西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス

リフォームトピックス

リフォーム上貼りタイプの商品を使用して、階段の上貼り工事を行いました。 | 宝塚市の階段のリフォーム


宝塚市の階段のリフォームで、リフォーム上貼りタイプの商品を使用して、階段の上貼り工事を行いました。

今回の階段の上貼り工事にともない、パナソニックのベリティス、リフォーム上貼りタイプを施工しました。

階段部分のリフォームで、階段の架け替えとなると大がかりな工事になり、しばらく上り下りができないなどの不便もあり、あきらめて塗り替えやカーペット敷きにすると、中途半端なリフォームになりがちです。

このリフォーム上貼りタイプは、既存の階段を架け替えることなく、既存の階段材の上から重ね貼りする施工で、仕上がりが美しくて工期も短くすみ工事費用も抑える事ができます。

階段材の表面に硬化コーティングが施されているので、耐汚染性や耐すり傷性を高めた表面仕上げで、汚れやすり傷が付きにくく光沢も長持ちします。

商品の構成は、踏み板、段鼻 ( だんばな ) 材、 蹴込み ( けこみ ) 板、側板 ( がわいた ) 化粧材、幅木セット、木口シートなどを組み合わせて施工します。

踏み板や段鼻材は12.5ミリの厚みで、段鼻材に突きつける12ミリのフローリングとの境目を、段差なくきれいに納める事ができます。

6ミリタイプの段鼻材も用意されているので、6ミリの薄いフローリングの上貼り時も対応可能です。

2段まわり階段や3段まわり階段、踊り場にも対応できて、段鼻部分には滑り止め樹脂が付いているので、滑り落ち防止も考慮されています。

以前の階段
以前の階段ですが、一昔前に階段、建具枠、窓枠などによく使われていたラワン材でかけられていました。
階段をかけ替えることなく、新しく綺麗にされたいとのご要望でした。

リフォーム上貼りタイプの採用
今回の階段の上貼り工事にともない、パナソニックのベリティス、リフォーム上貼りタイプを施工しました。
階段をかけ替えることなく、上から貼るシンプルな施工で明るい階段になりました。

パナソニックの玄関収納コンポリアへの取り替えを行いました。 | 宝塚市の玄関のリフォーム


宝塚市の玄関のリフォームで、パナソニックの玄関収納コンポリアに取り替えました。

広い玄関なので大きめの玄関収納が設置できて、床と合わせてパナソニックのベリティス ・ オーク色でモダンに仕上がりました。

玄関収納を選定するポイントは、家族の人数や靴の量にあわせて、収納力が十分で使い勝手の良いものを選ぶことが大切で、人目に付く場所でもあるので玄関の雰囲気を意識することも必要です。

パナソニックの玄関収納コンポリアは、様々な機能をオプションで追加することができて、姿見鏡、コート掛け、傘立て、スリッパ収納などがあります。

また、玄関収納本体を浮かせて設置して、その下の空間に間接照明を設けることもでき、玄関を優しく彩る気品のある+アルファな雰囲気にもできます。

玄関収納コンポリアは、棚の高さを30ミリピッチで細かく調整できて、靴を見て選びやすく取り出しやすい斜め設置が可能で、棚板は樹脂製なので取り外して水洗いをする事ができます。

パナソニックのメーカーの場合、8色の色柄から選択できて、建具や床材と玄関収納の色柄を合わせるトータルコーディネートも可能です。

また、様々な間口や高さの玄関に対応できるように、オーダーサイズで製作することも可能で、幅方向は1ミリピッチ、高さ方向は30ミリピッチ、奥行きは35センチと40センチの2種類を選択できます。

限られた空間でもオーダーサイズで製作することで、スペースを有効に利用して収納量を増やす事ができます。

以前の下駄箱
以前の下駄箱です。
家族が増えることもあり、収納力の高い玄関収納に取り替えをされたいとのご要望でした。

トールキャビネットにより収納力アップ
広い玄関なので大きめの玄関収納が設置できました。
壁面部分には、床から天井付近までのトールキャビネットを採用し、収納力が大幅にアップしました。

以前の下駄箱
以前の下駄箱です。
築年数にともない古くなってきたので、新しい収納力の高い玄関収納に取り替えをされたいとのご要望でした。

床や建具と合わせてオーク色でモダンに
玄関収納ですが、床や建具と合わせてパナソニックのベリティス ・ オーク色でモダンに仕上がりました。
パナソニックのメーカーの場合、8色の色柄から選択できて、建具や床材と玄関収納の色柄を合わせるトータルコーディネートも可能です。

玄関収納の扉に姿見の鏡を設置
玄関タイルの土間と床の境目の上がり框部分の収納扉には、姿見の鏡を設けました。
玄関収納コンポリアは、様々な機能をオプションで追加する事ができて、姿見鏡、コート掛け、傘立て、スリッパ収納などがあります。

トイレの手洗いにパナソニックのアラウーノカウンターを採用しました。 | 宝塚市のトイレリフォーム


宝塚市のトイレリフォームで、トイレの手洗いにパナソニックのアラウーノカウンターを採用しました。

パナソニックのアラウーノカウンターは、パナソニック独自の 「 有機ガラス系新素材 」 を手洗いカウンターに採用した商品で、「 有機ガラス系新素材 」 は便器のアラウーノにも採用されている素材です。

陶器は、親水性の陶器表面に汚れが残り水アカとして固着したり、凸凹 ( おうとつ ) の表面に汚れが入り込み雑菌が繁殖して、ぬめりや黒ずみが発生しやすい弱点があります。

「 有機ガラス系新素材 」 は、はっ水性の素材で水滴ごとにはじくので、水アカが表面に固着しにくい仕組みで、汚れがたまりにくく常に清潔に保てます。

水族館の水槽や航空機の窓にも使用される軽く強い素材で、細かい傷もつきにくい特長があります。

アラウーノカウンターは、この有機ガラス系新素材の特徴以外にも、キャビネットの収納力が多くペーパーホルダーやリモコンを設置できるので、トイレの空間がすっきりします。

キャビネット部分は、床に据え置きストック用としても多く収納できるベースキャビネットタイプと、床から浮かせてインテリアとしても美しく演出できるフロートキャビネットタイプがあります。

カウンター部分は、カウンター全面が有機ガラス系新素材でスタンダードな一体型カウンタータイプと、アラウーノのイメージに合わせたモダンなデザインのベッセルボールタイプがあります。

アラウーノカウンターは、カウンターやキャビネットのデザインも自由に選べて、個々のライフスタイルに合わせて、落ち着いて気品のある優美で素敵なトイレ空間を演出できます。

アラウーノとアラウーノカウンター
パナソニックのアラウーノ本体と、フロートキャビネットでベッセルボールタイプのアラウーノカウンターです。
このインテリアとしてもエレガントなアラウーノカウンターに、水栓金具、洗面ボール、紙巻器、リモコン、収納などがすべて装備されています。

洗面化粧台のキャビネット内に、小型電気温水器を設置しました。 | 宝塚市のサニタリーリフォーム


宝塚市のサニタリーリフォームで、洗面化粧台のキャビネット内に、小型電気温水器を設置しました。

洗面化粧台の収納部分に、パナソニック製の12リットルまで対応できる先止め式小型電気温水器を設置しました。

小型電気温水器は、洗面化粧台やコンパクトキッチンの下の収納スペースに、設置して使用する小型の電気式の温水器で、給湯配管がなくても、ある程度のお湯をすぐに使う事ができるので大変便利です。

戸建て住宅の2階のトイレや洗面化粧台など、ガス給湯器や電気温水器から離れている場所では、お湯を使うさいに水からお湯になるまでに時間がかかり、とくに寒い時期はその時間が長くなります。

また、戸建て住宅の2階のトイレや洗面化粧台には、建築時に給湯管を配管していないケースもあり、後でお湯を使うため給湯管を配管するとなると、大掛かりな工事も必要になります。

今回のように洗面化粧台の下に、小型電気温水器を設置することによって、給湯器から離れている場所でも、待ち時間なしでお湯をすぐに使うことができて、あらたに給湯管の配管工事をする必要もありません。

また、お湯に変わる前の水、いわゆる 「 捨て水 」 を減らす事ができるので節水にもつながります。

家庭でよく使われる小型電気温水器の場合、お湯を一度に貯めて使える量は、12リットルで限られているので、お湯を常時使う場所や大人数で使う場所には不向きです。

お湯をすべて使い切ってしまうと、途中から水に変わってしまうので注意が必要ですが、あくまでメインではなくサブ的な用途には重宝されます。

先止め式小型電気温水器の設置
パナソニック製の12リットルまで対応できる先止め式小型電気温水器を設置しました。
小型電気温水器は、洗面化粧台などの収納スペースに設置する小型の電気式の温水器で、給湯配管がなくても、ある程度のお湯をすぐに使う事ができるので大変便利です。

壁の腰部分にモールドをアレンジして、クロスを上下で貼り分けました。 | 宝塚市のトイレリフォーム


宝塚市のトイレリフォームで、壁の腰部分にモールドをアレンジして、クロスを上下で貼り分けました。

トイレの壁の腰部分に、サンゲツ製のモールドをアレンジして、クロスを上下で貼り分けることにより、お洒落なトイレ空間ができました。

モールドとは、モールディングとも呼ばれ、洋風の建物の外壁、洋室の内壁、天井に施した帯状の装飾された化粧材のことです。

内装の場合、建具枠と壁の取り合いの額縁、窓と壁の取り合いの窓枠、床と壁の取り合いの幅木、天井と壁の取り合いの廻縁、壁と壁の取り合いの笠木などが、一般的な装飾材になります。

今回のこのサンゲツ製のモールド ( モールディング ) は、廻り縁用と笠木 ・ 額縁用など、装飾された様々な形状のものがあり、ポリウレタン素材の超軽量素材で作業性に優れ、上質な空間を演出できて、お求めやすい価格というのが特徴です。

また、モールド ( モールディング ) は、木製や樹脂製、石膏で固めたものなど種類も豊富で、いろいろな形状や材質のものが販売されています。

今回は、サンゲツ製のモールド ( モールディング ) を腰部分に使い、色や柄の異なるクロスを上下で貼り分けることにより、高級感を演出する事ができました。

腰部分に使うモールドと似たような部材で、ボーダーがアクセントになり、お洒落なお部屋を演出できるサンゲツのトリムインデックスという商品もあります。

以前のトイレ
以前のトイレです。
全面的なリフォームにともない、トイレの便器を取り替え内装も新しくされたいとのご要望でした。

腰部分にモールドをアレンジ
トイレは、パナソニックのアラウーノ Vで、タンクレストイレですが、手洗いが付いているので便利です。
腰部分にモールドをアレンジし、クロスを上下で貼り分けることにより、お洒落なトイレ空間ができました。

上質な空間を演出
このサンゲツ製のモールドは、廻り縁用と笠木 ・ 額縁用など、装飾された様々な形状のものがあります。
ポリウレタン素材の超軽量素材で、軽量なので作業性に優れ、上質な空間を演出する事ができます。