地下の車庫を洋室に変更する工事を行いました。

今回、奥行きのある半地下の車庫の半分ほどを、洋室に間取り変更して、1階部分と直接行き来ができるようにされたいとのご要望でした。

地下 ( 1階 ) に車庫があり、1階 ( 2階 ) 、2階 ( 3階 ) 建てで、鉄筋コンクリートと木造を併用した構造で、昭和50年代ごろの一昔前によく建てられていた住宅です。

洋室にリフォームするにあたり、床は木質フローリング、天井や壁はクロスで綺麗に仕上げました。

部屋として使うために、照明設備やテレビ配線の電気工事、エアコンなどの空調工事も行い、快適に使う事ができるようになりました。

また、半地下部分と1階部分の間のコンクリートのスラブをくり貫いて、互い違い階段 ( ロフト階段 ) を設け、半地下の洋室部分から1階部分に直接行き来ができるようにしました。

互い違い階段とは、ロフト階段とも呼ばれ、足を乗せる踏板部分が互い違いになっている階段です。

通常の階段に比べ、踏板部分を互い違いにすることによって、足を乗せる踏板部分の幅は狭くなりますが、奥行きは通常の階段と同じように確保して、短いスペースで緩やかな階段を設置する事ができます。

半地下の車庫のため限られた高さでしたが、180センチほどの天井高さを確保することができ、趣味などに使う多目的なフリースペースをつくる事ができました。

ガレージをフローリング貼りの洋室へ
床は木質フローリング、天井や壁はクロスで綺麗に仕上げました。
半地下部分と1階部分の間のスラブをくり貫いて、互い違い階段 ( ロフト階段 ) を設け、半地下の洋室部分から1階部分に直接行き来ができるようにしました。

照明や空調設備も新設
部屋として使うために、照明設備やテレビ配線の電気工事、エアコンなどの空調工事も行い、快適に使う事ができるようになりました。
180センチほどの天井高さを確保することができ、趣味などに使う多目的なフリースペースをつくる事ができました。

一覧