西宮市の(株)西宮リフォームでは、西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市、尼崎市の地域に密着し、お客様第一に快適な理想の住まい作りを提案いたします。フリーダイヤル0120-2438-46まで、お気軽にお問い合わせください。
  • トップページ
  • 施工事例
  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 工事の流れ
HOMEリフォームトピックス

リフォームトピックス

タイル貼りの在来式浴室の改装工事を行いました。 | 西宮市の浴室リフォーム


西宮市の浴室リフォームで、タイル貼りの在来式浴室の改装工事を行いました。

システムバスにすると少し狭くなってしまうため、在来浴室のままでリフォームをされたいとのご要望でした。

今回、窓のアルミサッシの位置の変更、出入口のドアの取り替え、浴槽の据え替え、排水ユニットの設置、壁と床のタイルの貼り替え、天井のバスリブの貼り替え、水栓金具、スライドシャワーバー、防錆鏡、給湯器リモコンの器具類の交換を行いました。

窓のアルミサッシは、横に広く大きかった窓から、シンプルで小さな上げ下げ窓を採用して浴槽側に移設しました。

浴槽は、バスルームを美しく彩り光沢があるビニルエステル系人工大理石のTOTOのネオマーブバスを採用して、浴槽の幅が広くなったので、以前よりゆったりと入浴できるようになりました。

壁のタイルと床のタイルは、同じ柄でも性質が違う二種類を貼り分け、壁のタイルは表面が滑らかでツルッとした素材で、水アカが付きにくい掃除がしやすいタイルで、床のタイルは表面がマットな感じで少しザラザラした素材で、濡れていても滑りにくい安全なタイルです。

既設の窓は、洗い場の正面にあり鏡やスライドシャワーバーが設置できなかったので、シンプルな上げ下げ窓を採用して浴槽側に移設することで、鏡とスライドシャワーバーを設置できました。

このTOTO製の高機能タイプのスライドシャワーバーは、スライドバーの本体ごと左右に首をふり回転するので、シャワーの使い勝手が格段に向上します。

全体的に白色とシルバー色で統一して、見栄えよく綺麗に仕上がりました。

以前の浴室
以前の浴室です。
システムバスにすると少し狭くなってしまうため、在来浴室のままでリフォームをされたいとのご要望でした。

リフォーム後の浴室
在来式浴室のリフォームで、窓のアルミサッシの位置の変更、出入口のドアの取り替え、浴槽の据え替え、排水ユニットの設置、壁と床のタイルの貼り替え、天井のバスリブの貼り替え、水栓金具、スライドシャワーバー、防錆鏡、給湯器リモコンの器具類の交換を行いました。

壁付け I 型キッチンから、ペニンシュラ I 型対面キッチンに取り替えました。 | 西宮市のキッチンリフォーム


西宮市のキッチンリフォームで、壁付け I 型キッチンから、ペニンシュラ I 型対面キッチンに取り替えました。

ペニンシュラとは、 「 半島 」 という意味で、オープンキッチンもしくはセミオープンキッチンに用いられ、キッチンの左右のどちらかが壁に接して、その壁から半島 ( ペニンシュラ ) 状に突き出させる形の対面キッチンのことです。

「 壁付け I 型キッチン 」 よりもカウンターの奥行きが広くフルフラットの形状で、ダイニングと対面させるレイアウトになり、ダイニング側にも収納を設ける事ができます。

また、テーブルカウンター仕様にして椅子を用意すれば、バーカウンターのように使うこともできて、カウンターの上で軽食をとったり、家事をしながら軽いデスクワーク作業もできます。

アイランド型 ・ ペニンシュラ型は、壁付け I 型キッチンに比べて価格が高くなるので、低予算で対面型キッチンを実現したい場合には、カウンターまでの高さの 「 造作壁 」 を作り、この壁に I 型キッチンを設置して 「 対面キッチン 」 という方法もあります。

ペニンシュラ型のメリットは、オープンなのでキッチンが広く感じられ、キッチンで調理をしながら、ダイニングやリビングを見渡せて会話をする事もできるので、暖かい家族団らんの雰囲気を感じられたり、小さなお子様がいるご家庭でも安心して調理ができます。

奥行きが97センチもあるキッチンカウンターは配膳にも便利で、吊り戸棚が無いため一体的な開放的が得られ、キッチンスペースにも窓から光が入ってくるため明るい雰囲気になりました。

以前のキッチン
以前のキッチンです。
壁付け I 型キッチンから、開放感のある対面キッチンに変更されたいとのご要望でした。

ペニンシュラ I 型対面キッチンへ
従来の壁付け I 型キッチンから、 ペニンシュラ I 型対面キッチンに変更しました。
白色を基調にしたホワイトテイスト感に、清潔感を感じます。

使い勝手の良いオープンキッチン
キッチン本体は、幅が273センチ、奥行きが97センチあり、使い勝手の良いキッチンになりました。
背面のカップボードも、幅が273センチ、奥行きが45センチあるので、かなりの収納ができます。

キッチンとカップボードの間に床暖房の設置
キッチン本体とカップボードの間の幅85センチの床部分にも、床暖房が設置されています。
床暖房の設置により、冬でも足元が暖かく快適にキッチンでの作業ができます。

便器の取り替えにともない、パナソニックのアラウーノSを採用しました。 | 芦屋市のトイレリフォーム


芦屋市のトイレリフォームで、便器の取り替えにともない、パナソニックのアラウーノSを採用しました。

このアラウーノSは、パナソニックが自信をもって開発した便器で、「 全自動おそうじトイレ 」 と呼ばれています。

いろいろな水まわり商品に、ユニークなネーミングをして好評を得ているパナソニックですが、このアラウーノの名前の由来は、日本語の 「 洗う 」 と、スペイン語やイタリア語の 「 1番 」 を意味する 「 ウーノ 」 を重ねた造語で、 「 アラウーノ 」 イコール 「 洗う1番 」 ということです。

その 「 洗う 」 に関しては、 「 激落ちバブル 」 「 有機ガラス系新素材 」 「 スパイラル水流 」 など、お掃除をしなくても自動で綺麗にしてくれる機能が満載で、代表的な 「 激落ちバブル 」 機能ですが、水を流すたびに2種類の洗浄の泡が便器内の汚れを洗い流します。

「 激落ちバブル 」 の特徴は、はじめに直径5ミリのミリバブルで大きな汚れを強力に除去し、次に直径60マイクロメートル ( 0.06ミリ ) の微細なマイクロバブルで小さな汚れを除去します。

激落ちバブルの洗剤の補充も簡単に行うことができて、便器本体右側にある洗剤ポケットのカバーを開けると洗剤の注入口があり、洗剤を注入してリモコンの洗剤開始ボタンを押すだけで補充完了です。

洗剤残量確認も楽にできて、専用洗剤などは不要で市販の台所用合成洗剤 ( 中性 ) が使用でき、洗剤の補充のタイミングは、4人家族の場合で約3ヶ月に1回ほど、年間で4回程度で済むので手間も費用も気になりません。

アラウーノの場合、普通に水を流すだけのトイレと比べて洗浄能力が高いので、掃除の手間が省けトイレがいつも綺麗で快適に過ごせます。

以前のトイレ
以前のトイレです。
トイレの入口を側面から正面に変更して、節水型のタンクレストイレに取り替えをされたいとのご要望でした。

アラウーノSと専用手洗ユニットの設置
パナソニックのアラウーノSと、小物を収納できるキャビネットタイプのアラウーノ専用手洗ユニットです。
全自動おそうじトイレで、便器右側の洗剤ポケットに市販の台所用合成洗剤を補充し、水を流すたびに泡のパワーでしっかり洗い流し、トイレが綺麗で快適に過ごせます。

全自動おそうじトイレのアラウーノ
リフォーム用のアラウーノ専用手洗ユニットは、リフォーム対応品なので、止水栓から分岐することで給水を取り、排水はアラウーノの便器本体へ接続するため、床をはがしたり壁に穴をあけるなどの大掛かりな配管工事は不要になります。

洗面化粧台を設置して、本体キャビネットに加え、サイドキャビネットとアッパーキャビネットを設置しました。 | 芦屋市のサニタリーリフォーム


芦屋市のサニタリーリフォームで、洗面ドレッシング ( 化粧台 ) を設置して、本体キャビネットに加え、サイドキャビネットとアッパーキャビネットを設置しました。

洗面ドレッシング ( 化粧台 ) 横の幅15センチのサイドキャビネットですが、洗面化粧台のカウンター部分からミラー部分までの収納は、横から使うオープン収納になっているので、使用頻度の高い化粧品、整髪料、歯ブラシ、ヒゲそり、ドライヤーなど普段よく使うアイテムを置くと便利です。

このサイドキャビネットは、下の段は引き出し、中の段はオープン収納、上の段は開き扉になり、幅15センチながらある程度の収納量があり、パナソニックの場合、幅15センチと幅25センチ、幅30センチ、幅45センチの4種類の規格品があります。

また、洗濯機の上の余ったスペースを有効に活用して、アッパーキャビネット ( 天袋 ・ 吊り戸棚 ) を設置しました。

通常、洗濯機スペースの上部は、無駄なスペースになることが多く、後付けのランドリーラックを置く事もできますが、収納力が少なく収納したものを扉で隠す事ができません。

アッパーキャビネットは、開き扉でタオルなどを収納するのに向いていて、アッパーキャビネットの下に、スライドハンガーバー付きのランドリーラックを取り付ける事もできます。

洗面ドレッシング ( 化粧台 ) の本体キャビネット ・ サイドキャビネット ・ アッパーキャビネットの3種類をコの字に設置することによって、無駄なスペースが無くなり収納量が向上しました。

以前の洗面所
以前の洗面所です。
20年という築年数にともない、新しい洗面ドレッシング ( 化粧台 ) に取り替えをされたいとのご要望でした。

パナソニックのシーライン
洗面ドレッシング ( 化粧台 ) は、パナソニックのシーラインです。
幅75センチの本体キャビネット、幅15センチのサイドキャビネット、幅150センチのアッパーキャビネットをバランスよく設置しました。

無駄なスペースを無くして収納量アップ
洗面ドレッシング ( 化粧台 ) の本体キャビネット ・ サイドキャビネット ・ アッパーキャビネットの3種類をコの字に設置することによって、無駄なスペースが無くなり収納量が向上しました。

パナソニックのオフローラのフラットラインLED照明を採用しました。 | 芦屋市の浴室リフォーム


芦屋市の浴室リフォームで、パナソニックのオフローラのフラットラインLED照明を採用しました。

パナソニックのフラットラインLED照明は、パナソニックの 「 ココチーノ 」 ・ 「 オフローラ 」 ・ 「 リフォムス 」 のシステムバスに選択可能で、天井にフラットに収まったライン状の長寿命のLED照明です。

天井部分に壁の端から端まで埋め込まれているので、浴室全体に最適な配光を実現して、照度も確保し足元までしっかり照らし、壁付けの照明器具が無いので、お掃除も楽になります。

フラットラインLED照明は、バスルームでの過ごしやすさを考えた、2種類の明かりを湯船に浸かりながら、切り替える事が出来ます。

「 すっきり 」 は、色温度4000K ( ケルビン ) の白色 ( 昼白色 ) の明かりで、お肌のお手入れや、朝のシャワーで爽快に目覚めたい時の明かりとして適していて、洗顔やシェービングなどには、お肌の色が自然に見え、手元の明るさもしっかり保つ白色の光が向いています。

「 くつろぎ 」 は、色温度2700K ( ケルビン ) のオレンジ色 ( 電球色 ) の明かりで、就寝する前や、お湯にゆっくり浸かりたい時の明かりとして適していて、空間をやわらかに照らすオレンジ色の明かりが、リラックス効果を生みだして、睡眠前の入浴や長時間の半身浴などを行うのに向いています。

「 すっきりした白色の昼白色の明かり 」 と 「 くつろぎ感のあるオレンジ色の電球色の明かり 」 を切り替えることで、シーンや気分にあわせて、バスタイムを楽しむ事ができます。

以前の浴室
以前の浴室です。
20年という築年数にともない、新しいシステムバスに取り替えをされたいとのご要望でした。

フラットラインLED照明の設置
システムバスは、パナソニックのオフローラです。
フラットラインLED照明は、バスルームでの過ごしやすさを考えた、2種類の明かりを湯船に浸かりながら、切り替える事が出来ます。

すっきりの明かりと、くつろぎの明かり
フラットラインLED照明の 「 すっきり 」 の白色 ( 昼白色 ) の明かりを、点灯させたところです。
このフラットラインLED照明は、「 白色の昼白色の明かり 」 と 「 オレンジ色の電球色の明かり 」 を切り替えることで、シーンや気分にあわせて、バスタイムを楽しむ事ができます。