西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス

リフォームトピックス

戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、階段の位置を変更しました。 | 神戸市の階段のリフォーム


神戸市の階段のリフォームで、戸建住宅のスケルトンリフォームにともない、階段の位置を変更しました。

中古物件の鉄筋コンクリート造の戸建住宅を購入して、お好みの間取りに造りかえる全面的なリフォームのご要望で、階段の位置を変更して、以前の急勾配で使いにくい階段から、上り下りがしやすい明るい階段になりました。

階段の寸法は、建築基準法により建物の用途と面積によって定められ、住宅の場合は、階段および踊場の幅を75センチ以上、蹴上げ寸法を23センチ以下、踏面寸法を15センチ以上にする必要があります。

今回は、14段上がり切りの階段にして、1段の蹴上げ ( 階段の一段の高さ ) を20センチ以下、踏面 ( 階段の一段の奥行き ) を20センチ以上にして、緩やかで使いやすくなりました。

また、階段の下り口部分は、安全で使いやすい2段廻りにする事ができました。

階段の方向転換のスペースを、3段廻りにするより2段廻り若しくは1段の踊り場にすることで、踏み外したさいに下まで滑り落ちないため、より安全な階段にすることができます。

踊り場 ( おどりば ) とは、階段の途中に設けられた幅の広い平坦な面のことで、 階段の方向転換、小休止、転落の危険を緩和するなどのために設けられ、デパートなどでは休憩場所として利用されているケースも多く、踊り場を設けることで階段の負担感が軽減されます。

また、階段の架け替えにともない、ジョイントのない連続した階段手摺りも設置しました。

従来の手すりは、廻り階段の部分で一旦途切れてしまうケースが一般的でしたが、近年は連続した手すりにするため、フレキシブルジョイントという自由に角度を調整できるジョイント金具が使われます。

このフレキシブルジョイントという柔軟性のあるジョイント金具を使うことにより、階段の上り口から下り口まで連続した手摺りを設置する事ができるので、より上り下りのしやすい安全な階段にできます。

以前の急勾配な階段
以前の急勾配な階段です。
一昔前の戸建て住宅で、昔からの尺貫法でいう1間 ( けん ) という1,820ミリの間で、1階から2階への階段が架けられていました。

緩やかで使いやすい階段へ
今回、14段上がり切りの階段にして、1段の蹴上げを20センチ以下、1段の踏面を20センチ以上にして緩やかで使いやすくなり、階段の下り口部分は、安全な2段廻りにしました。
また、階段の上り口から下り口まで連続した手摺りを設置して、上り下りのしやすい安全な階段になりました。

戸建住宅の全面的なリフォームを行い、間取りの変更を行いました。 | 神戸市のスケルトンリフォーム


神戸市のスケルトンリフォームで、戸建住宅の全面的なリフォームを行い、間取りの変更を行いました。

中古物件の鉄筋コンクリート造の戸建住宅を購入して、お好みの間取りに造りかえる全面的なスケルトンリフォームのご要望でした。

基礎、鉄筋コンクリート部分、外壁、窓を残して部屋内部のすべてを解体し、間取りを一新するスケルトンリフォームを行い、全体的にシンプルで綺麗に仕上がりました。

使い勝手の良い間取りに変更することができて、すべての木部の造作材、新建材、建具、設備機器、設備配管、内装材も一新して、壁内部や天井裏に厚めの断熱材を充填することにより断熱性能も向上しました。

新築の建売住宅や注文住宅では、好きな地域を特定して選ぶことは難しいですが、中古住宅では地域ごとに販売物件が点在していることが多く、特定の場所を選んで物件を探すことができます。

また、中古住宅は比較的低価格なので、新築では手の届かない人気エリアや、駅近などの立地のよい物件を購入できて、購入後にお好みの間取りにスケルトンリフォームをすることも賢い選択です。

戸建住宅のスケルトンリフォームは、家をすべて解体して新築に建て替えた場合、建築基準法によるセットバック ( 外壁の後退距離 ) の問題で、建築面積が現在よりもかなり狭くなってしまい、希望の間取りが実現できない場合にもよく行われます。

また、連棟住宅では、外壁が繋がっているため、部分的に建て替える事ができない場合にも有効です。

現在の住まいの基礎や構造など、問題なく使える部分は最大限に使うことで、工事費用は建て替えの約半分から6割ほどで、新築同様の仕上げにする事ができます。

以前の和室とダイニングキッチン
中古物件の鉄筋コンクリート造の戸建住宅を購入して、お好みの間取りに造りかえる全面的なスケルトンリフォームのご要望でした。

戸建住宅のスケルトンリフォーム
基礎、鉄筋コンクリート部分、外壁、窓を残して部屋内部のすべてを解体し、間取りを一新するスケルトンリフォームを行い、全体的にシンプルで綺麗に仕上がりました。

以前のダイニングキッチンと和室
全面的なリフォームにともない、ダイニングキッチンと和室の間仕切り壁や建具を取りのぞき、二部屋を一部屋にまとめ、広々としたリビングダイニングキッチンに、間取り変更をされたいとのご要望でした。

戸建住宅のスケルトンリフォーム
使い勝手の良い間取りに変更することができて、すべての木部の造作材、新建材、建具、設備機器、設備配管、内装材も一新して、壁内部や天井裏に厚めの断熱材を充填することにより断熱性能も向上しました。

陸屋根部分を経年劣化に強く、施工性と耐久性に優れたウレタンゴム系塗膜防水で改修しました。 | 西宮市の外装リフォーム


西宮市の外装リフォームで、陸屋根部分を経年劣化に強く、施工性と耐久性に優れたウレタンゴム系塗膜防水で改修しました。

陸屋根部分の防水層が、経年劣化にともない傷んでいたので、田島ルーフィングの 「 オルタック ・ スカイシリーズ 」 のウレタンゴム系塗膜防水を施工しました。

ウレタン塗膜防水は、国内で施工される防水工事のなかで、高いシェアを誇り最も主流な防水工法になります。

防水工事のなかでは、比較的安価で塗り重ね改修が可能になり、複雑な建物にも適しているなどのメリットが多く、提案されることも多い防水工法です。

液体状のウレタン防水材を用いるので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない施工が可能で、定期的なメンテナンスでトップコート塗りを行うことにより、ウレタン防水層の寿命を延ばす事ができます。

ウレタンゴム系の塗膜防水 「 オルタック ・ スカイシリーズ 」 は、新築工事 ・ 改修工事を問わず複雑な形状にもなじみ、小さなバルコニーから大面積の競技場スタンドまで、幅広いニーズに対応していて屋上の持つ限りない可能性を拡げる塗膜防水です。

あらゆる下地条件に対応するオルタック ・ スカイシリーズの各種工法は、屋上などの様々な防水面に対して、塗膜防水の持つ性能を最大限に引き出して建物を守ります。

大切な住まいを守る防水層は、雨漏りを防ぐだけではなく、住宅環境への負荷にも配慮を欠かせませんが、オルタック ・ スカイシリーズのラインナップは、脱TXタイプ ( トルエン ・ キシレンが無配合 ) で、標準仕様で用いられる材料のすべてが、F ☆ ☆ ☆ ☆ ( フォースター ) を取得しています。

以前の陸屋根
以前の陸屋根部分です。
陸屋根の防水層が、経年劣化にともない傷んでいたので、防水工事をされたいとのご要望でした。

ウレタンゴム系塗膜防水の施工
陸屋根部分の防水層が、経年劣化にともない傷んでいたので、施工性、耐久性に優れた田島ルーフィングの 「 オルタック ・ スカイシリーズ 」 のウレタンゴム系塗膜防水を施工しました。

田島ルーフィングのオルタック・スカイシリーズ
液体状のウレタン防水材を用いるので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない施工が可能で、定期的なメンテナンスでトップコート塗りを行うことにより、ウレタン防水層の寿命を延ばす事ができます。

天然石付き鋼板屋根材、SENATOR ( セネター ) よる葺き替えを行いました。 | 西宮市の屋根のリフォーム


西宮市の屋根のリフォームで、天然石付き鋼板屋根材、SENATOR ( セネター ) よる葺き替えを行いました。

屋根材は、デクラ屋根システムの天然石付き鋼板屋根材のセネター、ティーク色 ( ブラウン色 ) です。

SENATOR ( セネター ) は、ニュージーランドの自然にはぐくまれた天然石を使ったハイブリッド屋根材です。

デクラ屋根システムのSENATOR ( セネター ) は、濃淡のある天然石によって陰影ができる立体感のある魅力的なデザインで、美しい形状を実現しながらも、耐候性に優れ軽量で丈夫な屋根材です。

ニュージーランドの天然石を粉砕した天然石チップを、ガルバリウム鋼板にコーティングしていて、天然石なので長期間色褪せの心配がなく、再塗装不要の屋根材で塗り替えの必要がありません。

屋根材表面に施されている天然石ストーンチップの凹凸が、激しい雨音を吸収 ・ 拡散して静かさを実現し、屋根材と下地の間の空気層が、夏の暑さに対して遮熱効果を発揮します。

また、1㎡あたり約7kgと超軽量で粘土瓦の約1/9の重さになり、建物の構造負担を削減することが可能で、屋根が軽くなるため建物の重心が低くなり、地震などの揺れ幅が少なく耐震 ・ 免震 ・ 制震性に有効です。

独自のインターロック工法で、屋根材の1枚1枚を野地板にビスでしっかり固定し一体化するため、台風時の風速約70m/秒時の風圧にも耐え、下から吹き上げる風の力にも強い屋根材です。

ハイブリッド屋根材のSENATOR ( セネター ) は、シングル調の美しい形状を実現しながらも、耐候性、耐震性に優れた屋根材で、人気のガルバリウム鋼板と天然のストーンチップを施しているメンテナンスフリーの屋根材になり、メーカーからも 30年の材料品質保証と、10年の美観保証がついています。

デクラ屋根システムのハイブリッド屋根材 ・ セネターは、ニュージーランド製ですが、優れた製品のため、日本の大手メーカー ・ リクシルからもOEM商品 ( 他社によって作られたブランドの製品を、自社ブランドとして製造して販売する商品 ) として販売されています。

以前の大屋根部分 ( 南面 )
以前の大屋根部分 ( 南面 ) ですが、屋根材の表面の塗装が経年劣化により剥がれてきていたので、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材に葺き替えました。

デクラ屋根システムのセネター
屋根材は、デクラ屋根システムの天然石付き鋼板屋根材のセネター、ティーク色 ( ブラウン色 ) です。
SENATOR ( セネター ) は、ニュージーランドの自然にはぐくまれた天然石を使ったハイブリッド屋根材です。

以前の大屋根部分 ( 北面 )
以前の大屋根部分 ( 北面 ) ですが、南面よりは日光の照射時間の都合で、屋根材の傷みは少ない状態でした。
屋根の瓦の葺き替えにともない、屋根の勾配がきついため、仮設足場の架け ・ 払い工事を行いました。

天然石付き鋼板屋根材のSENATOR
デクラ屋根システムのSENATOR ( セネター ) は、濃淡のある天然石によって陰影ができる立体感のある魅力的なデザインで、美しい形状を実現しながらも、耐候性に優れ軽量で丈夫な屋根材です。

以前の下屋根部分 ( 北面 )
以前の下屋根部分 ( 北面 ) ですが、南面よりは日光の照射時間の都合で、屋根材の傷みは少ない状態でした。
仮設足場は、くさび緊結式足場で、「 短工期 」 「 低コスト 」 「 高い強度 」 「 高耐久性 」 といった特徴があります。

天然石チップをGL鋼板にコーティング
ニュージーランドの天然石を粉砕した天然石チップをガルバリウム鋼板にコーティングしていて、天然石なので長期間色褪せの心配がなく、再塗装不要の屋根材で塗り替えの必要がありません。

屋根材表面の天然石ストーンチップ
屋根材表面に施されている天然石ストーンチップの凹凸が、激しい雨音を吸収 ・ 拡散して静かさを実現し、屋根材と下地の間の空気層が、夏の暑さに対して遮熱効果を発揮します。

屋根の瓦の葺き替えにともない、仮設足場の架け ・ 払い工事を行いました。 | 西宮市の屋根のリフォーム


西宮市の屋根のリフォームで、屋根の瓦の葺き替えにともない、仮設足場の架け ・ 払い工事を行いました。

仮設足場は、高所作業を行う上で安全上欠かせない存在で、仮設足場にも様々な種類があり、今回採用した仮設足場は、くさび緊結式足場 ( ビケ足場 ) です。

近年の仮設足場の工法は、おもに3つの工法の中から選ばれる事になります。

くさび緊結式足場 ( ビケ足場 ) は、建築現場を 「 美しい型 」 で表現するという考えから 「 ビケ足場 」 と呼ばれ、くさび部分を手ハンマーで打ち込むシンプルな施工で、組立時間を短縮し安全性も実現させた画期的な足場です。

くさび緊結式足場 ( ビケ足場 ) の特徴は、組立 ・ 解体が簡単、作業時間の短縮が図れる、人件費が削減できコストを抑えられる、耐久性が高い、強度が高い、高層建築物には不向きなどです。

くさび緊結式足場 ( ビケ足場 ) は、「 短工期 」 「 低コスト 」 「 高い強度 」 「 高耐久性 」 といった優れたメリットがあり、もっとも安全で高いコストパフォーマンスを得られ、低中層建築物では高いシェアを誇ります。

枠組み ( ビティ ) 足場の特徴は、仮設足場工事のなかでもオーソドックスな工法で、鋼管を門型に溶接された建枠にはめ込み、交差筋違い ・ 鋼製布板などの基本部材を、組み合わせて積み上げていく工法です。

枠組み ( ビティ ) 足場の施工高さは、およそ地上50mまで可能で、高層のビルやマンション建設に多く用いられ、組立 ・ 解体が簡単、比較的工期の短縮が図れる、強度が高いなどです。

単管 ( 鋼管 ) 足場は、直径50ミリほどの単管と呼ばれる鉄パイプを組み合わせて建てる工法で、 鋼管に金具を噛み合わせボルトで締めることで、パイプ同士を接続し足場を組み立てます。

単管 ( 鋼管 ) 足場の特徴は、狭い敷地でも設置可能、工期が長くなりがち、部材が重い、高コストになりがちで、小規模な工事や作業現場での足場として用いられますが、近年は使われる事が少なくなっています。

仮設足場の設置
屋根の瓦の葺き替えにともない、屋根の勾配がきついため、仮設足場の架け ・ 払い工事を行いました。
仮設足場は、高所作業を行う上で欠かせない存在で、採用した足場は、くさび緊結式足場 ( ビケ足場 ) です。

くさび緊結式足場 ( ビケ足場 )
くさび緊結式足場 ( ビケ足場 ) は、建築現場を 「 美しい型 」 で表現するという考えから 「 ビケ足場 」 と呼ばれ、くさび部分を手ハンマーで打ち込むシンプルな施工で、組立時間を短縮し安全性も実現させた画期的な足場です。

低中層建築物で高いシェア
くさび緊結式足場 ( ビケ足場 ) は、「 短工期 」 「 低コスト 」 「 高い強度 」 「 高耐久性 」 といった優れたメリットがあり、もっとも安全で高いコストパフォーマンスを得られ、低中層建築物では高いシェアを誇ります。