西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス

リフォームトピックス

2階のベランダ部分にリクシル製のテラス屋根を設置しました。 | 西宮市のエクステリアリフォーム


西宮市のエクステリアリフォームで、2階のベランダ部分にリクシル製のテラス屋根を設置しました。

リクシル製のテラス屋根は、夏の強い陽射しを防ぎ、冬の陽射しは取り入れ、雨や雪、激しい風が室内に入らないようにすることができ、素材は軽量で強度をもつアルミと、先進の屋根材ポリカーボネートで、耐久性、耐侯性に優れています。

木造住宅や軽量鉄骨、RC住宅など、あらゆるタイプの住宅に設置することができて、2階のバルコニーはもちろん、1階の1.3倍の風圧がかかる3階にも無理なく設置できる耐風圧性能を実証しています。

デザイン性も高くシンプルなデザインなので、意匠性に優れた住まいにも、イメージを崩すことなくフィットします。

屋根部分は、雨水が内側に入らないように工夫された排水構造になり、かりに雨水がパネルの隙間から侵入しても外へ排水する仕組みになっています。

様々なオプション部材も用意され、洗濯物を干すのに便利な吊り下げ物干し、燐家との境界線などに設置する前面スクリーン、テラスサイドに設置する側面スクリーン、側面ランマパネルなどがあります。

屋根材は、機能性 ・ デザイン性に優れた3タイプの材質、5種類のカラーバリエーションから選べて、有害な紫外線に関しては、すべてのタイプでほぼ100%カットします。

材質は、一般的な 「 ポリカーボネート 」 や、熱線を吸収して下部に熱を通さない機能性に優れた 「 熱線吸収ポリカーボネート 」 、真夏の太陽光線下での温度の上昇をおさえ自然の力で汚れを落とす 「 熱線吸収アクアポリカーボネート 」 の3タイプがあります。

今回は、ベランダが凹凸 ( おうとつ ) のある異型な構造でしたが、テラス屋根を綺麗におさめる事ができました。

テラス屋根の設置
リクシル製のテラス屋根は、夏の強い陽射しを防ぎ、冬の陽射しは取り入れ、雨や雪、激しい風が室内に入らないようにすることができ、素材は軽量で強度をもつアルミと、先進の屋根材ポリカーボネートで、耐久性、耐侯性に優れています。

乾式工法で軽量化された洋瓦の葺き替えを行いました。 | 西宮市の屋根のリフォーム


西宮市の屋根のリフォームで、乾式工法で軽量化された洋瓦の葺き替えを行いました。

屋根は、メンテナンスやリフォームでも、おろそかで手入れのしにくい箇所になり、直接目にする機会が少ないため、どうしても後回しになりがちですが、住まいの寿命を大きく左右する部分です。

日々の雨風に直接さらされる部分であることに加え、台風や地震の多い日本では、屋根をしっかりとメンテナンスすることが、住まいの寿命を延ばすことにつながります。

今回は、既存の屋根瓦をすべて撤去して、既存の野地板の上から新しい構造用合板と防水シート ( ゴムアスファルトルーフィング ) を上貼りして、新しい屋根材に葺き替えました。

屋根瓦は、「 鶴屋製のスーパートライ 110 ( イチイチマル ) タイプⅠ 」 のアンティックブラウン色を選定しました。

伝統の風格と気品を再現した華やかな屋根瓦で、スタンダードな形状なので、どんな屋根にもマッチし住まいに格調高さと高級感を演出します。

土を使わない空 ( から ) 葺きで桟木に釘でとめる固定方法なので、屋根の軽量化がはかれます。

また、棟部分にフリーエアーロールという部材を使い乾式工法で施工することで、南蛮漆喰やモルタルを使わないで棟瓦の固定ができるので、棟部の軽量化になり耐震性、耐久性、メンテナンス性もアップすることができます。

カラーバリエーションも豊富で、洋風 ・ 和風を問わず、建物のイメージぴったりに屋根を彩ります。

粘土瓦でトップクラスのシェアを誇る 「 鶴屋製のスーパートライ 110 ( イチイチマル ) シリーズ 」 は、耐風性能、耐震性能、耐久性能、防水性能、施工性能の5大性能を実現した安心の瓦です。

屋根瓦の葺き替え
「 鶴屋製のスーパートライ 110 ( イチイチマル ) シリーズ 」 は、耐風性能、耐震性能、耐久性能、防水性能、施工性能の5大性能を実現し、伝統の風格と気品を再現した華やかな屋根瓦で、スタンダードな形状なので、どんな屋根にもマッチし住まいに格調高さと高級感を演出します。

和室から洋室に間取りの変更を行いました。 | 西宮市の間取り変更リフォーム


西宮市の間取り変更リフォームで、和室から洋室に間取りの変更を行いました。

全面的なリフォームにともない、和室を洋室に変更して縁側をなくし部屋を拡げて、床の間、仏間、押し入れを部屋の端から端までのクローゼットに変更しました。

一般的に畳の部屋のことを和室といいますが、日本の伝統的な形式に則って作られた和室には、次のような特徴があります。

床の間 ( とこのま ) は、和室に見られる座敷飾りの一つで、客間の一角に造られ、床柱、床框、落とし掛け、書院などで構成されて、掛け軸や活けた花などを飾る場所です。

仏間 ( ぶつま ) は、おもに和室に設けられ、仏像や位牌 ( いはい ) を安置する場所で、扉を開いた状態でスライドさせて格納できる軸回しの襖戸が設置されます。

押し入れは、寝具などを収納するための場所で、通常は間口180センチで奥行き90センチの畳1畳分、もしくは間口90センチで奥行き90センチの畳半畳分のものが多く、内部は物品を収納しやすいように中段と枕棚もしくは天袋で、2段組みになっていることが一般的です。

縁側 ( えんがわ ) は、日本の和風家屋の独特の構造で、家の建物の縁 ( へり ) 部分に張り出して設けられた板敷き状の通路で、庭の外部から直接屋内に上がる部分になり、幅の広い縁側を広縁 ( ひろえん ) といいます。

濡縁 ( ぬれえん ) は、雨戸の外に張り出した縁側のことで、縁側に接して家の外部に設けられるので雨風にさらされる部分になり、濡縁の木材は、水による腐食や風化に比較的強いものである必要があります。

伝統的な和室ですが、近年は和室よりも洋室が好まれる傾向にあり、戸建住宅やマンションで和室を設ける場合でも、1室をレイアウトする程度になり、とくに若い世代の方は、洋室、洋式、洋風を好まれる傾向にあります。

以前の和室
全面的なリフォームにともない、和室を洋室に変更して縁側をなくし部屋を拡げて、部屋の端から端までのクローゼットを設置されたいとのご要望でした。

明るい雰囲気の洋室へ
今回のリフォームで、和室を洋室に変更して縁側をなくし部屋を拡げて、床の間、仏間、押し入れを部屋の端から端までのクローゼットにして、明るい雰囲気の洋室にレイアウトを変更する事ができました。

二部屋を一部屋にして明るい雰囲気のお部屋に変更しました。 | 西宮市の間取り変更リフォーム


西宮市の間取り変更リフォームで、二部屋を一部屋にして明るい雰囲気のお部屋に変更しました。

全面的なリフォームにともない、ダイニングキッチンとリビングの間仕切り壁や建具を取りのぞき、二部屋を一部屋にまとめ、広々としたリビングダイニングキッチンに間取り変更をされたいとのご要望でした。

最近は、このようなご要望が多く、狭く間仕切られた部屋をなくして、リビングダイニングキッチンなどの広くて開放感のある部屋に、レイアウトを変更するリフォームが多くなっています。

今回、昔ながらの暖炉風に装飾されたマントルピースも撤去して、二部屋を一部屋にまとめ、明るい雰囲気の広々したリビングダイニングキッチンに変更しました。

マントルピースとは、一昔前に流行ったもので、暖炉の焚き口の周辺部分の前飾りや飾り枠などを示し、洋室に設置する和室の 「 床の間 」 のような存在、空間です。

昔ながらの住宅で、実際に薪や焚き木で火を焚くことができない住宅でも、装飾や雰囲気作り、写真のディスプレイなどとしての意味合いで、設置されることが多くありました。

最近の主流としては、新たに設置することは少なく、部屋を広く活用したいとの要望から撤去して、壁や床の補修工事を行うことになります。

昔ながらの暖炉風に装飾されたマントルピースですが、撤去することでお部屋をすっきり広々使うことができて、新たにお洒落な家具などを設置すれば、お部屋の印象も大きく変わります。

以前のダイニングキッチンとリビング
全面的なリフォームにともない、ダイニングキッチンとリビングの間仕切り壁や建具を取りのぞき、二部屋を一部屋にまとめ、広々としたリビングダイニングキッチンに間取り変更をされたいとのご要望でした。

広々したリビングダイニングキッチン
今回のリフォームで、間仕切られた部屋をなくして、二部屋を一部屋にまとめ、明るい雰囲気の広々したリビングダイニングキッチンにレイアウトを変更する事ができました。

上り下りのしやすい階段への架け替え工事を行いました。 | 西宮市の階段のリフォーム


西宮市の階段のリフォームで、上り下りのしやすい階段への架け替え工事を行いました。

全面的なリフォームにともない、上り下りのしやすいゆったりとした使いやすい階段に架け替えました。

階段の種類は、昇降方法で分けると 「 直階段 」 「 折り返し階段 」 「 かね折れ階段 」 「 廻り階段 」 「 螺旋 ( らせん ) 階段 」 などに分類することができます。

「 直階段 」 は、上階から下階まで一直線に結ばれている階段で、まっすぐに上り下りするシンプルな構造で、階段を設置する面積が他の階段に比べて少なくてすむのが特徴です。

「 折り返し階段 」 は、中間に踊り場が設けられ折り返すタイプで、安全性が高く空間的にもゆとりが生まれますが、ある程度の設置する面積が必要です。

「 かね折れ階段 」 は、途中の踊り場で直角に曲がるタイプで、限られた空間の中で階段を架けるときに効果的です。

「 廻り階段 」 は、踊り場はなく2段もしくは3段で曲がったり折り返したりするタイプで、自由度が高く設置する面積が少なくてすみ一般住宅に多いタイプです。

「 螺旋 ( らせん ) 階段 」 は、螺旋 ( らせん ) 状に曲がったデザインが特徴の階段で、限られた面積でも設置することができますが、意匠的な観点から設置することが多くなります。

今回は、「 廻り階段 」 の設置にともない、廻り部分を3段廻りにすると転んださいに下まで滑り落ちる可能性が高く、家庭内事故につながりやすいため、スペースに余裕があったので、安全な2段廻り+2段廻りにして安全面に配慮しました。

以前の階段
戸建住宅を購入して、間取り変更の全面的なリフォームをするにあたり、上り下りのしやすいゆったりとした階段にされたいとのご要望でした。

使いやすい階段へ架け替え
全面的な間取り変更のリフォームにともない、上り下りのしやすいゆったりとした使いやすい階段へ架け替える事ができました。

昇り降りのしやすい階段へ
1階の直階段8段+廻り階段4段 ( 2段廻り+2段廻り )+2階の直階段1段の14段上がりきりの階段で、上り下りのしやすいゆったりとした階段になりました。

安全な2段廻り+2段廻り
建物の構造上、階段に廻り部分ができますが、廻り部分を3段廻りにすると転んださいに下まで滑り落ちる可能性が高く、家庭内事故につながりやすいため、安全な2段廻り+2段廻りにして安全面に配慮しました。