西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス

リフォームトピックス

戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、玄関まわりを広めの玄関ホールに変更しました。 | 神戸市の玄関のリフォーム


神戸市の玄関のリフォームで、戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、玄関まわりを広めの玄関ホールに変更しました。

中古物件の鉄筋コンクリート造の戸建住宅を購入して、お好みの間取りに造りかえる全面的なリフォームのご要望で、狭かった玄関まわりを、ゆったりした玄関ホールに変更しました。

全面的な間取りの変更により、玄関収納の奥行きが80センチほど確保できたので、通常の玄関用収納コンポリアでなく、クローゼット式の玄関収納を設置しました。

狭かった玄関ホールの間口を広く変更して、クローゼット式の玄関収納を設け、高さを細かく調整できる可動棚の設置を行うことで、靴や小物を効率よく収納できるようになりました。

今回は採用しませんでしたが、通常の玄関用収納ではなく、パナソニックの場合、「 クロークボックス 」 や 「 エントランスパーツ 」 を設置することにより、靴以外の物を賢く収納する事もできます。

「 クロークボックス 」 は、見た目は通常の玄関収納ですが、収納したい物に合わせて10種類の内部収納プランを選ぶことで、ゴルフバックやレジャー用品、ベビーカーなど、今まで入らなかった大きな物が収納できるようになります。

「 エントランスパーツ 」 は、スペースがある玄関ホールに設置するウォークインスタイルで、箱型収納ではしまえない自転車やバイクなど、さらに大きな物を収納する事ができます。

玄関先にあふれる物をすっきり収納できる 「 クロークボックス 」 や 「 エントランスパーツ 」 を上手に設置することで、散らかりがちな玄関ホールを綺麗に片付ける事ができます。

以前の狭い玄関
お好みの間取りに造りかえる全面的なリフォームのご要望で、狭い玄関まわりをゆったりした玄関ホールに、変更されたいとのご要望でした。

ゆったりした玄関ホールに
全面的なリフォームにともない、玄関に入ってすぐの正面の壁をなくして、部屋に通じる廊下に変更しました。
また、狭かった玄関ホールの間口を広く拡張して、ゆったりした玄関ホールになりました。

クローゼット式の玄関収納の設置
間取りの変更により、玄関収納の奥行きが80センチほど確保できたので、通常の玄関用収納コンポリアでなく、クローゼット式の玄関収納を設置して、高さを細かく調整できる可動棚の設置を行うことで、靴や小物を効率よく収納できるようになりました。

戸建住宅で木部のあく洗い、畳の新調、壁のクロス ・ 襖紙 ・ 障子紙の貼り替えを行いました。 | 神戸市の和室のリフォーム


神戸市の和室のリフォームで、戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、木部のあく洗い、畳の新調、壁のクロス ・ 襖紙 ・ 障子紙の貼り替えを行いました。

中古物件の戸建住宅を購入して、お好みの間取りに造りかえる全面的なリフォームのご要望でした。

和室の柱、敷居、鴨居などの古い木部は、専門業者によるあく洗いで白く漂泊し、畳の新調、壁紙 ( クロス ) ・ 襖紙 ・ 障子紙の貼り替えを行い綺麗に仕上りました。

和室のおもなリフォーム内容は、木部のあく洗い、板の間の貼り替え、壁の塗り替え、畳の新調 ・ 表替え、壁紙 ( クロス ) ・ 襖紙 ・ 障子紙の貼り替えなどになります。

木部のあく洗いは、汚れ落とし、しみ抜き、漂白、薬品拭き取りという順序で、汚れの質に応じて特殊な薬品を使い、経年により黒っぽく変色している部分を、元の白木のようにする事ができます。

壁の塗り替えは、おもに聚楽 ( じゅらく ) 壁の塗り替えになり、室内の温度や湿度を調整して高い結露防止効果をもたらし、カビやダニの発生を抑制するなど、高温多湿な日本の気候に適した内装材です。

畳の新調 ・ 表替えは、畳は芯材になる畳床と、い草を編み込んで作った畳表から構成され、 「 新調 」 は畳床ごと全てを取り替えることをいい、「 表替え 」 は畳床はそのままで、表面の畳表だけを貼り替えることです。

畳床の芯材に高性能、高品質のスタイロフォームという断熱材を使用することで、従来の藁 ( わら ) 畳と比べ軽く、優れた断熱性、保温性、防湿性を発揮し、畳床からのダニ等の発生も防ぎ、快適な居住性を実現します。

畳の表替え、障子紙、襖紙の貼り替えは、表具業者による工事で、お客様のご都合の良いときに引き取りに伺い、持ち帰り工場で貼り替え作業を行い、後日に納品、建てつけの調整という流れになります。

和室のリフォーム
柱、敷居、鴨居などの古い木部は、専門業者によるあく洗いで白く漂泊し、畳の新調、壁紙 ( クロス ) ・ 襖紙 ・ 障子紙の貼り替えを行い綺麗に仕上りました。

戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、アラウーノ Vを設置しました。 | 神戸市のトイレリフォーム


神戸市のトイレリフォームで、戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、アラウーノ Vを設置しました。

中古物件の鉄筋コンクリート造の戸建住宅を購入して、お好みの間取りに造りかえる全面的なリフォームのご要望で、以前の古い便器から機能性に優れたパナソニックのアラウーノ Vに変更しました。

以前は、狭いトイレスペースでしたが、間取りの変更を行うことにより、奥行きが170センチある広めのトイレに変更する事ができました。

アラウーノ Vの特徴は、無駄な凹凸や隙間がない一体感のあるデザインで、お掃除が簡単にしやすく、水流をコントロールして水を集める形状なので、大の洗浄で約5リットル、小の洗浄で約3リットルの少ない水量で流せます。

また、タンクレストイレと手洗いを一体化して、狭いスペースにも設置しやすい奥行き70センチのコンパクトタイプになっています。

ウォシュレット部分のアラウーノ V専用トワレは、アラウーノ Vと一体感のある美しいフォルムで、使いやすい優れた機能が満載で、便ふた自動開閉、オート脱臭、快適な座り心地、安全追求設計などの充実した機能があります。

便ふた自動開閉は、トイレの扉を開けると 「 ひとセンサー 」 検知でパッと便ふたが開き、退出すると約3分後に自動的に閉まり、オート脱臭は、トイレの3大臭である硫化水素 ・ メチルメルカプタン ・ アンモニアを除去します。

快適な座り心地は、座り心地の良さを追求した便座形状で、長時間の使用でも快適に座れ、安全追求設計は、着座センサー搭載で、座ったときだけウォシュレットのスイッチが入り、ノズルから洗浄水がでる仕組みで誤作動を防ぐことができます。

ウォシュレット機能は、多彩な水流で洗い心地が良く、おしり ( パワーパルス ) 洗浄、ムーブ洗浄、リズム洗浄、ビデ洗浄、ノズル位置調節などの機能があります。

以前のトイレ
お好みの間取りに造りかえる全面的なリフォームのご要望で、トイレのスペースを広くして、節水型の便器に取り替えをされたいとのご要望でした。

パナソニックのアラウーノ V
間取りの変更を行うことにより、奥行きが170センチある広めのトイレに、変更する事ができました。
また、以前の古い便器から、様々な機能が満載した節水仕様のパナソニックのアラウーノ Vに取り替えました。

戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、システムキッチンを設置しました。 | 神戸市のキッチンリフォーム


神戸市のキッチンリフォームで、戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、システムキッチンを設置しました。

中古物件の鉄筋コンクリート造の戸建住宅を購入して、お好みの間取りに造りかえる全面的なリフォームのご要望で、以前の古い流し台から、機能性に優れたシステムキッチンに変更しました。

築年数の古い鉄筋コンクリート造の戸建住宅のため、住居の部屋内に大きな梁型がありましたが、キッチンのアッパーキャビネットに梁型が直交に交差する部分も、 L 型の吊戸棚収納として有効に利用できました。

システムキッチンのアッパーキャビネットの L 型の扉を開けると、内部がL 型の収納になっていて、デッドスペース ( 有効活用されていない空間 ) でなく、ちょっとした小物なら収納する事ができます。

梁型が直交に交差する場合、換気扇のレンジフードの部分では梁加工ができないので、アッパーキャビネット部分で行い、アッパーキャビネットの端部分と梁型の端部分を合わせる必要があり、キッチンの細かいレイアウトの位置を調整する必要があります。

昔の古い住宅になると、梁型の下端が床から180センチ ~ 190センチの低い位置にあることもあり、鉄筋コンクリート造の場合は、梁をはつり取ることも架け替えることも出来ないため、できるだけ薄い下地材で覆うことになります。

従来の住宅は、鴨居の内法 ( うちのり ) の高さが180センチの位置が一般的でしたが、近年、平均身長が高くなったことで、最近の住宅は、内法 ( うちのり ) の高さが2メートルの位置が標準的です。

また、近年の鉄筋コンクリート造の住宅は、建築技術が格段に進歩したことにより、梁型の露出をできるだけ少なくする傾向にあります。

以前の古い流し台
お好みの間取りに造りかえる全面的なリフォームのご要望で、以前の古い流し台から、機能性に優れたシステムキッチンに取り替えをされたいとのご要望でした。

梁型部分も L 型の吊戸棚収納で有効利用
築年数の古い鉄筋コンクリート造の戸建住宅のため、住居の部屋内に大きな梁型がありましたが、キッチンのアッパーキャビネットに梁型が直交に交差する部分も、 L 型の吊戸棚収納として有効に利用できました。

戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、階段の位置を変更しました。 | 神戸市の階段のリフォーム


神戸市の階段のリフォームで、戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、階段の位置を変更しました。

中古物件の鉄筋コンクリート造の戸建住宅を購入して、お好みの間取りに造りかえる全面的なリフォームのご要望で、階段の位置を変更して、以前の急勾配で使いにくい階段から、上り下りがしやすい明るい階段になりました。

階段の寸法は、建築基準法により建物の用途と面積によって定められ、住宅の場合は、階段および踊場の幅を75センチ以上、蹴上げ寸法を23センチ以下、踏面寸法を15センチ以上にする必要があります。

今回は、14段上がり切りの階段にして、1段の蹴上げ ( 階段の一段の高さ ) を20センチ以下、踏面 ( 階段の一段の奥行き ) を20センチ以上にして、緩やかで使いやすくなりました。

また、階段の下り口部分は、安全で使いやすい2段廻りにする事ができました。

階段の方向転換のスペースを、3段廻りにするより2段廻り若しくは1段の踊り場にすることで、踏み外したさいに下まで滑り落ちないため、より安全な階段にすることができます。

踊り場 ( おどりば ) とは、階段の途中に設けられた幅の広い平坦な面のことで、 階段の方向転換、小休止、転落の危険を緩和するなどのために設けられ、デパートなどでは休憩場所として利用されているケースも多く、踊り場を設けることで階段の負担感が軽減されます。

また、階段の架け替えにともない、ジョイントのない連続した階段手摺りも設置しました。

従来の手すりは、廻り階段の部分で一旦途切れてしまうケースが一般的でしたが、近年は連続した手すりにするため、フレキシブルジョイントという自由に角度を調整できるジョイント金具が使われます。

このフレキシブルジョイントという柔軟性のあるジョイント金具を使うことにより、階段の上り口から下り口まで連続した手摺りを設置する事ができるので、より上り下りのしやすい安全な階段にできます。

以前の急勾配な階段
以前の急勾配な階段です。
一昔前の戸建て住宅で、昔からの尺貫法でいう1間 ( けん ) という1,820ミリの間で、1階から2階への階段が架けられていました。

緩やかで使いやすい階段へ
今回、14段上がり切りの階段にして、1段の蹴上げを20センチ以下、1段の踏面を20センチ以上にして緩やかで使いやすくなり、階段の下り口部分は、安全な2段廻りにしました。
また、階段の上り口から下り口まで連続した手摺りを設置して、上り下りのしやすい安全な階段になりました。