西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス

リフォームトピックス

システムバスの設置にともない、パナソニックの酸素美泡湯 ( さんそびほうゆ ) を採用しました。 | 宝塚市の浴室リフォーム


宝塚市の浴室リフォームで、システムバスの設置にともない、パナソニックの酸素美泡湯 ( さんそびほうゆ ) を採用しました。

今回、設置したシステムバスは、 木目模様が綺麗なパナソニックのオフローラで、好評なオプション機能で、パナソニック独自の酸素美泡湯 ( さんそびほうゆ ) を採用しました。

このパナソニックの酸素美泡湯 ( さんそびほうゆ ) は、パナソニックのシステムバスで、アーキスペック FURO、リフォムス、オフローラ、ココチーノ、リフォムス MR-X に設置する事ができます。

この酸素美泡湯は、酸素の泡のお風呂、いわゆる泡風呂で、身体をやさしく温めることができて、お肌をしっとり保つ美肌効果があるため、とくに女性に人気があります。

この酸素美泡湯は、身体をやさしく温める酸素を含んだミクロの泡が、少しぬるめの約39℃のお湯でも身体をしっかり温めて、湯あがり後も湯冷めしにくいという特徴と、モイスチャー効果でお肌のしっとり感を長続きさせてくれる特徴があります。

パナソニックのメーカーの公式アンケートによると、酸素美泡湯のお客様満足度は約90%以上で、実際に使用された多くのお客様から満足の声をいただいています。

その他にも、「 お肌のしっとり感 」 「 身体が しっかり温まること 」 「 心身のリラックス感 」 を実感できると回答された方が、約70%~約80%以上になります。

このような公式アンケートの結果からも分かるとおり、お客様満足度の高い酸素美泡湯は、パナソニックが自信をもってお勧めするオプション機能になります。

以前の浴室
以前の浴室です。
全面的な間取りの変更にともない、システムバスの1坪用の1616サイズに変更されたいとのご要望でした。

パナソニックの酸素美泡湯
今回、設置したパナソニックの酸素美泡湯 ( さんそびほうゆ ) は、パナソニックのシステムバスのオフローラ以外にも、アーキスペック FURO、リフォムス、ココチーノ、リフォムス MR-X に設置する事ができます。

戸建住宅の全面的なリフォームにともない、水まわりの間取りの変更を行いました。 | 宝塚市の水まわりリフォーム


宝塚市の水まわりリフォームで、戸建住宅の全面的なリフォームにともない、水まわりの間取りの変更を行いました。

全面的なリフォームに伴い、狭い洗面所と浴室を、広めの洗面所と浴室に間取り変更をされたいとのご要望でした。

近年の戸建住宅のガイドラインとして、標準的な水まわりの広さは、戸建住宅の場合、浴室が1坪 ( 2帖 ) ( 畳2枚分 )、洗面室も1坪 ( 2帖 ) ( 畳2枚分 ) が主流になり、敷地が限られていて建坪が狭く、よほどの狭小住宅でないかぎり、最低限、このスペースを確保できるように設計されるのが一般的です。

坪の基準になる尺貫法 ( しゃっかんほう ) は、日本の昔ながらの長さ ・ 面積 ・ 重量などを測る単位の名残りで、その名称は、長さの単位に 「 尺 」、質量の単位に 「 貫 」 を基本の単位にすることからなり、尺や寸のモジュールは、建築において住宅を設計する上で現在の基本寸法になっています。

1坪といえば柱の芯々寸法で、1,820ミリ×1,820ミリ=3.3㎡ ( 平米 ) で、柱の太さは105センチもしくは120センチなので、柱から柱の内寸法で、1,715ミリもしくは1,700ミリになり、この寸法を元にシステムバスや洗面化粧台などのサイズが決められています。

浴室ですが1坪用のシステムバスは、1616サイズになり、このサイズはシステムバスの壁の内面から内面までの寸法が160センチで、浴槽の長さも合わせて160センチなので、足を伸ばしてゆっくりくつろげるサイズです。

洗面所の場合は、洗面化粧台と洗濯機を並べて設置するのが近年のスタンダードで、洗面所が1坪あれば幅90センチの洗面化粧台と幅64センチの洗濯パンを、余裕をもって横並びに設置する事ができます。

今回は、全面的なリフォームにともない、敷地が限られていて建築面積にそれほど余裕はなかったですが、浴室を1坪 ( 2帖 )、洗面室も1坪 ( 2帖 ) のスペースを確保する事ができました。

以前のキッチン部分
以前のキッチン部分です。
全面的な間取りの変更にともない、この2坪のスペースに洗面所と浴室の水まわりを移設する事になりました。

浴室も洗面所も1坪のスペースを確保
全面的なリフォームにともない、敷地が限られていて建築面積にそれほど余裕はなかったですが、洗面室を1坪 ( 2帖 )、浴室も1坪 ( 2帖 ) のスペースを確保する事ができました。

システムバスは1坪用の1616サイズ
浴室ですが、システムバスの1坪用の1616サイズを設置する事ができました。
システムバスの壁の内面から内面までの寸法が160センチで、浴槽の長さも合わせて160センチなので、足を伸ばしてゆっくりくつろげるサイズです。

洗面所も1坪のスペースを確保
洗面所ですが、1坪 ( 2帖 ) のスペースを確保する事ができました。
洗面所が1坪あれば、幅90センチの洗面化粧台と幅64センチの洗濯パンを、余裕をもって横並びに設置する事ができます。

戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、LEDダウンライトを設置しました。 | 宝塚市のリフォーム


宝塚市のリフォームで、戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、LEDダウンライトを設置しました。

リビングダイニングの中心にメインの照明 ( シーリングライト ) を設置することなく、LEDダウンライトを多数、バランスよく配置しました。

ダウンライトは、天井に埋め込み式で床を直接照らすタイプの照明で、性質はスポットライトに共通し、照らされた対象物を浮かび上がらせるため、高い演出効果を発揮するメリットがあり、シーリングライトよりも対象物を明るく美しく照らす事ができます。

近年では、生活シーンに合わせて照明器具を変えたり、光の色、種類、明るさ、方向などを工夫して、インテリア同様、光のコーディネートが注目されていています。

少し前までは1室1灯が当然でしたが、最近はリビングダイニングやインテリア性の高い部屋などで、ダウンライトの多灯照明が多く見られます。

従来のダウンライトでは、トイレや洗面所などのような狭い空間での使用には適していましたが、リビングダイニングなどの広さのある部屋では、光源として不足しがちでした。

近年、主流となるLED仕様のダウンライトの消費電力は、省エネルギーの10W ( ワット ) 前後で、光源寿命が40,000時間と驚くべき長寿命で、電球交換の手間が大幅に省け、白熱電球100W ( ワット ) 形相当のパワフルな明るさなので、リビングのような広さのある空間でも十分な光源として活用する事ができます。

ダウンライトの配灯を考えるさい、上からまっすぐ落ちてくる光だけではなく、その光の広がりや角度も考慮して、光によってアクセントを作り演出する事ができると、その空間の質をグレードアップさせる事ができます。

LEDダウンライトの設置
リビングダイニングの中心にメインの照明 ( シーリングライト ) を設置することなく、省エネルギーで驚くべき長寿命なLEDダウンライトを多数、バランスよく配置しました。

高い演出効果を発揮
ダウンライトは、天井に埋め込み式で床を直接照らすタイプの照明で、照らされた対象物を浮かび上がらせるため、高い演出効果を発揮するメリットがあり、シーリングライトよりも対象物を明るく美しく照らす事ができます。

省エネルギーで長寿命
LED仕様のダウンライトの消費電力は、省エネルギーの10W ( ワット ) 前後で、光源寿命が40,000時間と驚くべき長寿命になり、パワフルな明るさなので、リビングのような広い空間でも十分な光源として活用できます。

戸建住宅の全面的なリフォームを行い、間取りの変更をしました。 ① 宝塚市のスケルトンリフォーム


宝塚市のスケルトンリフォームで、戸建住宅の全面的なリフォームを行い、間取りの変更をしました。 ①

戸建住宅の基礎、土台、柱、梁、3階部分、屋根部分を残して、全てを解体し骨組みだけにして、間取りを一新する全面スケルトンリフォームを行いました。 ( 基礎、土台、柱、梁の傷んでる部分は、取り替えます )

大幅な間取り変更に伴い、断熱性の高い複層ガラスのアルミサッシの全面入れ替えを行い、壁内部や天井裏に厚めの断熱材を充填することにより断熱性能も大幅にアップして、外観も全体的にシンプルで綺麗に仕上がりました。

戸建住宅のスケルトンリフォームは、家をすべて解体して新築に建て替えた場合、建築基準法によるセットバックの問題で、建築面積が現在よりも狭くなってしまうため、希望の間取りが実現できない場合によく行われます。

また、連棟の建売住宅や長屋住宅では、繋がっているため、部分的に建て替える事ができない場合にも有効です。

戸建住宅のスケルトンリフォームは、設備の取り替えや部分リフォームではなく、部屋をいったんスケルトン ( 骨組 ) の状態にして、全面的にリフォームすることです。

部屋中の壁、天井、床、設備機器も全て解体し、基礎、土台、柱、梁のむき出しのスケルトン状態にして、一から造り直すため間取りが自由に変えられて、耐震補強もでき、老朽化した配管、配線も全て取り替える事ができます。

また、何度も部分的なリフォームを繰り返すより、一気にスケルトンリフォームをしたほうが、トータル的な工事費用もお得になることもあります。

築年数が20年から30年になり、設備機器や設備配管も老朽化してリフォームの時期をむかえた場合、数年待って一気にスケルトンリフォームをした方が、二度手間、三度手間にならず、費用も手間も抑えられます。

築年数にとらわれず、子供が独立した、両親と同居するようになった、など家族構成や暮らし方に大きな変化がある場合も、プランも大幅に変更できて、全面的に間取りを変えられるスケルトンリフォームがお勧めです。

以前の戸建住宅
新築に建て替えた場合、建築基準法によるセットバックの問題で、建築面積が現在よりも狭くなってしまうことや、連棟住宅で外壁が繋がっているため、建て替えがしにくいこともあり、全面スケルトンリフォームのご要望でした。

戸建住宅のスケルトンリフォーム
戸建住宅のスケルトンリフォームの工事費用ですが、弊社の場合、一般的な100㎡ ( 約30坪 ) の住宅で、1,000万円 ~ 1,200万円が目安になり、建て替えの50%~60%の費用で、中古物件を新築そっくりに再生できます。
坪単価にすると35万円~40万円/坪で、大手の住宅ハウスメーカーより、同じグレードでお得な工事ができます。

戸建住宅の全面的なリフォームを行い、間取りの変更をしました。 ② 宝塚市のスケルトンリフォーム


宝塚市のスケルトンリフォームで、戸建住宅の全面的なリフォームを行い、間取りの変更をしました。 ②

戸建住宅の基礎、土台、柱、梁、3階部分、屋根部分を残して、全てを解体し骨組みだけにして、間取りを一新する全面スケルトンリフォームを行いました。 ( 基礎、土台、柱、梁の傷んでる部分は、取り替えます )

部屋中の壁、天井、床、設備機器も全て解体し、基礎、土台、柱、梁のむき出しのスケルトン状態にして、一から造り直すため間取りが自由に変えられて、耐震補強もでき、老朽化した配菅、配線も全て取り替える事ができます。

気になる費用はケースによって異なりますが、仕上がった後には見えないところの構造部分までを作り直すことになるので、ある程度のまとまった費用がかかり、建て替えの50%~60%です。

戸建住宅のスケルトンリフォームの工事費用は、弊社の場合、ケースバイケースですが、一般的な100㎡ ( 約30坪 ) の住宅で、1,000万円 ~ 1,200万円が目安で、中古物件を新築そっくりに再生できます。

坪単価にすると35万円~40万円/坪 ( 畳2枚分 ) が目安で、大手の住宅ハウスメーカーなどは、同じグレードで比較した場合、坪単価40万円~45万円以上の設定になります。

大規模な工事になるので、工事期間はケースバイケースになりますが、一般的な100㎡ ( 約30坪 ) の住宅で、2カ月から2カ月半ほどで完成するのが一般的です。

通常のリフォームと比べてみると、キッチンなどの設備の交換なら1週間ほど、小規模な部分リフォームなら数週間ほどで終わりますが、スケルトンリフォームの場合は、規模が大きくなる分、工事自体の日数がかかる事になります。

また、設備の取り替えなどの住ながらのリフォームの場合は、在宅工事で可能ですが、スケルトンリフォームの場合は、住みながらの工事はできないので仮住まいをする必要があり、工事の計画から引き渡し、引越しまで半年~1年ぐらいのスパンで取り組むことになります。

以前の戸建住宅
築後40年がたち経年劣化により、構造材や水まわり設備、内装材が古く、耐震性も低くなっていたため、基礎、土台、柱、梁を残して、すべてを解体し骨組みだけにして、間取りを一新する全面スケルトンリフォームのご要望でした。

戸建住宅のスケルトンリフォーム
戸建住宅のスケルトンリフォームは、新築に建て替えた場合、建築基準法によるセットバックの問題で、建築面積が現在よりも狭くなってしまうため、希望の間取りが実現できない場合によく行われます。
また、連棟住宅では、外壁が繋がっているため、部分的に建て替えがしにくい場合にも有効です。