西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス

リフォームトピックス

テラスハウスのリフォームに伴い、システムキッチンとカップボードを設置しました。 | 芦屋市のキッチンリフォーム


芦屋市のキッチンリフォームで、テラスハウスのリフォームに伴い、システムキッチンとカップボードを設置しました。

築15年ほどの鉄筋コンクリート造のテラスハウスを購入して、お好みのシステムキッチンに取り替えるリフォームのご要望で、以前の古いキッチンから機能性に優れたシステムキッチンに変更しました。

テラスハウスとは、境界壁を共有する複数の戸建て住宅が、連続している形式の低層集合住宅のことで、複数の建物が連ねて建築されていて、独立した庭やテラスを各住戸に設ける事ができます。

一戸建て住宅が繋がった状態を想像すれば分かりやすく、連棟建て住宅 ( または連続建て住宅、長屋建て住宅 ) といわれ、それぞれの敷地に独立した一戸建て住宅を建てるよりも、効率の良い敷地利用が可能になり、建築コストの面でも抑える事ができます。

デメリットとしては、隣家と壁が繋がっているため、少なくとも一面には窓が設置できないこと、隣家に様々な生活音が伝わりやすいこと、リフォームをするさいに一定の制約が生じること、単独での建て替えは困難なことなどです。

隣家に接する側に、それぞれクローゼット ・ 納戸 ・ 押入れなどの収納や、浴室 ・ 洗面所 ・ トイレなどの水まわりを設置することにより、隣家への生活音の問題を軽減する事ができます。

鉄筋コンクリート造のテラスハウスのため、住居の部屋内に大きな梁型がありましたが、キッチンのカップボードに梁型が直交に交差する部分も、収納にして扉を L 型に加工し、吊戸棚収納として有効に利用できました。

キッチンのカップボードのアッパーキャビネットの L 型の扉を開けると、内部が2つに分かれた収納になっていて、デッドスペース ( 有効活用されていない空間 ) でなく、ある程度の物品を収納する事ができます。

梁型が直交に交差する場合、中途半端な位置では扉の加工ができないので、カップボードの扉の端部分と梁型の端部分を合わせる必要があり、カップボードのサイズや位置に配慮する必要があります。

梁型部分も吊戸棚収納として有効利用
鉄筋コンクリート造のテラスハウスのため、住居の部屋内に大きな梁型がありましたが、キッチンのカップボードに梁型が直交に交差する部分も、収納にして扉を L 型に加工し、吊戸棚収納として有効に利用できました。

梁型部分も吊戸棚収納として有効利用
キッチンのカップボードのアッパーキャビネットの L 型の扉を開けると、内部が2つに分かれた収納になっていて、デッドスペース ( 有効活用されていない空間 ) でなく、ある程度の物品を収納する事ができます。

全面的なリフォームにともない、節水型のタンクレストイレを設置しました。 | 芦屋市のトイレリフォーム


芦屋市のトイレリフォームで、全面的なリフォームにともない、節水型のタンクレストイレを設置しました。

トイレの便器は、パナソニックのアラウーノSで、タンクレストイレなので手洗いユニットの設置も同時に行いました。

トイレの便器は、シンプルさが好評の全自動お掃除トイレのパナソニックのアラウーノSで、「 有機ガラス系新素材 」 「 激落ちバブル 」 「 スパイラル水流 」 の3つの優れた技術で、流すたびに便器を綺麗にしてくれます。

お掃除のしやすさにこだわった設計で、汚れがたまりやすい便座と便器の隙間がない 「 スキマレス設計 」、手の届きにくいフチ裏をなくしてサッと簡単に拭き取れる 「 ひとふき形状 」 など、お掃除にかかる時間を短縮できます。

また、上から見た便座の形状は、パナソニック独自の四角丸な形の 「 ヒップラック便座 」 で、便座の形も徹底的に研究して、おしりに沿った傾斜をつけることで、長時間座っても疲れにくい設計です。

アラウーノシリーズ ( アラウーノ、アラウーノ S、アラウーノ V ) は、便器の奥行きが70センチで短く、従来のタンク付きの便器より10センチほどコンパクトなので、限られたトイレスペースを広く使うことができます。

床材は、テラスハウスの鉄筋コンクリート造なので、防音木質直貼床材 ( マンション用 ) で、パナソニックのウッディ ・ アーキA45フロアーの珊瑚石 ( さんごいし ) 柄を採用しました。

パナソニックのウッディ ・ アーキA45フロアーの珊瑚石 ( さんごいし ) 柄は、裏面に特殊クッション材が貼られ、表面材は、オレフィン系樹脂化粧シート+アレルバスター配合高結合ハード塗装がされています。

珊瑚石 ( さんごいし ) 柄のシートは、本物の珊瑚を感じさせるほどリアルで本物にそっくりで、気品や高級感を表現した床材で個性的な空間を演出します。

洗面所、脱衣所、トイレなどの水まわりにお勧めできる床材で、床材表面の塗装により、水などの浸入による表面の変色がほとんど生じずに、緻密で平滑な塗膜をもつ塗装仕上げで光沢感が長持ちします。

以前のトイレ
以前のトイレです。
住宅を購入され入居する前の全面的なリフォームにともない、新しいトイレに取り替えをされたいとのご要望でした。

トイレのリフォーム
トイレの便器は、パナソニックのアラウーノSで、タンクレストイレなので手洗いユニットの設置も同時に行いました。
床は、パナソニックのウッディ ・ アーキA45フロアーの珊瑚石柄を採用し、トイレ正面の壁をアクセントクロスで仕上げました。

全面的なリフォームに伴い、洗面所サイドの収納スペースを洗濯機スペースに変更しました。 | 芦屋市の水まわりリフォーム


芦屋市の水まわりリフォームで、全面的なリフォームにともない、洗面所サイドの収納スペースを洗濯機スペースに変更しました。

以前は、洗面所と洗濯機スペースが離れた位置にあり、使い勝手が悪く不便だったので、洗面所サイドの収納スペースを洗濯機スペースに変更しました。

一般的な幅が64センチで奥行きも64センチの洗濯機パンを設置して、洗濯機用の呼び径13ミリで90度開閉ハンドルの緊急止水弁付横水栓を設置しました。

洗濯機パンのサイズですが、幅が64センチで奥行きも64センチのサイズと、幅が74センチで奥行きが64センチのサイズが主流で、縦型やドラム式の全自動洗濯機に対応したサイズです。

奥行きが64センチで幅が80センチと90センチの洗濯機パンは、昔からある二槽式洗濯機に対応したサイズです。

洗濯機からの排水方法としては、洗濯機パンを設置する方法と、排水トラップを設置する方法になり、戸建住宅の場合は洗濯機パンもしくは排水トラップが設置され、マンションの場合は洗濯機パンを設置することになります。

洗濯機パンの要否については、ホースが外れて水浸しになる可能性を考えた場合、万全を期するためにも設置した方が安心です。

建築的な視点から見ると、床からの排水配管立上り処理も、洗濯機パンをつけることにより綺麗に見えて、床から配管を出す場合、床材を円状に丸く切らなくてはいけないため、配管と床材まわりに隙間ができる可能性があります。

洗濯機用の緊急止水弁付横水栓は、通常の横水栓やユーティリティ水栓とは異なり、万一、水栓からホースが外れると瞬時に止水する優れた機能があり、給水の接続は簡単なワンタッチ式になっています。

以前の洗面所サイドの収納スペース
以前の洗面所サイドの収納スペースです。
以前は、洗面所と洗濯機スペースが離れた位置にあり、使い勝手が悪く不便だったので改善されたいとのご要望でした。

収納スペースを洗濯機スペースに変更
全面的なリフォームにともない、洗面所サイドの収納スペースを洗濯機スペースに変更しました。
幅が64センチで奥行きも64センチの洗濯機パンを設置して、洗濯機用の90度開閉ハンドルの緊急止水弁付横水栓を設置しました。

全面的なリフォームにともない、ホテルライクのような空間になりました。 | 芦屋市の水まわりリフォーム


芦屋市の水まわりリフォームで、全面的なリフォームにともない、ホテルライクのような空間になりました。

ホテルライクの雰囲気をイメージして、生活感を抑えた住空間にされたいというご要望から、ホテルライクのような居心地の良いシンプルモダンな空間にする事ができました。

全面的な水まわりリフォームで、システムバスの取り替えを行い、広すぎた1620サイズ ( 1.25坪サイズ ) の浴室を、40センチ狭くして1616サイズ ( 1坪サイズ ) のシステムバスに変更しました。

システムバスの出入り口部分は、透明強化ガラスを採用したスイングドアと、透明強化ガラスを採用した80センチ幅の腰壁FIX窓を設置して、洗面所と一体的な空間にする事ができました。

洗面所部分ですが、広すぎた浴室を40センチ狭めた分、洗面所スペースの間口 ( 横幅 ) を40センチ拡張して、洗面所も浴室と同じ1坪のスペースにすることができ、広めの洗面化粧台を設置して、浴室と洗面所が一体的なホテルライクのような空間になりました。

ホテルライクとは、住宅をホテルのような間取りやインテリアにすることで、お部屋にモダンなホテルのような空間を漂わせたり、インテリアをリゾート風にすることも、ひとつのホテルライクといえます。

ホテルのお部屋は、生活感がなくすっきりとしていて、静観な居心地の良い空間なので、そんな暮らしに憧れる方も多いのではないかと思います。

近年は、家族の小規模化の影響もあるのかも知れませんが、ホテルライクな住空間、水まわり、家具、インテリアなどで、お部屋をコーディネートする方が増えています。

以前の浴室
以前の浴室です。
システムバスの取り替えにともない、広すぎる浴室を狭くして1坪サイズのシステムバスに変更されたいとのご要望でした。

1616サイズのシステムバスに変更
全面的な水まわりリフォームで、システムバスの取り替えを行い、広すぎた1620サイズ ( 1.25坪サイズ ) の浴室を、40センチ狭くして1616サイズ ( 1坪サイズ ) のシステムバスに変更しました。

以前の洗面所
以前の洗面所です。
広すぎた浴室を狭めた分、洗面所スペースの間口を広くして、浴室と洗面所を一体的な空間にされたいとのご要望でした。

洗面所スペースの間口( 横幅 )の拡張
広すぎた浴室を40センチ狭めた分、洗面所スペースの間口 ( 横幅 ) を40センチ拡張して、洗面所も浴室と同じ1坪のスペースにすることができ、広めの洗面化粧台を設置しました。

ホテルライクのような雰囲気に
全面的な水まわりリフォームを行い、浴室と洗面所が一体的な空間になり、ホテルのような生活感がなくすっきりとした、静観な居心地の良いホテルライクのような雰囲気にする事ができました。

全面的なリフォームにともない、壁付け L 型キッチンの取り替えを行いました。 | 芦屋市のキッチンリフォーム


芦屋市のキッチンリフォームで、全面的なリフォームにともない、壁付け L 型キッチンの取り替えを行いました。

システムキッチンは、パナソニックのリフォムス、キッチンのカップボードは、パナソニックのリビングステーションLクラスで、同じメーカーですが違う種類のキッチンを上手に使い分けて設置しました。

カップボードは、テラスハウスの鉄筋コンクリート造で、梁型があるため難しい収まりでしたが、細かいサイズに対応可能なオーダーキッチンのリビングステーションLクラスを採用して、梁部分も綺麗に仕上がりました。

キッチンにも様々なレイアウトの種類があり、おもに I 型キッチン、L 型キッチン、I I 型キッチン、U 型キッチン、アイランド型キッチン、ペニンシュラ型キッチンなどのレイアウトがあります。

I 型キッチンは、シンク、コンロ ( 加熱機器 )、調理台を横並びに一直線に配置するタイプのキッチンで、狭いスペースでも設置することができて、もっとも普及しているオーソドックスなレイアウトです。

L 型キッチンは、I 型キッチンに側面を追加したキッチンで、シンク、コンロ、冷蔵庫の作業域を表す 「 ワークトライアングル 」 が成り立ちやすく、使いやすい効率の良い家事導線を確保できます。

I I 型キッチンは、キッチン台を2列に分け平行に設置するタイプのキッチンで、使いやすいレイアウトになり、コンパクトなスペースでも作業面積、収納面積を多く取れる形です。

U 型キッチンは、キッチン空間の広いスペースが必要になり、シンク、コンロ、調理 ・ 配膳スペースが、U 型 ( コの字型 ) に並び、ゆったりしたレイアウトになります。

アイランド型キッチンは、部屋の中央に配置したキッチンのことで、島のような形という意味でアイランド型といわれ、どの方向からもキッチンを囲むことができるので、ホームパーティや多人数で料理をするときなどに適しています。

ペニンシュラ型キッチンは、 「 半島 」 という意味で、オープンキッチンに用いられ、キッチンの左右のどちらかが壁に接して、その壁から半島 ( ペニンシュラ ) 状に突き出させる形の対面キッチンのことです。

以前のキッチン
以前のキッチンです。
住宅を購入され入居する前に、新しいシステムキッチンに取り替えをされたいとのご要望でした。

パナソニックのリフォムス リビングステーションLクラス
システムキッチンは、パナソニックのリフォムス、キッチンのカップボードは、リビングステーションLクラスで、全体的に白色を基調にしたホワイトテイスト感に、清潔感を感じる事ができます。

オーダーキッチンのリビングステーションLクラス
カップボードは、テラスハウスの鉄筋コンクリート造で梁型があるため、細かいサイズに対応可能なオーダーキッチンのリビングステーションLクラスを採用して、梁部分も綺麗に仕上がりました。