西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 会社案内
  • 施工事例
  • スタッフ・職人紹介
  • トピックス
  • お客様の声
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス

リフォームトピックス

床材の貼り替えや建具の取り替え、開放感のあるオープン収納の設置を行いました。 | 芦屋市のリフォーム


芦屋市のリフォームで、床材の貼り替えや建具の取り替え、開放感のあるオープン収納の設置を行いました。

洋室部分ですが、建具や床材は白色と茶色でコーディネートして、ツートンカラーで綺麗に仕上げ、開放感のあるオープン収納への取り替えを行いました。

床材のフローリングは、テラスハウスの鉄筋コンクリート造なので、防音木質直貼床材 ( マンション用 ) で、パナソニックのウッディ ・ アーキA45耐熱フロアーのチェリー柄を採用しました。

パナソニックのウッディ ・ アーキA45耐熱フロアーは、裏面に特殊クッション材が貼られ、表面材は、オレフィン系樹脂化粧シート+アレルバスター配合高結合ハード塗装がされています。

アレルバスター配合高結合ハード塗装は、花粉やダニの死がい、犬、猫などのフケのアレル物質を抑制できて、人とペットの共生に配慮したペット対応床材で、アンモニアに強く、傷 ・ 汚れが付きにくくお手入れのしやすい床材です。

空間の調和がとれるベリティスカラータイプの床材で、チェリー柄のシートは本物の木目を感じさせるほどリアルで、それぞれの樹種に最適な複数の柄パターンで、剥材 ( むくざい ) の風合いと深みを表現しています。

6パターンの柄の違う材をランダムにレイアウトすることで、自然のばらつき感や質感までを再現して高級感を表現した床材で、個性的な空間を演出できます。

建具は、落ち着きのある心地よい空間を演出できるパナソニックのベリティスで、採光部を縦長に設けた WC 型のしっくいホワイト柄を採用して、床材のチェリー柄とコーディネートして、ツートンカラーで綺麗に仕上がりました。

開放感のあるオープン収納は、遊び心を備えた棚板を法則性や規則性を持たさずに設けたもので、お花や写真などをディスプレイして、お部屋の雰囲気を引き立てる事ができます。

以前の洋室
以前の洋室部分です。
全面的なリフォームにともない、フローリングの貼り替え、建具や収納の取り替え、内装材の貼り替えをされたいとのご要望でした。

開放感のあるオープン収納の設置
建具は、パナソニックのベリティス、床材は、パナソニックのウッディ ・ アーキA45耐熱フロアーで、白色と茶色のツートンカラーで綺麗に仕上げ、開放感のあるオープン収納への取り替えを行いました。

リビングダイニングの床に床暖房を設置して、床暖房対応の磁器質タイルで仕上げました。 | 芦屋市のリフォーム


芦屋市のリフォームで、リビングダイニングの床に床暖房を設置して、床暖房対応の磁器質タイルで仕上げました。

リビングダイニングの床部分ですが、大阪ガス製のスラブ直貼り温水マットの取り替えを行い、フローリングから床暖房対応の磁器質タイルに貼り替えました。

リビングダイニングの床タイルは、リクシルの床暖房対応の磁器質タイル ・ チェルナで、大理石調で60センチ×60センチの大形タイルで、コンクリート、大理石、砂岩の3つのテイストを持つ大形内床シリーズです。

リビングダイニングの床を全面タイル貼りにした場合、夏は涼しくて快適ですが、 冬は冷たいので床暖房を設置されたいという声が多く、磁器質タイルは床暖房に適した素材です。

タイルの 「 熱伝導率 」 は、フローリングの約10倍になり、断熱材の場合、「 熱伝導率 」 はできるだけ低い方が良いですが、床暖房の仕上げ材と考えると、熱を伝えやすい ( 熱伝導率が高い ) 方が適しています。

また 「 蓄熱性 」 も、フローリングの約2倍になり、熱を伝えやすい性質のタイルですが蓄熱性も高く、一度暖まるとコンクリートのように、じわじわと熱を放出して冷めにくい性質をもっています。
 
デメリットは、施工上のタイルの下地の関係で、フローリングより暖まるのが遅く倍以上の時間がかかり、フローリングで床表面の温度が27℃になるまでの時間は30分~40分ですが、 タイルの場合は90分近くかかります。

フローリングの場合、床暖房パネルの上に直にフローリングを敷設できるのに対して、タイルの場合は、床暖房パネルの上に厚み12ミリの下地合板を敷いてから、 タイルを敷設するという納まりのためです。

約90分経ってから本来の温もりを発揮するタイルと、30分~40分程度で本来の温もりを発揮して結果を残すフローリングでは、どちらが良いかは生活スタイルにより異なり、一日の大半を暖房をした部屋で過ごすことが多いのであれば、タイルで床暖房を設置するのが良い選択になります。

以前のリビングダイニング
以前のリビングダイニングです。
住宅を購入され入居する前の全面的なリフォームにともない、フローリングから床暖房対応のタイルに、貼り替えをされたいとのご要望でした。

床暖房対応の磁器質タイル ・ チェルナ
大阪ガス製のスラブ直貼り温水マットの取り替えを行い、床暖房対応の磁器質タイルに貼り替えました。
タイルは、リクシルの床暖房対応の磁器質タイル ・ チェルナで、大理石調で60センチ角の大形タイルです。

以前のダイニングキッチン
以前のダイニングキッチンです。
リビングダイニングと同じように、キッチン部分もフローリングから床暖房対応のタイルに、貼り替えをされたいとのご要望でした。

床暖房に適した磁器質タイル
磁器質タイルは床暖房に適した素材で、 「 熱伝導率 」 は、熱の伝えやすさを示しフローリングの約10倍になり、 「 蓄熱性 」 は、熱の蓄えやすさを示しフローリングの約2倍の特徴があります。

テラスハウスのリフォームに伴い、床暖房に対応した給湯暖房機を設置しました。 | 芦屋市の給湯器の取り替え工事


芦屋市の給湯器の取り替え工事で、テラスハウスのリフォームにともない、床暖房に対応した給湯暖房機を設置しました。

リビングの床材を、床暖房対応のタイルに変更するにあたり、大阪ガス製のスラブ直貼り温水マットの取り替えを行い、床暖房にも対応した給湯暖房機 ( プリオール ・ エコジョーズ ) を設置しました。

大阪ガス製の給湯暖房機は、お風呂を自動で沸かしキッチンやカワック も1台で対応できるもので、キッチンやお風呂の給湯、自動のお湯はり ・ 追い焚きはもちろん、ガス温水浴室暖房乾燥機 「 カワック 」 や、ガス温水床暖房 「 ヌック 」 等にも接続できます。

給湯器の各メーカーにより、大阪ガスの「 給湯暖房機 」、ノーリツの「 ガス温水暖房付ふろ給湯器 」、リンナイの「 ガス給湯暖房用熱源機 」、パロマの「 給湯暖房熱源機 」、パーパスの「 給湯暖房用熱源機 」 など呼称が変わりますが、同じ機能のことです。

さらに省エネ給湯器のエコジョーズなので、ガスの光熱費がお得で地球環境にも良いエコロジーな給湯器です。

このエコジョーズは、省エネルギーの規格になり、今まで排熱として放出していた熱を再利用することで、排熱ロスを少なくし高効率にお湯を作れる仕組みの給湯器です。

大阪ガス製の給湯暖房機は、プリオール ・ ジェットオート ・ エックスマークⅡの3つの異なる設置タイプがあります。

今回設置したプリオール ・ エコジョーズは、追い炊き式風呂給湯器で、追い焚きをする事ができて、ポンプの力で冷めたお湯を強制的に吸い込み、本体で加熱して浴槽に戻すタイプです。

ジェットオート ・ エコジョーズは、高温水供給方式給湯器で、高温の差し湯 ( 足し湯 ) をする事ができて、お湯はりと同じアダプターから高温水を送り、浴槽内のお湯と混ぜて均一に温める高温差し湯タイプです。

エックスマークⅡ ・ エコジョーズは、給湯専用タイプで、水栓金具から浴槽内に上から落とし込みをするもので、追い焚きはできない仕様で、その都度新しいお湯を入れるタイプになります。

大阪ガスの給湯暖房器 プリオール・エコジョーズ
リフォームにともない、大阪ガス製の給湯暖房機 ( プリオール ・ エコジョーズ ) を設置しました。
お風呂を自動で沸かしキッチンやカワック も1台で対応できるもので、キッチンやお風呂の給湯、自動のお湯はり ・ 追い焚きはもちろん、ガス温水浴室暖房乾燥機 「 カワック 」 や、ガス温水床暖房 「 ヌック 」 等にも接続できます。

テラスハウスのリフォームに伴い、システムキッチンとカップボードを設置しました。 | 芦屋市のキッチンリフォーム


芦屋市のキッチンリフォームで、テラスハウスのリフォームに伴い、システムキッチンとカップボードを設置しました。

築15年ほどの鉄筋コンクリート造のテラスハウスを購入して、お好みのシステムキッチンに取り替えるリフォームのご要望で、以前の古いキッチンから機能性に優れたシステムキッチンに変更しました。

テラスハウスとは、境界壁を共有する複数の戸建て住宅が、連続している形式の低層集合住宅のことで、複数の建物が連ねて建築されていて、独立した庭やテラスを各住戸に設ける事ができます。

一戸建て住宅が繋がった状態を想像すれば分かりやすく、連棟建て住宅 ( または連続建て住宅、長屋建て住宅 ) といわれ、それぞれの敷地に独立した一戸建て住宅を建てるよりも、効率の良い敷地利用が可能になり、建築コストの面でも抑える事ができます。

デメリットとしては、隣家と壁が繋がっているため、少なくとも一面には窓が設置できないこと、隣家に様々な生活音が伝わりやすいこと、リフォームをするさいに一定の制約が生じること、単独での建て替えは困難なことなどです。

隣家に接する側に、それぞれクローゼット ・ 納戸 ・ 押入れなどの収納や、浴室 ・ 洗面所 ・ トイレなどの水まわりを設置することにより、隣家への生活音の問題を軽減する事ができます。

鉄筋コンクリート造のテラスハウスのため、住居の部屋内に大きな梁型がありましたが、キッチンのカップボードに梁型が直交に交差する部分も、収納にして扉を L 型に加工し、吊戸棚収納として有効に利用できました。

キッチンのカップボードのアッパーキャビネットの L 型の扉を開けると、内部が2つに分かれた収納になっていて、デッドスペース ( 有効活用されていない空間 ) でなく、ある程度の物品を収納する事ができます。

梁型が直交に交差する場合、中途半端な位置では扉の加工ができないので、カップボードの扉の端部分と梁型の端部分を合わせる必要があり、カップボードのサイズや位置に配慮する必要があります。

梁型部分も吊戸棚収納として有効利用
鉄筋コンクリート造のテラスハウスのため、住居の部屋内に大きな梁型がありましたが、キッチンのカップボードに梁型が直交に交差する部分も、収納にして扉を L 型に加工し、吊戸棚収納として有効に利用できました。

梁型部分も吊戸棚収納として有効利用
キッチンのカップボードのアッパーキャビネットの L 型の扉を開けると、内部が2つに分かれた収納になっていて、デッドスペース ( 有効活用されていない空間 ) でなく、ある程度の物品を収納する事ができます。

全面的なリフォームにともない、節水型のタンクレストイレを設置しました。 | 芦屋市のトイレリフォーム


芦屋市のトイレリフォームで、全面的なリフォームにともない、節水型のタンクレストイレを設置しました。

トイレの便器は、パナソニックのアラウーノSで、タンクレストイレなので手洗いユニットの設置も同時に行いました。

トイレの便器は、シンプルさが好評の全自動お掃除トイレのパナソニックのアラウーノSで、「 有機ガラス系新素材 」 「 激落ちバブル 」 「 スパイラル水流 」 の3つの優れた技術で、流すたびに便器を綺麗にしてくれます。

お掃除のしやすさにこだわった設計で、汚れがたまりやすい便座と便器の隙間がない 「 スキマレス設計 」、手の届きにくいフチ裏をなくしてサッと簡単に拭き取れる 「 ひとふき形状 」 など、お掃除にかかる時間を短縮できます。

また、上から見た便座の形状は、パナソニック独自の四角丸な形の 「 ヒップラック便座 」 で、便座の形も徹底的に研究して、おしりに沿った傾斜をつけることで、長時間座っても疲れにくい設計です。

アラウーノシリーズ ( アラウーノ、アラウーノ S、アラウーノ V ) は、便器の奥行きが70センチで短く、従来のタンク付きの便器より10センチほどコンパクトなので、限られたトイレスペースを広く使うことができます。

床材は、テラスハウスの鉄筋コンクリート造なので、防音木質直貼床材 ( マンション用 ) で、パナソニックのウッディ ・ アーキA45フロアーの珊瑚石 ( さんごいし ) 柄を採用しました。

パナソニックのウッディ ・ アーキA45フロアーの珊瑚石 ( さんごいし ) 柄は、裏面に特殊クッション材が貼られ、表面材は、オレフィン系樹脂化粧シート+アレルバスター配合高結合ハード塗装がされています。

珊瑚石 ( さんごいし ) 柄のシートは、本物の珊瑚を感じさせるほどリアルで本物にそっくりで、気品や高級感を表現した床材で個性的な空間を演出します。

洗面所、脱衣所、トイレなどの水まわりにお勧めできる床材で、床材表面の塗装により、水などの浸入による表面の変色がほとんど生じずに、緻密で平滑な塗膜をもつ塗装仕上げで光沢感が長持ちします。

以前のトイレ
以前のトイレです。
住宅を購入され入居する前の全面的なリフォームにともない、新しいトイレに取り替えをされたいとのご要望でした。

トイレのリフォーム
トイレの便器は、パナソニックのアラウーノSで、タンクレストイレなので手洗いユニットの設置も同時に行いました。
床は、パナソニックのウッディ ・ アーキA45フロアーの珊瑚石柄を採用し、トイレ正面の壁をアクセントクロスで仕上げました。